一喜一憂

秋がなかなか来なかったので雪割草の植え替えに着手するのが遅くなり、先日ポット植えのものだけどうにか終わらせました。

植え替え後の管理がしやすいように定位置のグリーンボックスから出して玄関先の特設置場に全部まとめて置いているのですが…

101209.jpg
2008年播種のコ。こういうぷっくりとした芽は春が楽しみ。

101209a.jpg
「冬星」似の青軸二段のコ。根痛みがかなりあったせいか花芽の先が枯れこんできて心配。

101209b.jpg
花芽をやられた!ヨトウムシがいつの間にか出没。

101209c.jpg
実は葉っぱも…。上と同じ株。

101209d.jpg
こんな細い芽は心配。こういう状態のまま枯れてしまうものも結構あります。
腕が悪いくせに必要な植え替えや施肥をサボったりするのでこういうことに。

総体的に、このシーズンは施肥を念入りにしたので、猛暑によるダメージは少なく、花芽が充実したり芽数が増えたりしているものが多かったです。
来シーズンは特に実生の若苗の植え替えを適期を逃さずすることと、ネコブセンチュウの防除、そして施肥をさまざまに工夫することを課題にします。
また来シーズンもよろしく、雪割草さんたち。
庭仕事 | comments (0) | -

コメントをどうぞ


コメント

ブログの紹介とお願い
こそっと時々記事書いています。
コメントを書き込んだにもかかわらず反映されない時は、恐れ入りますがリロード(再読み込み)を試してみてください。
当ブログ内の画像・文章を他に流用することを禁じます。無断でリンクもお断りします。
カテゴリー
アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール
そのほか
recommend
NHK趣味の園芸 育てて楽しむ 山野草のすべて (生活実用シリーズ)

NHK趣味の園芸 育てて楽しむ 山野草のすべて (生活実用シリーズ) | 富澤 正美

実は図書館で借りただけでまだ買ってないのですがこれをひとりの方が書かれたというのがスゴイです。

recommend
最新版 山野草大百科

最新版 山野草大百科 |

ものすごくマニアックなものでなければこの1冊で山野草栽培はOKという感じです。