イカリソウ

<< 疑問その1 | TOP | 「玉すだれ」 >>

疑問その2

2007.04.26 Thursday | 栽培リスト

頭の中が「?」だらけになる原因は、まだある。
中国大陸から輸入された原種やら交雑種のあれこれである。
対するシロウトの我が家の唯一の武器は、「The Genus Epimedium and Other Herbaceous Berberidaceae 」William T. Stearn 著のみ。
ただでさえ英語にはからっきし弱いQ、辞書を片手に取っ組み合いをするもほぼお手上げの状態なのだ。
さて、我が家のダビディは本当にダビディなのか?国○園の処分品から咲いた黄色い花はフランケティでいいのだろうか?謎は謎を呼び疑問は尽きない。

プラ1

プラ2

これも悩みの種。「黄梅」の名でヤフオクで入手した小型のイカリソウ。
おそらくはプラティペタルムと推定するが、実はこの花、大きな特徴がある。それは香り。前にも書いたが、ボロニアや中国春蘭、寒蘭のような良い香りを放つ。しかし文献にはその様な事は書かれておらず、Qの懊悩は永遠に続くのであった。
お願いです。どなたか教えていただけませんか?
author : Q兵衛 | comments (2) | trackbacks (0)

Comment

名無しさん。
コメントを寄せられるときはどうかお名前をお名乗りくださいませ。ネチケットのひとつだと存じます。

教えて差し上げよう、とご親切心で書き込みしていただいたものと存じますが、写真をご覧になっていただければわかるように、これは交配種の「黄梅」ではございません。
ご丁寧に学名をお書き下さった「黄梅」は、当方でも別に栽培しております。
↓のエントリーにあります。
http://iroha.s7.xrea.com/ep/log/eid91.html
つぶら | 2009/04/16 12:05 AM
Epimedium 'Oubai'
( Epimedium membranaceum K.Meyer, 1922 X Epimedium diphillum (C. Morr. et Decne.)

Lodd., 1858 )
イカリソウ交配種‘黄梅’
メンブラナセウムとバイカイカリソウの交配種。
| 2009/04/15 08:55 PM

Comment Form









 

Trackback

Trackback URL :