イカリソウ

<< May 2014 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

「ストームクラウド」

2014.05.29 Thursday | イカリソウの交雑種

140528g.jpg
「ストームクラウド」 Epimedium x omeiense 'Stormcloud' です。

「ストームクラウド」は、「あかね」と同じく、エピメディウム・アクミナトゥム E.acuminatum とエピメディウム・ファンギィ E.fangii の交雑種で、William Stearnにより峨眉山で採取されたものを、Blackthorn NurserのRobin Whiteが紹介したということです。

140528f.jpg
濃い赤茶色にくすんだ黄色のグラデーションのある花色は他のイカリソウにない渋い味わいです。

140528h.jpg
丈夫で花つきがよいようです。やはり花茎は重さで下垂ぎみになります。

140528e.jpg
内がく片が短くこぶのようになるのが特徴的です。

140528i.jpg
葉は「あかね」に似て、成長した葉はつやがありかたくしまったものになります。
author : つぶら | comments (0) | trackbacks (0)

「黒影」

2014.05.28 Wednesday | 外国産イカリソウの原種と品種

140528.jpg
「黒影」です。

エピメディウム・ミキノリ Epimedium mikinoriiではないか?とも言われているようなのですがよくわかりません。
中国原産は確かなようです。

140528a.jpg
花のサイズは日本のイカリソウくらいですが内がく片が幅広くふくよかです。
白い内がく片に、暗紫色の花弁の対比が美しい花です。

140528b.jpg
花が多く着くために茎は斜上せず重く垂れがちです。

140528c.jpg
内がく片を後ろから見たもの。

140528d.jpg
新葉の様子。非常に細かい鋸歯です。
author : つぶら | comments (0) | trackbacks (0)

ウーシャネンセ ’キャラメル’

2014.05.09 Friday | 外国産イカリソウの原種と品種

140505d.jpg
エピメディウム・ウーシャネンセ 'キャラメル' Epimedium wushanense 'Caramel'
です。
大変遅咲きで我が家では「光琳」よりも遅く咲きます。
常緑葉で、新葉のころは赤褐色の斑が入ります。葉が固まるとかたい葉質で、大きめで細長く鋸歯の荒い独特の様子です。

140505e.jpg
花は、距が細長く舷部が浅い形状をしています。花色は薄黄色で、舷部の先端にむけてこげ茶のグラデーションになるという、他のイカリソウにない色合いです。
アンバー・クイーン」の交配親です。
author : つぶら | comments (0) | trackbacks (0)

光琳

2014.05.09 Friday | 距が長く落葉するイカリソウ

140505.jpg
イカリソウ「光琳」です。
流通しているイカリソウのうち、もっとも濃い赤の花だろうと思われます。

140505a.jpg
遅咲きの花です。我が家では、楊貴妃の咲き始めよりも少し遅れた時期に咲き始めます。

140505b.jpg

140505c.jpg
内がく辺も濃赤色です。
author : つぶら | comments (0) | trackbacks (0)