イカリソウ

<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

「ストームクラウド」

2014.05.29 Thursday | イカリソウの交雑種

140528g.jpg
「ストームクラウド」 Epimedium x omeiense 'Stormcloud' です。

「ストームクラウド」は、「あかね」と同じく、エピメディウム・アクミナトゥム E.acuminatum とエピメディウム・ファンギィ E.fangii の交雑種で、William Stearnにより峨眉山で採取されたものを、Blackthorn NurserのRobin Whiteが紹介したということです。

140528f.jpg
濃い赤茶色にくすんだ黄色のグラデーションのある花色は他のイカリソウにない渋い味わいです。

140528h.jpg
丈夫で花つきがよいようです。やはり花茎は重さで下垂ぎみになります。

140528e.jpg
内がく片が短くこぶのようになるのが特徴的です。

140528i.jpg
葉は「あかね」に似て、成長した葉はつやがありかたくしまったものになります。
author : つぶら | comments (0) | trackbacks (0)

ドミノ

2014.03.26 Wednesday | イカリソウの交雑種

130427.jpg
「ドミノ 'Domino'」です。
ドミノは、アメリカマサチューセッツ州のGarden visionというナーセリーにおいて、Darrell Probst氏によって作出された交配イカリソウです。
草丈は鉢植えで20〜30cm、花つきはよいようです。

130427c.jpg
花は日本のイカリソウよりこころもち小ぶりです。
全体にくすんだ白い花弁で、舷部がグラデーションにくすんだ紅色に染まります。


130427e.jpg
花のクローズアップ。

130427f.jpg
内がく辺の様子。

130427d.jpg
新葉には模様が入ります。
葉は2回3出です。
author : つぶら | comments (0) | trackbacks (0)

ピンク・エルフ

2013.04.27 Saturday | イカリソウの交雑種

130426d.jpg
「ピンク・エルフ 'Pink Elf'」です。
ピンク・エルフは、アンバー・クイーンと同じく、英国のRobin Whiteによって作出された品種で、レプトリズム E. leptorrhizumプベスケンス E. pubescens の交配によるものだそうです。

130426e.jpg
直径1cmほどの小さな花がたくさんついた花茎がいくつもあがり星のように咲く様はプベスケンスから作られた交配種の特徴と言えます。

130426f.jpg
舷部の花色の濃さはプベスケンス譲り、ピンクの花色はレプトリズム譲りです。

130426g.jpg
内がく片の様子。

130426h.jpg
小葉はこぶりで細長く鋸歯があり2回3出になります。
author : つぶら | comments (0) | trackbacks (0)

アンバー・クイーン

2013.04.26 Friday | イカリソウの交雑種

130426.jpg
「アンバー・クイーン 'Amber Queen'」です。
アンバー・クイーンは、英国の育種家Robin Whiteによりエピメディウム・フラバム E.flavum とウーシャネンセ・キャラメル E.wushanense 'Caramel' の交配から作出された品種です。

130426a.jpg
鉢植えの子株だと草丈25cmほどですが充実株や地植えなどではもっと大きくなるようです。
葉は3出で長めの小葉に鋸歯が目立ち、新葉にはきれいな斑模様が目立ちます。

130426b.jpg
ふっくらした舷部と鮮黄色はフラバムから、舷部のオレンジ色のグラデーションはウーシャネンセ・キャラメルから譲り受けているようです。

130426c.jpg
内がく片の様子。
author : つぶら | comments (0) | trackbacks (0)

ベルシコロル「チェリー・タルト」

2011.05.09 Monday | イカリソウの交雑種

110423f.jpg
E. X versicolorの一品種である「チェリー・タルト」'Cherry Tart'です。ベルシコロルは、イカリソウ(E. grandiflorum)とピンナタム(E. pinnatum subsp. colchicum)の交雑種です。

海外のナーセリーでは以前から販売されていて画像を見て常々入手したく思っていましたが、昨年秋輸入販売された業者さんがあったので購入しました。

110423h.jpg
花の直径は2cmほど。幅広い内がく片のピンクと距の赤、舷部の黄色の色対比がとてもかわいらしい花です。

110423g.jpg
↑内がく片の様子。

110425.jpg
今年は花が少なめでしたが株の勢いがいいので「スルフレウム」のように大きな株立ちになってたくさん咲いてくれる事を期待しています。
author : つぶら | comments (0) | trackbacks (0)

