イカリソウ

<< January 2005 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

日本産イカリソウ属の分類の一説(1)

2005.01.31 Monday | 分類

「日本のイカリソウ 起源と種分化」鈴木和雄著 八坂書房より

【日本産イカリソウ属の検索表】

(1)花弁に距がない。
 (2)葉は1-2回2出。小葉は鈍頭。葉縁の鋸歯はほとんどない。葉の上面は無毛。
・・・バイカイカリソウEpimedium difhyllum

 (2)葉は2出し、3出する。小葉は鈍頭。葉の上面に短い立毛がある。
・・・サイコクイカリソウEpimedium difhyllum ssp.kitamuranum

(1)花弁に距がある。
 (2)距は長さ10-15mm。葉は2出し、3出する。小葉は鋭頭。
  (3)葉は常緑でやや革質。海岸近くに生育。
・・・シオミイカリソウEpimedium trifoliatobinatum ssp.maritimum

  (3)葉は多くは夏緑で洋紙質。四国の蛇紋岩地に生育。
・・・ヒメイカリソウEpimedium trifoliatobinatum

 (2)距は長さ15-25mm以上。葉は2-3回3出。小葉は急鋭尖頭。
  (3)葉は常緑で、裏面の毛はあれば屈毛。
   (4)花は基本的に白色。距は多くは長さ18mm以下。福井県以北、新潟県までの日
      本海側に分布。
・・・トキワイカリソウEpimedium sempervirens)

   (4)花は基本的に紅紫色。距は多くは長さ18mm以上。福井県以西、島根県までの
      日本海側に分布。
・・・オオイカリソウEpimedium sempervirens var.rugosum)

  (3)葉は夏緑で、裏面の毛はあれば直立毛。
   (4)花は淡黄色。
・・・キバナイカリソウEpimedium grandiflorum ssp.koreanum

   (4)花は白〜紅紫色。
    (5)花は白色。葉は多くは3回3出以上。小葉は小さい。葉の裏面は無毛のことが
       多い。四国、九州に分布。
・・・ヤチマタイカリソウEpimedium grandiflorum

    (5)花は紅紫色、まれに白色。葉は多くは2回3出。小葉は大きい。葉の裏面は有
       毛のことが多い、近畿地方以東北に分布。
・・・イカリソウEpimedium grandiflorum var.thunbergianum


【この説の特徴】

(1)「ヒゴイカリソウ」は「ヤチマタイカリソウ」に含まれるとしています。
(2)「ソハヤキイカリソウ」「クモイイカリソウ」は「キバナイカリソウ」に含まれるとしています。
author : つぶら | comments (0) | trackbacks (0)

「十字星」

2005.01.23 Sunday | バイカイカリソウと交雑種

「十字星」01
イカリソウとバイカイカリソウの交雑と思われるものの一品種です。
葉は冬に落葉します。多花性で葉の上に咲きあがる花は華やかです。
「十字星」02
↑花の拡大写真。
(2004/04/16撮影)
author : つぶら | comments (0) | trackbacks (0)

「天山」

2005.01.23 Sunday | バイカイカリソウと交雑種

「天山」01
バイカイカリソウの特徴をよくあらわしている品種です。
花の色は純白で距が全くなく、梅の花のような丸みを帯びた形で咲きます。
葉は1回2出葉です。
「天山」02
↑花の拡大写真。
(2004/04/14撮影)
author : つぶら | comments (0) | trackbacks (0)

「夕映」

2005.01.23 Sunday | 距が長く落葉するイカリソウ

「夕映」01
濃い紅紫色が魅力的な品種です。比較的よく流通していて入手しやすいものです。
花は葉の上に咲きあがるので見どころがあります。また比較的早咲きです。
「夕映」02
↑花の拡大写真。
(2004/04/07撮影)
author : つぶら | comments (0) | trackbacks (0)

「緑星」

2005.01.23 Sunday | 距が長く落葉するイカリソウ

緑星04
(2005/04/09撮影。咲き始めの淡い緑の花)
緑星01
ごく淡い緑を含んだ中輪の花を咲かせます。多花性で早咲きです。
緑星02
↑花の拡大写真です。
(2004/04/15撮影)
緑星03
↑咲き始めです。展開する前は緑ののった様子が顕著です。
(2004/04/07撮影)
author : つぶら | comments (0) | trackbacks (0)

ベルシコロル「スルフレウム」

2005.01.23 Sunday | イカリソウの交雑種

ベルシコロル01
E. X versicolorの一品種である'Sulphureum'(「スルフレウム」です。ベルシコロルは、イカリソウ(E. grandiflorum)とピンナタム(E. pinnatum subsp. colchicum)の交雑種です。
花茎の葉はふつう9小葉で、小葉の形は深く切れ込んだ心臓型です。花弁と内がく片の長さはほぼ同じです。
ベルシコロル02
↑花の拡大図。
(2004/04/01撮影)
author : つぶら | comments (0) | trackbacks (0)

エピメディウム・プベスケンス

2005.01.23 Sunday | 外国産イカリソウの原種と品種

プベスケンス01
E. pubescens
中国原産の常緑のイカリソウです。
背丈は30センチほどで、白い1センチにも満たない花を穂咲き状にたくさんつけます。
葉はかたく革様の光沢があり尖っています。1回3出葉です。
プベスケンス02
↑花の拡大写真です。
(2004/03/30撮影)
author : つぶら | comments (4) | trackbacks (0)

トキワイカリソウ淡紅紫色

2005.01.20 Thursday | トキワイカリソウ

トキワ薄01
Epimedium sempervirens
トキワイカリソウの淡紅紫色花です。
コチラと同じく「オオイカリソウ」と呼ばれるタイプと思われます。
トキワ薄02
↑花の拡大写真。
(2004/04/07撮影)
author : つぶら | comments (0) | trackbacks (0)

トキワイカリソウ紅紫色花

2005.01.20 Thursday | トキワイカリソウ

トキワ濃01
Epimedium sempervirens
トキワイカリソウの中でも「オオイカリソウ」と呼ばれる、福井県より西の日本海側に産するタイプと思われます。
葉は常緑です。
花は大きく、色もはっきりしていますが、多雪地帯に生える種類のため、茎が倒れやすく草姿がすっきりしないのが難です。
トキワ濃02
↑花の拡大写真。
(2004/04/13撮影)
author : つぶら | comments (0) | trackbacks (0)

「小春」

2005.01.18 Tuesday | 距が長く落葉するイカリソウ

小春1
ほんのりと淡紫桃色がのる小型の品種。多花性で葉上で開花します。
小春2
↑花の拡大写真。
(2004/04/13撮影)
author : つぶら | comments (0) | trackbacks (0)