イカリソウ

<< April 2008 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2008年の実生その7

2008.04.19 Saturday | 実生イカリソウ

メンブラナケウムF1
母親がメンブラナケウムの実生初花です。花粉親はわかりません。

メンブラナケウムF1
咲き始めはライムグリーンがかった色でした。

メンブラナケウムF1
メンブラナケウムよりもずっと薄い黄色です。

メンブラナケウムF1
内がく片の様子。基部に緑がさしています。

メンブラナケウムF1
咲き進むにしたがって、華奢な花容がふくよかな感じに、また内がく片の色が抜けて白くなり、花弁の黄色とのバイカラーになりました。
派手さはありませんが好ましい花です。
我が家では「ライム」ちゃん、と呼んでいます。
author : つぶら | comments (0) | trackbacks (0)

2008年イカリソウ開花速報5

2008.04.17 Thursday | 日誌

今日は本降りの雨の上に昼間は仕事だったので、この数日撮りためた写真を一挙大公開!

お天気がとてもわるいので、まずは心まで暖かくなるお日さま色のワルレイエンセの写真を2連発。
ワルレイエンセ1

エsルレイエンセ2
燃えるようなオレンジ色で咲きあがる、今年はこれまでで一番の花数となった。木漏れ日の中で、そこだけ輝くような明るさを放っている。

黒船
こちらは黒船、アクミナツムの濃色選抜花で、確かに名にふさわしい色の濃さ、新葉の複雑な色合いと良く似合っている。株がだいぶ大きくなってきたのでそろそろ分け時かもしれない。

ダビディ
黄金イカリソウの名で呼ばれることもあるダビディ。純黄の花は、交配にもなかなか面白い。いくつかのタイプがあるようで、どう使い分けようか?

RQ1
Qの宝物、”RQ=薔薇の人”。鉢数が増えたので、日の当たり方が違う場所に置いて色の変化を見ようと思ったのだが、やはりこの日陰の分が一番色濃く咲いたようだ。写真にとったらやっぱりこんな鮮やかな色になってしまった。しかし、あでやかだなぁ。
ところでこの花、とある花屋さんの通販で買ったもの、海外のナーセリーから仕入れたものらしいが、いわゆる雪国タイプの日本種ではないかと思う。どんないきさつで海の向こうに渡ったものやら、おぉっ!まるでドラマのヒロインみたいやなぁ。

日本のイカリソウの渋さとはまた違った楽しみ方ができる、外国からの輸入種の花たち、色も形も千差万別、笑っちゃうほどおもしろいですね。

これはおまけ。
来夢
08年度初開花の実生、母親はメンブラナケウム、白と黄色のバイカラーなかわいい花。派手さはないけど、味わいは実に深い、と勝手に思っている親バカなQであった。写真はつぶら撮影。

おまけのおまけ。
外国の花ばかりひいきにしていると、日本のお花たちがすねてしまいそうなので・・・と言うわけで、梅花系の3品種をペタリはっておこう。
日本のイカリソウだって、かわいさじゃ負けてないぞ。
紫小町。濃色の梅花系。しぶい!
紫小町

玉姫。ほんのり薄紅をさす色白美人。とにかく花つきが良い。
玉姫

静御前。派手さはないが、なかなかの美人さんなのだ。
静御前
author : Q兵衛 | comments (0) | trackbacks (0)

2008年の実生その6

2008.04.14 Monday | 実生イカリソウ

実生6
親の記録のない実生です。絞り咲になっています。
記録のないものはほとんど、こぼれダネからの実生を気まぐれにポット上げしたものなのですが、こぼれダネからこういう面白い花が咲くのですから、気まぐれもやめられません。

他の実生よりも草丈が低いです。花はこの花によく似た「虹」と同じく小さめです。

実生6
きれいな絞りが入っています。

実生6
内がく片の様子。
author : つぶら | comments (6) | trackbacks (0)

2008年の実生その5

2008.04.14 Monday | 実生イカリソウ

あかねF1
咲き始めの様子。「あかね」を母親に持つ実生です。花粉親はわかりません。

あかねF1
咲き進むとこのようになりました。距が反り返っています。
花のさしわたしは咲き始めで2センチ、咲き進むと3センチほどの小ぶりなもので、大ぶりな花の母親には似ていませんが、細い距が反った様は面白いです。

