イカリソウ

<< 「福十字」 | TOP | 2007年の実生 >>

エピメディウム・アルピヌム

2007.04.16 Monday | 外国産イカリソウの原種と品種

アルピヌム
エピメディウム・アルピヌム E.alpinum です。
アルピヌムは南ヨーロッパ原産のイカリソウです。「アルピヌム」の名の通り山地に自生します。

草丈は20〜30センチ。根生葉は1回3出の3小葉ですが、花茎につく葉は2回3出9小葉になります。
地下茎がよく発達します。鉢植えにすると縦横無尽に地下茎の延びた様がわかります。

アルピヌム
↑花のクローズアップ。
地味で1センチ足らずの小さな花です。咲いているのに気がつかないほどです。

アルピヌムは、可愛らしい花容で親しまれよく流通しているルブルムや、イカリソウでは珍しい花色のワルレイエンセの交配親になります。
花の大きさから見ると信じられないほど違う親ですが、花の形を見てみれば確かによく似ています。

アルピヌム
↑茎についた9小葉の様子。
author : つぶら | comments (0) | trackbacks (0)

Comment

Comment Form









 

Trackback

Trackback URL :