親はなくとも実生はすてき

雪割草を栽培し始めたころは色の濃い花や変化咲きの花を近場で手に入れるすべが全くなく、ホームセンターや、今はなき「花の大和」の直売店のケースの中からなるべく変わったのを選んでくるのがせいぜいでした。
私が一番最初に手に入れた二段咲が京都の山草店の標準花のケースの中にまぎれていたもので、別のホームセンターで手に入れた「弥彦紫」の札のついた色の濃い標準花の花粉をかけ、4年くらいでその実生が咲きました。
もちろんそれは標準花で、その花粉を親の二段咲に戻し交配してまた育てること3年。その年はたくさん段咲の花ができましたがその中でも一番見栄えのいいのが↓の花です。
120327.jpg
親の花より一回り大きく、二段弁も長く伸びて、丈夫で成長が早いです。

残念なのが、花粉を使った親をその年のうちに人にあげてしまったこと。
返す返すも無念です。

120327c.jpg
これも実生なのですが親がわからない三段咲。名札の管理はしっかりしないと。

120327d.jpg
これも実生。これは親はわかっています。姫三段と呼ばれるタイプなのかな?

120327a.jpg
これは家での実生ではなくて、分譲で種子をいただいたものから育てました。
弁が細いのが難点だけど青に近い青紫色と二段構えの二段弁が面白いお花です。

120327b.jpg
初花から3年目ですがなかなか大きくなりません。
このお花のすごいのは青軸であることです。
私にはちょっともったいないお花なのでおっかなびっくり育てています。
雪割草 | comments (0) | -

コメントをどうぞ


コメント

ブログの紹介とお願い
こそっと時々記事書いています。
コメントを書き込んだにもかかわらず反映されない時は、恐れ入りますがリロード(再読み込み)を試してみてください。
当ブログ内の画像・文章を他に流用することを禁じます。無断でリンクもお断りします。
カテゴリー
アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール
そのほか
recommend
NHK趣味の園芸 育てて楽しむ 山野草のすべて (生活実用シリーズ)

NHK趣味の園芸 育てて楽しむ 山野草のすべて (生活実用シリーズ) | 富澤 正美

実は図書館で借りただけでまだ買ってないのですがこれをひとりの方が書かれたというのがスゴイです。

recommend
最新版 山野草大百科

最新版 山野草大百科 |

ものすごくマニアックなものでなければこの1冊で山野草栽培はOKという感じです。