今年ミセバヤにやってみたこと

以前のミセバヤの記事に書いたとおり、ご近所のお花好きなお宅には塀や門柱の上にミセバヤを置いている家が多く、私のところでもミセバヤを植えた鉢4つを門柱のポストの上に置いています。
他所のお宅のミセバヤはとても立派なのに、我が家のミセバヤは大変貧弱で、貧弱なのはまだ株が若いから…と初めは思っていましたが、もう6年ほども栽培していているのにやっぱり貧弱なのには、考えなければいけないことがあるのじゃないか?と思い始めました。

まず、鉢植えにしてから一度も植え替えをしていませんでした。ホームセンターで買ってきた粗悪な多肉植物用土に植えっぱなしで根は詰まりきってボソボソな状態でした。根をほぐし、土を赤玉土小粒と日向砂小粒の等量混合用土に変えて植え替えしました(でも、次回の植え替えの時には硬質鹿沼と焼赤玉土の混合用土に変えようかと思っています)。
それが2年前のことで、芽数は2年間でずいぶん増えました。

花芽はつくようになりましたが、きれいに咲いてくれません。
一番問題なのは夏ごろから、1センチ強のイモムシ(メイガ類の幼虫らしい)が網の巣を葉先に張って芽や花芽を食べてしまうことでした。
ミセバヤは水遣りも完全に雨水にまかせているので鉢を見る機会がなく、気がつくと葉先が丸坊主になっているのでした。

なんとかきれいに咲いて欲しいと今年はいろいろ試してみました。
春、芽だしのころにマグァンプを株周りにパラパラとおきました。
それから、梅雨明けの7月半ば頃、オルトランを鉢にまきました。
9月中ごろにもまたマグァンプをおきました。

それで今年のミセバヤは以下のような感じです。

花つきのいい方
↑きれいに花が咲いた1鉢です。

花つきの悪い方
↑この株は花つきが余りよくありません。根詰まりかもしれません。

斑入り
↑斑入りのもの。これも花つきがいいです。

全体的に施肥と殺虫剤の効果はあるように思います。ただ花つきのよくなかった1株は春に植え替えをしてみてそのときに原因を考えてみようと思います。

置き場
↑置き場はこんなところです。家では一番日当たりのいいところですが、時間的季節的には日陰になることもあります。

クローズアップ
↑花の少ないこの時期、家を出入りするごとにこの花を見られるのはうれしいです。
多肉植物 | comments (0) | trackbacks (0)

トラディスカンティア・シラモンタナ

シラモンタナ0927
(2006/09/27撮影)
トラディスカンティア・シラモンタナ Tradescantia sillamontana です。
「白雪姫」という名前で流通しています。

葉が白い毛で覆われたツユクサの仲間の多肉植物です。
4年ほど前にホームセンターで購入したものですが、花が咲いたのは初めてです。
咲きにくい植物ではないはずなのに、我が家のものはどうして咲かないのか悩んでいましたが、用土と水遣りが間違っていたようでした。

シラモンタナ1007
多肉植物用のガラガラした土から赤玉土の小粒主体の用土に替え、軒下で辛い水遣りをしていたものを雨ざらしにするようにしたら、よく茂って花が咲きました。
ただ、雨ざらしなので、せっかくの葉の白い毛がびしょぬれです。
日照が足りないので間延びしています。

シラモンタナ0927
毎日咲きますが、一日一花でちょっとさびしいです。
多肉植物 | comments (0) | trackbacks (0)

レデボウリア・ソシアリス

レデボウリア
レデボウリア・ソシアリス Ledebouria socialis です。
球根植物と言ってもいいのですが、多肉植物の趣味家が育てていることが多かったりします。

この株は、去年の今頃、100円ショップで干物になりかけていたのを購入しました。多肉植物の内でも水分要求度が高いものなので瀕死の状態でしたが、化粧砂から赤玉・焼き赤玉土混合の用土に植えて水を上げたら生き返りました。

我が家には以前、多肉コーナーのある大きな園芸店で購入したこの植物の標準タイプと素心タイプがあったのですが、病気で植物の世話を放棄してしまったときに枯らしてしまいました。水分要求度が高かったためにいち早く枯れてしまったのでした。

レデボウリア
豹紋の葉と、極小だけれどかわいらしい花がまた手元で見たくて、罪滅ぼしのつもりで買ってきたのですが、咲いてくれてよかったです。

レデボウリア
花の大きさは5ミリくらい。今度は枯らさないようにしたいです。
多肉植物 | comments (2) | trackbacks (0)

マツノハマンネングサ

マツノハマンネングサ
「マツノハマンネングサ」の名前で入手したものですが、調べてみたら、ウンゼンマンネングサ Sedum polytrichoides というのが正しいようです。
赤みを帯びた細い葉のセダムで、以前気に入って買ったまま使っていなかったこの貝殻型のポットに植え込んでいたのですが機嫌よく茂り、花を咲かせてくれました。

マツノハマンネングサ
星のような花が満開。
花の咲く前の写真も撮っておけばよかったです。
多肉植物 | comments (0) | trackbacks (0)

アロエ「千代田錦」

千代田錦
アロエ「千代田錦」Aloe variegata
2月の終わりに咲いたのですが、おともだちのブログ「The Secret Garden」に「アロエ千代田錦の蕾」の記事が紹介されていたので、思い出して記事にしました。

冬はイグアナを飼っている部屋で避寒させていました。日光はまま当たるのですが、やはり特徴の上から見ると正三角形になる草姿は乱れてしまいました。葉も寒さ焼けしています。

千代田錦
とても暖かい色の花で寒い時期に見るとほっとします。
多肉植物 | comments (2) | trackbacks (0)
ブログの紹介とお願い
こそっと時々記事書いています。
コメントを書き込んだにもかかわらず反映されない時は、恐れ入りますがリロード(再読み込み)を試してみてください。
当ブログ内の画像・文章を他に流用することを禁じます。無断でリンクもお断りします。
カテゴリー
アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール
そのほか
recommend
NHK趣味の園芸 育てて楽しむ 山野草のすべて (生活実用シリーズ)

NHK趣味の園芸 育てて楽しむ 山野草のすべて (生活実用シリーズ) | 富澤 正美

実は図書館で借りただけでまだ買ってないのですがこれをひとりの方が書かれたというのがスゴイです。

recommend
最新版 山野草大百科

最新版 山野草大百科 |

ものすごくマニアックなものでなければこの1冊で山野草栽培はOKという感じです。