イカリソウ

<< February 2005 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>

日本産イカリソウ属の分類の一説(2)

2005.02.01 Tuesday | 分類

「The Genus Epimedium and Other Herbaceous Berberidaceae」
William T. Stearn, Julian M. H. Shaw, Peter S. Green, Brian Mathew著 
Timber Prより


【日本産イカリソウ属の検索表】

(1)葉は2小葉または2回3出葉。花は白くて小さく花弁は平らで、距がないかまたは10-
  15mmの距がある。
 (2)花弁には距がない。
  (3)葉は2小葉または2回2出、上面は無毛であり全縁で丸みがある。
・・・バイカイカリソウEpimedium difhyllum subsp.diphyllum

  (3)葉は2小葉または3小葉。小葉は鈍頭。葉の上面に細毛が広がる。鋭頭で葉縁に
    まばらな鋸歯がある。
・・・サイコクイカリソウEpimedium difhyllum subsp.kitamuranum

 (2)花弁は短い距を持つ。
  (3)葉は夏緑で秋に枯れ、洋紙質。ふつう3小葉を2出する。
・・・ヒメイカリソウEpimedium trifoliatobinatum subsp.trifoliatobinatum

  (3)葉は常緑で革質。2小葉を2出ときどき3出。
・・・シオミイカリソウEpimedium trifoliatobinatum subsp.maritimum

(1)小葉は9枚かそれ以上である。花弁の長さは12-30mmで長い距を持ち、距は先細りで
  錐状である。
 (2)葉は夏緑で葉の下面の毛は立ち上がる。地下茎は長く伸びない。
  (3)花は白色で、内がく片がやや薄紫色を帯び、花弁は白い。
・・・ヤチマタイカリソウEpimedium grandiflorum forma grandiflorum

  (3)花は淡い黄色である。
・・・Epimedium grandiflorum forma flavescens

  (3)花は花弁・内がく片とも淡紫色のことが多いが濃赤紫色から白色までの幅が見ら
    れる。
・・・イカリソウEpimedium grandiflorum forma violaceum

(2)葉は常緑で、地下茎は細長く伸びる。
  (3)花は白色。距は多くは長さ18mm以下。
・・・トキワイカリソウEpimedium sempervirens var.sempervirens)

  (3)花は基本的に紅紫色。距は多くは長さ18mm以上。
・・・オオイカリソウEpimedium sempervirens var.rugosum)

  
※…従来「キバナイカリソウ」「クモイイカリソウ」「ソハヤキイカリソウ」と呼ばれているもの。

【この説の特徴】

「キバナイカリソウ」(「クモイイカリソウ」「ソハヤキイカリソウ」)をE.koreanumではなく、E.grandiflorumの1品種であるとしています。
author : つぶら | comments (0) | trackbacks (0)