あかねF1
Q兵衛はこの花に「金星」と名前をつけたいそうです。
author : つぶら | comments (0) | trackbacks (0)

2008年の実生その4

2008.04.14 Monday | 実生イカリソウ

実生4
実生イカリソウです。
母親は「寿」です。花粉親はわかりません。
青みがかった色に咲く花になりました。

実生4
内がく片はこころもち濃いめの色になります。

実生4
花つきのよい個体です。
author : つぶら | comments (0) | trackbacks (0)

「上州桜」

2008.04.14 Monday | 距が長く落葉するイカリソウ

上州桜
イカリソウの品種「上州桜」です。
アルペンガーデンやまくささんより求めました。

青軸にサーモンカラーの花を咲かせる群馬地方より出た品種です。

上州桜
清々とした青軸に濃いサーモンカラーの対比はお姫様のように愛らしく美しいです。

上州桜
別アングルから。
author : つぶら | comments (3) | trackbacks (0)

「斑入り源平」

2008.04.14 Monday | -

コメント欄にありますように、山本様からご指摘があり、記述の誤りに打ち消し線を付しました。

斑入り源平
トキワイカリソウの品種「斑入り源平」です。
アルペンガーデンやまくささんより求めました。

葉には散り斑が入ります。また、花は内がく片がピンクで花弁が白の源平咲きです。
トキワイカリソウなので少々暴れぎみの、野趣に富んだ草姿です。

斑入り源平
花のクローズアップ。

斑入り源平
内がく片の様子。

斑入り源平
展開してきた葉の斑の様子。
芽出しのころは新葉が赤く染まり、散り斑との対比が見事です。
author : つぶら | comments (4) | trackbacks (0)

「花吹雪」

2008.04.14 Monday | バイカイカリソウと交雑種

花吹雪
バイカイカリソウ系のイカリソウ「花吹雪」です。
アルペンガーデンやまくささんで求めました。

大変コンパクトで花時の草丈10センチほど。小ぶりですがたくさんの花をつけます。

花吹雪
内がく片の様子。線状に入った絞りがきれいです。

花吹雪
花は距が開ききって元気なイメージです。

花吹雪
葉の様子。2出して3出する、バイカイカリソウ交雑種の特徴をあらわしています。
author : つぶら | comments (0) | trackbacks (0)

「吹雪源平」

2008.04.14 Monday | 距が長く落葉するイカリソウ

吹雪源平
「吹雪源平」です。
アルペンガーデンやまくささんで求めました。早咲きのイカリソウです。
草丈はコンパクトですが花が大きめで花つきがよいようです。

吹雪源平
花びらは真っ白ですが内がく片にキメラ状にピンクがさします。

吹雪源平
花のクローズアップ。
author : つぶら | comments (0) | trackbacks (0)

2008年 イカリソウ開花速報4

2008.04.11 Friday | 日誌

紅湯島

梅花系の品種も咲き始めた。一番早く咲いたのはこの紅湯島。ころころとかわいい紅色の花をたくさんつけてふわふわ揺れる。

小町姫

お次は小町姫という花。小さな赤い鈴、と言った風情の紅湯島とはちょっと違う雰囲気の、梅花とイカリソウの中間形質で、こんもりと茂った青葉の上にたくさん咲きあがる様はとてもかわいい。

斑入り

斑入りのイカリソウも開花。複雑な色合いに染まる若葉と純白の花の組み合わせが◎。斑入りの品種はいくつもあるようだが、それぞれ色や斑の入り方が違うので、集めてみるのも楽しいものだ。

虹

今度は「虹」と言う品種。白地に紅筋が不規則に入り込むはなだが、この形質は交配時にも受け継がれるようで、今年初開花の実生にも、そっくりの花が生まれた。色花や、外国品種と交配していくと面白いものができるかな?

ラストに外国品種を三つ、連続でご紹介。
パウシフロラと交配種の群雀、ルブルム。みんなQべえのお気に入りなのだ。

パウシフロラ

群雀

ルブルム

と言うわけで、今日のお披露目はこれでおしまい。
author : Q兵衛 | comments (2) | trackbacks (0)