イカリソウ

<< March 2021 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2019年の実生初花No.18

2019.06.02 Sunday | 実生イカリソウ

190602.jpg
♀親がE. ダヴィディの実生イカリソウです。
花粉親がどうであれ、兄弟株はみな、鮮黄色の花弁と紅色の内がく片を持つ花になるらしいのですが、この株は特に花付きが素晴らしく、何度か返り咲きをするようなので特に残すことにしました。

190602a.jpg
花のクローズアップ。

我が家での仮の名として「黄道光」と呼ぶことにしました。
author : つぶら | - | trackbacks (0)

2019年の実生初花No.17,19,20

2019.06.01 Saturday | 実生イカリソウ

190601.jpg

190601a.jpg
No.17、親不明の実生です。
スズフリタイプのかわいらしい花型です。

190601b.jpg
No.19、♀親がE. プラティペタルムの実生です。
どういうわけだか、見た目はE. フラバムそっくりです。

190601c.jpg
内がく片は黄色です。

190601d.jpg
舷部がペチコートのように広がります。

190601e.jpg
No.20、♀親が「紫晃」の実生です。
色は華やかで、内がく片が立ち上がりかわいらしい花です。
author : つぶら | - | trackbacks (0)

2019年の実生初花No.16

2019.05.09 Thursday | 実生イカリソウ

190509c.jpg
「黒影」が♀親の実生イカリソウです。おそらく♂親はペラルデリアヌムだと思われます。

190509d.jpg
幅の広い内がく片は淡いひよこ色になり、質が薄くなよなよした感じです。距は短く♂親譲りでしょうか。ただ、舷部が少し大きく開く感じになります。
真下を向いて咲くところは少し残念です。


190509e.jpg
内がく片の様子。

我が家での仮の名として「ひなどり」と呼ぶことにしました。
author : つぶら | - | trackbacks (0)

2019年の実生初花No.15

2019.05.09 Thursday | 実生イカリソウ

190509.jpg
♀親がオメイエンセ「ストームクラウド」、♂親が「アンバークイーン」の実生イカリソウです。
この実生イカリソウと兄弟株になります。

190509a.jpg
渋い茶色でありながら透明感のある花に心惹かれます。花型もすっきりのびやかです。

190509b.jpg
内がく片の様子。

我が家での仮の名として「空蝉」と呼ぶことにしました。
author : つぶら | - | trackbacks (0)

2019年の実生初花No.14

2019.04.27 Saturday | 実生イカリソウ

190427g.jpg
「天六花」を♀親の実生イカリソウなのですが・・・
この親にしてどうしてこの子が、と思うくらい、ごくごく小輪の花になっています。
おそらく、花粉親はプラティペタルム系の花だと思われるのですが。

190427h.jpg
花の直径は1僂砲發覆蠅泙擦鵝ごくごく小さいお花です。

190427i.jpg
内がく片の鮮やかなピンクが花弁の鮮黄色に映えて大変にぎやかな色合いです。

草丈も10僂曚匹板磴、小さすぎて観賞価値の高いものではないかもしれませんが、かわいらしいので、我が家での仮の名を「ましこ」と付けました。
author : つぶら | - | trackbacks (0)

2019年の実生初花No.13

2019.04.26 Friday | 実生イカリソウ

190426b.jpg
♀親がオメイエンセ「ストームクラウド」、♂親が「アンバークイン」の実生イカリソウです。
花の時期の新葉が赤いので花色とよく調和しています。

190426c.jpg
花は大き目で舷部がはっきりとしたふくよかな花容です。

190426d.jpg
内がく片にフリルが入り立体的なのはストームクラウド譲りに思われます。

我が家での仮の名として「あかがね」と呼ぶことにしました。
author : つぶら | - | trackbacks (0)

2019年の実生初花No.11,12

2019.04.26 Friday | 実生イカリソウ

190426.jpg
♀親が「天六花」、♂親が不明(おそらく「更紗源平」)の実生イカリソウです。
草丈に対して大き目の花がつきます。

190426a.jpg
♂親がアクミナトゥム(「黒船」名で購入したもの)、♂親がオメイエンセ「あかね」の実生イカリソウです。
花は少な目ですがオレンジ系のグラデーションがきれいです。
author : つぶら | - | trackbacks (0)

2019年の実生初花No.10

2019.04.22 Monday | 実生イカリソウ

190422c.jpg
オメイエンセ「杏子」の銘で入手したイカリソウを♀親に持つ実生イカリソウです。
花穂がすっと立ち上がり、少し小ぶりではありますが花をたくさんつける個体です。

190422d.jpg
大変鮮明で透明感のあるオレンジ色の花弁が魅力的です。

190422e.jpg
内がく片は淡いピンクで基部に濃い色が差します。

190422f.jpg
大変かわいらしい色あいに魅了されます。

我が家での仮の名として「飛天」と呼ぶことにしました。
author : つぶら | - | trackbacks (0)

2019年の実生初花No.9

2019.04.22 Monday | 実生イカリソウ

190422.jpg
♀親がE.アクミナトゥム(「黒船」名で入手したもの)、♂親が「紫晃」の交配実生です。

190422a.jpg
花は大きく、舷部は両親の中間型で形よく、ほのかに先端が黄色みを帯びます。
草丈は現在は20僂曚匹任垢、株が大きくなれば高い花穂を上げるようになると思います。

190422b.jpg
内がく片の様子。

我が家での仮の名として「紫電」と呼ぶことにしました。
author : つぶら | - | trackbacks (0)

2019年の実生初花No.8

2019.04.20 Saturday | 実生イカリソウ

190420d.jpg
♀親が「あかね」、♂親が「紫晃」の交配実生です。

190420.jpg
咲き始めの色は「紫晃」のような黒みを帯びた紫です。

190420b.jpg
咲き進むと色が淡くなります。

190420c.jpg
さらに咲き進むと花色は赤みを帯び、舷部の先端は黄色みを帯びてきます。

花の大きさも形も「紫晃」ゆずりのようです。

仮の名として「大納言」と呼んでいます。
author : つぶら | - | trackbacks (0)