「墨染衣」

墨染衣
日本桜草「墨染衣」です。

写真ではうまく色が出ていませんが、少し薄墨色がかったような渋めの薄紫の花弁です。

墨染衣
一度作落ちして、5号鉢から小さなポットに植え替えたのですが、来年の植え替え時には大きな鉢に戻せそうな気がします。
日本桜草 | comments (7) | trackbacks (0)

コメントをどうぞ


コメント

イカリソウが自家受粉をしないことを初めて知りました。ご教授ありがとうございます。イカリソウは2〜4種ありますが、今期は開花時期がズレていました。桜草の開花時期と違って羽虫も飛び交う時期なので安心しきってました。いやはやなんとも…反省。
さくら | 2014/06/25 03:47 PM
さくらさま、コメントありがとうございました。

さくらさまのイカリソウ、結実しなくて残念でした。
イカリソウは複数種類、栽培しておられますか?
自家受粉をしないので他のイカリソウの花粉を受粉しないと結実しないのです。
同時期に2種以上(同一品種はダメです)のイカリソウが咲く環境なら、人工授粉してあげてみてください。小さな蜂が来る環境なら受粉してくれるのですが…

桜草栽培についてご教授ありがとうございました。
とにかく、本当に栽培スペースがなくて、プランターや大きな鉢を置く場所がありません。残念ながら我が家に関しては桜草は手を出さない方が賢明なようです。
「墨染衣」以外は毎年の植え替えで小さな芽は廃棄しても毎年3倍くらいに殖えていたので失敗と言うこともなかったと思うのですが、「墨染衣」は全然殖えませんでした。
つぶら | 2014/06/23 08:17 AM
イカリソウネタですが、こちらで失礼いたします。つぶらさんのイカリソウ実生の記事を昨年拝読し、返信の挨拶代りに今年挑戦するつもりでしたが、ちゃんと開花したものの、結実していなくてガッカリでした。また来年挑戦です。

ネット上でさくらそうの栽培をアップされている方々は専門に栽培されている方々で、それを真似て5号鉢で栽培すると、往々にして失敗されるようです。大きな鉢やプランターで栽培して、開花の時期に花茎を上げなかった株をスポンスポン間引いてしまうような栽培の方が、ン十年と長く栽培し続けているようです。
さくら | 2014/06/22 07:07 PM
さくらさま
返信が遅くなってしまって申し訳ありません。
コメントをありがとうございました。

お尋ねの桜草のことなのですが、本当に申し訳ないことなのですが、今はどの品種も我が家にはないのです。
「墨染衣」はネコブセンチュウにやられてしまい、植え替え時に消滅してしまっていました。
「曇井の鶴」(正しい名前はこの名前なのですね。無知で申し訳ありません)と「彩雲」は元気で増えていたのですが、夫のイカリソウの鉢が増えたために他の植物をだいぶ他所に差し上げた折に手放してしまいました。

先ほどブログを拝見させていただきました。
ヘタクソで素人の私どものところにあるよりも、さくらさんにもらっていただいた方がずっと、桜草たちもしあわせだったろうと本当に申し訳ない気持ちです。
お力になれずすみませんでした。
つぶら | 2013/11/13 06:58 PM
つぶらさん、はじめまして。古い記事なのでメール欄でもあればと思い探したのですが見つけられず、こちらから失礼いたします。

私は桜草愛栽者で古い品種を収集しています。それで、つぶらさん所有の「墨染衣」「曇居鶴」「彩雲」の余剰苗がありましたら譲っていただけないかと思い、書き込みさせていただきました。

初見で厚かましいお願いであることは重々承知しておりますが、「墨染衣」は萬延1年(1860年)桜草名寄控にも記載されている品種ですが、ネット上では此処だけのようでして、つぶらさん以外で所有者を知りません。「曇居鶴」は正しくは「曇井の鶴」と思われ明治の実生品種とされ、私も所有していることは所有しているのですが、品種間違いである可能性があり同定のためにも新規に入手したいと願っていました。「彩雲」は戦後京都園芸クラブ誌に登場しますが、「曇井の鶴」同様作出者は不明の品種です。

昨今は八重品種のように新しい品種に人気が集中してしまいますが、桜草は古典園芸ですから、古い品種も大切に守って行きたいと考えています。植え替えの時期に余剰苗がありましたら、ご検討のほど宜しくお願いします。また、当方これから植え替えを行いますので、Blog掲載の品種で興味ある品種がございましたら遠慮なくご連絡ください。可能な限りお送りさせていただきます。
さくら | 2013/11/07 10:42 PM
pon2さん、こんばんは。

植物の気持ち、わからないですよ〜
日本桜草も展示会に出せるような咲かせ方はとてもできないけども、写真に撮って見て頂けるくらいにお花が咲かせられてよかったと思います。
「こうしたらいいのかな??」と悩み悩み世話をしたときに成果が現れてくれるって、園芸に限らないけれどもうれしいですね。

ペチュニア、リンク拝見しました。
立ち性のペチュニアがあるのですね。知らなかった〜
今日ホームセンターに行ってみたのですがなかったです。
「きりむらさき」も「うすずみ」もどちらもキレイ。ウチの近くでもどこかで買えないかなぁ。。

薄墨って喪の色なのだろうけれど、心になじむ色の名前ですね。
根尾の薄墨桜、一度でいいから見てみたいなぁ。。

そろそろ春の寄せ植えがくたびれてきたので何か花苗が欲しくなってきました。
つぶら | 2006/04/23 08:46 PM
こんにちは。
お返事はいいですよー。一方的に?お話したくてコメントしてしまいました。

薄墨色のような色っていうのはなんだか語感からも興味がむくむくとわいてきます。
 さすがつぶらさん、植物の気持ちもわかるのですね。今年はどの花も本当に見事に咲いてますね。
 今年みつけたペチュニアで きりむらさき というものの苗を購入したばかりです。
http://www.rakuten.co.jp/mendel/804209/804210/
こちらに決める前に最後までどちらにしようか迷ったのが、「うすずみ」というものだったの。
http://www.jhbs.jp/one%20point/plant/022.htm
http://yucchi.picot.ne.jp/ こちらのうすずみで検索すると花の大きな写真が出ます。
 なんとなく、話がつながっているのがうれしくて書いてしまいました。(今、見に行ったら水切れさせてました。危ない危ない)
pon2 | 2006/04/23 11:55 AM

trackback url

http://iroha.s7.xrea.com/t/sb.cgi/242

trackback

ブログの紹介とお願い
こそっと時々記事書いています。
コメントを書き込んだにもかかわらず反映されない時は、恐れ入りますがリロード(再読み込み)を試してみてください。
当ブログ内の画像・文章を他に流用することを禁じます。無断でリンクもお断りします。
カテゴリー
アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール
そのほか
recommend
NHK趣味の園芸 育てて楽しむ 山野草のすべて (生活実用シリーズ)

NHK趣味の園芸 育てて楽しむ 山野草のすべて (生活実用シリーズ) | 富澤 正美

実は図書館で借りただけでまだ買ってないのですがこれをひとりの方が書かれたというのがスゴイです。

recommend
最新版 山野草大百科

最新版 山野草大百科 |

ものすごくマニアックなものでなければこの1冊で山野草栽培はOKという感じです。