イカリソウ

<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

イカリソウのタネまき

2013.05.30 Thursday | 栽培

イカリソウの種子のはじける季節です。
我が家のイカリソウのタネまきの仕方をご紹介します。

1)苗床作り
130530.jpg
必要なもの。
6cmのポリポット
底網
用土大(我が家で作っている混合用土。粒の大きさ8mm前後で日光砂・焼赤玉・ゼオライト・ベラボンの混合)
用土小(粒の大きさ4mm前後で用土大と同じ)
ベラボンSサイズ

130530a.jpg
底網を敷いたポリポットに用土大を1.5cm、小を1.5cmの深さで入れ、ベラボンで用土小の上を覆います(ベラボンを入れるのはタネが沈まないようにするため)。
苗床は必ずしっかり湿らせておきます。最初はベラボンが水をはじくので気をつけて。

この苗床に種子を8個くらいまで蒔くことができます。
種子の採取の数から必要数のポットを用意しておきます。

2)タネの採取

130530b.jpg
こういう風になっているものがベストの種子の採りごろですが、四六時中見張っているわけにはいきませんので、お茶袋や細かいネットなどをかぶせておいてもよいでしょう。
また、朔(に草かんむり)果がはじける前でも、指でつまんで軸から朔果がかんたんに外れる場合はもう採取しても大丈夫です。

3)まき方

130530d.jpg
はじけた朔果を苗床の上に置きます。白い付着物はエライオソーム(種枕)で、これがおいしいらしく、朔果がはじけて種子が飛散するとアリんこたちが持っていってしまいます。

130530c.jpg
はじけていない朔果も苗床の上に置いておけば1〜2日ではじけます。

130530e.jpg
覆土はせずに数日乾燥させないようにおいておきます。

130530f.jpg
しばらくすると緑色だった種子が茶色に変わります。こうなってから覆土します。

130530g.jpg
細かい土をかぶせて乾燥させないように棚下などで来春まで管理します。

3月の初めごろになれば(奈良にて)発芽が始まります。
author : つぶら | comments (1) | trackbacks (0)

実生の発芽

2005.03.18 Friday | 栽培

発芽1
昨年5月に播種したイカリソウが発芽しました。
イカリソウはタネを蒔いて夏と冬を越し、春になってから発芽します。

イカリソウは自家不和合性があり、自家受粉で種子を作ることができません。
親と同じ形質をもつ個体を得ることはできないのですが、両親からひきついだ新しい形質をもつ個体を作ることができます。また、種間雑種も得やすいのでより楽しみが大きいものです。

イカリソウは雪割草とは違い、子葉が出るとすぐに本葉を出します。
複葉のイカリソウも最初の本葉は単葉です。
発芽2
author : つぶら | comments (0) | trackbacks (0)