あやしいやつら

雪割草を栽培し始めて10年超になりますが、おととしあたりから、どうもこれはウィルス罹患ではないか?と思われる株が出始めました。

明らかに葉の様子が違うものは隔離したり処分したりしていますが、アザミウマなどの吸汁害虫が毎年のようにつくので、健康そうに見えてもキャリアであるということも考えられるし、我が家からはもう他所の愛好家には雪割草をさしあげられないなぁと思っています。

120511.jpg
葉がまだらもようになったもの。緑の部分と黄緑の部分がまだらになっています。

120511a.jpg
クローズアップ。葉自体は大きく育っているのですが色合いが変です。

120511b.jpg
裏からすかしてみたところ。

120511c.jpg
別の株。これは葉全体の色が少し黄色っぽくなって、葉の縁に茶色い枯れの様なものが入ってきます。

120511d.jpg
クローズアップ。新しい葉にこういうことが起こったことはこれまでありませんでした。

120511e.jpg
さらにクローズアップ。
このタイプのあやしいやつがこの春は増えて、4株ほどあります。
そのほかに、ただ全体的に葉っぱが黄色っぽいヤツなどもあります。

あやしくなってしまったものには結構高いお金で買ったものや、大事にしていたいただき物が多かったりして、できることなら処分したくないけれどやはり他の株の事を考えると決断しないといけないのだろうと思います。
雪割草 | comments (0) | -

コメントをどうぞ


コメント

ブログの紹介とお願い
こそっと時々記事書いています。
コメントを書き込んだにもかかわらず反映されない時は、恐れ入りますがリロード(再読み込み)を試してみてください。
当ブログ内の画像・文章を他に流用することを禁じます。無断でリンクもお断りします。
カテゴリー
アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール
そのほか
recommend
NHK趣味の園芸 育てて楽しむ 山野草のすべて (生活実用シリーズ)

NHK趣味の園芸 育てて楽しむ 山野草のすべて (生活実用シリーズ) | 富澤 正美

実は図書館で借りただけでまだ買ってないのですがこれをひとりの方が書かれたというのがスゴイです。

recommend
最新版 山野草大百科

最新版 山野草大百科 |

ものすごくマニアックなものでなければこの1冊で山野草栽培はOKという感じです。