イカリソウ

<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2015年実生初花5 「あずき」

2015.04.20 Monday | 実生イカリソウ

150420i.jpg
紅湯島を♀親に持つ、実生です。♂親はわかりません。
バイカ型の小さい花ですがかなり濃い紫色のぼかし染めに咲き始めて、咲き進んでも色あせません。軸が赤く、花とのバランスがよいものです。
 
150420k.jpg
 
我が家での仮銘として「あずき」と呼ぶことにしました。
author : つぶら | comments (0) | trackbacks (0)

2015年実生初花4 「春月」

2015.04.20 Monday | 実生イカリソウ

150420g.jpg
黒船(アクミナトゥム)を♀親に、九老洞を♂親に持つ交配実生です。
オフホワイトの内がく片、舷部が先端の鮮黄色から淡いみかん色にグラデーションする優しい花容で、花は少し大きめです。

150420h.jpg
内がく片のようす。

我が家での仮銘として「春月」と呼ぶことにしました。
author : つぶら | comments (0) | trackbacks (0)

2015年実生初花3 「佐保姫」

2015.04.20 Monday | 実生イカリソウ

150420d.jpg
交配親のわからない実生です。
小ぶりで距が短めの花、舷部は先端部にかけて白く抜ける薄桃色、内がく片には薄紅色の縞が入ります。

150420e.jpg
内がく片のようす。

150420f.jpg
初花ですが花つきがよいようです。

我が家での仮銘として「佐保姫」と呼ぶことにしました。
author : つぶら | comments (0) | trackbacks (0)

2015年実生初花2 「優月」

2015.04.20 Monday | 実生イカリソウ

150420b.jpg
「虹」」を♀親に、ラティセパルムを♂親に持つ交配実生です。
ラティセパルムの大ぶりな花の形質は継ぎませんでしたが「虹」よりは少し大きめの花、距が細く長く優美で、舷部はごく薄い黄色を帯び、内がく片に「虹」譲りの絞りが入ります。
多花性のようです。

我が家での仮銘として「優月」と呼ぶことにしました。
author : つぶら | comments (1) | trackbacks (0)

2015年実生初花1 「弁天」

2015.04.20 Monday | 実生イカリソウ

150420.jpg
「あかね」を♀親に、「紫晃」を♂親に持つ交配実生です。

花は大きく、内がく片は咲き進んでも色あせない鮮やかな紅色、舷部は鮮黄色に紅がかすり模様のように入ります。
初花ですが株の生育がよく、花立ちもいいようです。

150420a.jpg

我が家での仮銘で「弁天」と呼ぶことにしました。
author : つぶら | comments (0) | trackbacks (0)

「ストームクラウド」

2014.05.29 Thursday | イカリソウの交雑種

140528g.jpg
「ストームクラウド」 Epimedium x omeiense 'Stormcloud' です。

「ストームクラウド」は、「あかね」と同じく、エピメディウム・アクミナトゥム E.acuminatum とエピメディウム・ファンギィ E.fangii の交雑種で、William Stearnにより峨眉山で採取されたものを、Blackthorn NurserのRobin Whiteが紹介したということです。

140528f.jpg
濃い赤茶色にくすんだ黄色のグラデーションのある花色は他のイカリソウにない渋い味わいです。

140528h.jpg
丈夫で花つきがよいようです。やはり花茎は重さで下垂ぎみになります。

140528e.jpg
内がく片が短くこぶのようになるのが特徴的です。

140528i.jpg
葉は「あかね」に似て、成長した葉はつやがありかたくしまったものになります。
author : つぶら | comments (0) | trackbacks (0)

「黒影」

2014.05.28 Wednesday | 外国産イカリソウの原種と品種

140528.jpg
「黒影」です。

エピメディウム・ミキノリ Epimedium mikinoriiではないか?とも言われているようなのですがよくわかりません。
中国原産は確かなようです。

140528a.jpg
花のサイズは日本のイカリソウくらいですが内がく片が幅広くふくよかです。
白い内がく片に、暗紫色の花弁の対比が美しい花です。

140528b.jpg
花が多く着くために茎は斜上せず重く垂れがちです。

140528c.jpg
内がく片を後ろから見たもの。

140528d.jpg
新葉の様子。非常に細かい鋸歯です。
author : つぶら | comments (0) | trackbacks (0)

ウーシャネンセ ’キャラメル’

2014.05.09 Friday | 外国産イカリソウの原種と品種

140505d.jpg
エピメディウム・ウーシャネンセ 'キャラメル' Epimedium wushanense 'Caramel'
です。
大変遅咲きで我が家では「光琳」よりも遅く咲きます。
常緑葉で、新葉のころは赤褐色の斑が入ります。葉が固まるとかたい葉質で、大きめで細長く鋸歯の荒い独特の様子です。

140505e.jpg
花は、距が細長く舷部が浅い形状をしています。花色は薄黄色で、舷部の先端にむけてこげ茶のグラデーションになるという、他のイカリソウにない色合いです。
アンバー・クイーン」の交配親です。
author : つぶら | comments (0) | trackbacks (0)

光琳

2014.05.09 Friday | 距が長く落葉するイカリソウ

140505.jpg
イカリソウ「光琳」です。
流通しているイカリソウのうち、もっとも濃い赤の花だろうと思われます。

140505a.jpg
遅咲きの花です。我が家では、楊貴妃の咲き始めよりも少し遅れた時期に咲き始めます。

140505b.jpg

140505c.jpg
内がく辺も濃赤色です。
author : つぶら | comments (0) | trackbacks (0)

ドミノ

2014.03.26 Wednesday | イカリソウの交雑種

130427.jpg
「ドミノ 'Domino'」です。
ドミノは、アメリカマサチューセッツ州のGarden visionというナーセリーにおいて、Darrell Probst氏によって作出された交配イカリソウです。
草丈は鉢植えで20〜30cm、花つきはよいようです。

130427c.jpg
花は日本のイカリソウよりこころもち小ぶりです。
全体にくすんだ白い花弁で、舷部がグラデーションにくすんだ紅色に染まります。


130427e.jpg
花のクローズアップ。

130427f.jpg
内がく辺の様子。

130427d.jpg
新葉には模様が入ります。
葉は2回3出です。
author : つぶら | comments (0) | trackbacks (0)