イカリソウ「バターカップ」

2007.04.26 Thursday | イカリソウの交雑種

バターカップ
イカリソウ「バターカップ」です。

このイカリソウは、おそらく中国産のイカリソウの交雑種などから欧米で選抜されたものだと思うのですが、文献にも記載がなく、web検索でもヒットしないので、素性は全く分かりません。

バターカップ
↑花のクローズアップ。
花の形はメンブラナケウムなどに似ていますが、「バターカップ」の名の通り花の色は山吹色でメンブラナケウムとは異なります。また、内がく片が赤褐色になるところも全く違います。

バターカップ
新葉の色は鮮やかな赤褐色で特徴的です。
author : つぶら | comments (0) | trackbacks (0)

「黄梅」

2007.04.16 Monday | イカリソウの交雑種

黄梅
イカリソウの交雑種の「黄梅」です。
販売されている、アルペンガーデンやまくささんによると、中国産のイカリソウであるメンブラナケウムと、バイカイカリソウの交配であるということです。

黄梅
丈夫で株立ちがよく、花がよく上がります。
この写真では咲き初めなので分かりにくいですが、2番手3番手と花穂が上がってくるので長期間楽しめるイカリソウです。
多花性はメンブラナケウムから受け継いだものと思われます。

黄梅
花のクローズアップ。薄黄色の花はバイカイカリソウよりほんのわずか大きめで距はありません。
葉は1回3出でバイカイカリソウとは異なり、細長く顕著な鋸歯があります。

黄梅
新葉の様子。顕著な鋸歯がある3小葉です。

黄梅
花穂がたくさんあがってきたところ。
author : つぶら | comments (1) | trackbacks (0)

「かぐや姫」(「群雀」)

2007.04.08 Sunday | イカリソウの交雑種

群雀
イカリソウ「かぐや姫」(「群雀」)です。
販売されている「アルペンガーデンやまくさ」さんによれば、アクミナトゥム(E. acuminatum)系の自然交雑種とのことです。

草丈は30センチほどです。葉は1回3出です。
小輪多花性のイカリソウが片親であるように思えますが、中国産のそれらのイカリソウの花よりも大ぶりな花をつけます。

群雀
↑花のクローズアップ。くすんだ紫の花弁に、葯のうぐいす色が渋い風情の花です。

群雀
↑全体の姿。

群雀
↑葉は長く、左右非対称の形をしています。鋸歯が目立ちます。

「群雀」の名については、日本産イカリソウの古い品種に同名のものがあり、混乱しています。
author : つぶら | comments (0) | trackbacks (0)

中国産交配種

2006.05.22 Monday | イカリソウの交雑種

中国産交配種
中国産と思われる交配イカリソウです。
草丈は20センチほど。
根生葉は1回3出、花茎には3小葉の複葉が2枚つきます。

中国産交配種
花茎には花が10数個つきます。花の直径は2センチほどで大きくはないのですが、花数が多いので見栄えがします。

中国産交配種
花びらは黄色で距が長く、舷部は浅いです。

中国産交配種
内がく片は淡い桃色で花弁とのコントラストが愛らしいものです。
author : つぶら | comments (0) | trackbacks (0)

エピメディウム・ワルレイエンセ

2006.04.15 Saturday | イカリソウの交雑種

ワルレイエンセ
エピメディウム・ワルレイエンセ E.×warleyense です。
エピメディウム・アルピヌム E.alpinum と、エピメディウム・ピンナトゥム・コルキクム E.pinnatum subsp.colchicum の交雑種です。
地下茎は長く伸びます。花茎は30センチくらいの高さになり、根生葉は2回3出の9小葉です。

ワルレイエンセ
ひとつの花茎には10〜30個の花がつきます。花色は赤銅色から橙桃色、黄土色の色幅があります。花の直径は1.5センチほどです。
内ガク片が花弁よりも長いので、花弁のように見える部分が実はガクということになります。
author : つぶら | comments (3) | trackbacks (0)