コスモスその後・・・

私は断言する。
私はタネまきがヘタだ!花作りが、ヘタだ!

さあ見たまえ。これがその後のコスモスだ。

141017.jpg
何と情けない・・・

141017a.jpg
お花も、かわいいけど、小さすぎる。

ひとつには、まばらに植えたのが間違っていたと思う。もっとたくさん蒔いて、密植させるべきだった。
それから、株がしっかり太らなかったのは原因がわからない。
コスモスはあまり肥料を上げてはよくないらしいので、タネまき用土の中にはじめから入っている肥料分以外やらなかった。それがアカンのか。それともやはり日照の問題か。
矮化剤などを使わないといけないのか。

課題は山積だが、来年も挑戦してみようと思う。とりあえず、もっとお花の大きい丈夫そうな品種のタネを買おう。

で、懲りずにまたタネまきをしている。

141017b.jpg
スーパーで処分品だった50円のパッションフルーツからとったタネを蒔いた。
冬越しはどうなのか。以前も団地時代に失敗したのだが。

141017c.jpg
セリンセ・マヨール。以前はポット植えのまま咲かせてしまった。今度はちゃんと植え替えて肥料もやって立派に育てるぞ。

141017d.jpg
まだもやしだけれど、コンテナスイートピー。

うっかりしていて、採取したのにまかなかったルリハコベがあるけど、こぼれダネから苗ができていたので今日ポット上げした。

そして・・・

141017e.jpg
はじめて実生が夏越ししたプリムラ・マラコイデス。
(今年夏があまり暑くなかったせいだと思う)
1ポットはヨトウムシに喰われてなかなか悲惨な状態だけれど、4株あります。
庭仕事 | comments (2) | -

コスモスを遅まきしてみた

コスモスの種を遅まきすると背を低くして咲かせることができる、と時々拝見しているブログで読みましたので、タネまきが下手くそなのに身の程知らずに、7月のはじめにタネをまいてみました。

140822.jpg
↑7月14日。芽が出ました。

140822a.jpg
↑7月19日。本葉も出ています。

その後、画像はありませんが8月上旬にポット上げをして…

140822b.jpg
↑8月21日(昨日)の様子。

これを定植。
140822c.jpg
↑こうなりました。(まだ6ポット残っています)

定植が済んでいないポットの1株。
140822d.jpg
あ!もうつぼみがついてる!

・・・これはこのまま咲かせていいのだろうかそれとも摘心すべきなのか。
これから調べます。
庭仕事 | comments (0) | -

雪割草のポット上げ

雪割草の実生のポット上げの作業を始めています。

雪割草の実生ポット上げは、まだカイワレ芽(双葉)の実生1年目で行う方も多いと思うのですが、私はどうもカイワレでポット上げをするとダメにしてしまう苗が多いようなのでたいてい2年目の本葉が出揃って固まった今頃にするようにしています。

130604b.jpg
これが蒔き床の小さなプランター。1つのプランターに7種類ほど、1種類につき5〜12粒くらい蒔いています。
全部ポット上げするととんでもない量の苗ができてしまうので、やはり生育の悪いものなどは間引きますし、すでに開花してそれが思った花でなかったものなども間引いています。

・・・とはいうものの、今回は間引くのも大変悩みました。どの苗も本当に生育がよいからです。
2年目の苗で本葉が3枚出ていたらまずまず合格点だと思うのですが、これだけあって全部の苗が3枚以上でした。

130604.jpg
10株に1つは4枚のものもあります。

130603.jpg
根もとてもきれいでよく茂っています。

実生で気をつけていることと言えば、発根する11月ごろにバイデートを散布しておくこと。発芽したら水遣りのたびごとに野菜用の有機液肥を2000倍くらいでやり、それを6月いっぱいくらいまで続けること。ジベレリン等の処理はしていませんがそれでほとんどのカイワレに1年目から本葉がつきます。5月以降も日陰に移動せず真夏も半日陰程度のところで1年中比較的日光によく当てています。
2年目で本葉が出た頃もやはり2000倍液肥を水代わりにやりバイデートも散布する、それくらいです。

130604a.jpg
これまででプランター2つ分が終わり、ポット上げ終わったのが上の画像です。
あとプランター1つ分がんばろう。

130604c.jpg
ピンクナツツバキがたくさん花をつけています。今年はこれまでで一番花つきがよかったです。
庭仕事 | comments (3) | -

一喜一憂

秋がなかなか来なかったので雪割草の植え替えに着手するのが遅くなり、先日ポット植えのものだけどうにか終わらせました。

植え替え後の管理がしやすいように定位置のグリーンボックスから出して玄関先の特設置場に全部まとめて置いているのですが…

101209.jpg
2008年播種のコ。こういうぷっくりとした芽は春が楽しみ。

101209a.jpg
「冬星」似の青軸二段のコ。根痛みがかなりあったせいか花芽の先が枯れこんできて心配。

101209b.jpg
花芽をやられた!ヨトウムシがいつの間にか出没。

101209c.jpg
実は葉っぱも…。上と同じ株。

101209d.jpg
こんな細い芽は心配。こういう状態のまま枯れてしまうものも結構あります。
腕が悪いくせに必要な植え替えや施肥をサボったりするのでこういうことに。

総体的に、このシーズンは施肥を念入りにしたので、猛暑によるダメージは少なく、花芽が充実したり芽数が増えたりしているものが多かったです。
来シーズンは特に実生の若苗の植え替えを適期を逃さずすることと、ネコブセンチュウの防除、そして施肥をさまざまに工夫することを課題にします。
また来シーズンもよろしく、雪割草さんたち。
庭仕事 | comments (0) | -

今のうちに

雪割草の作業が少しヒマになってきたので、ちょこちょこっと今のうちにできる庭仕事をしています。

昨日は買ってきた花苗を植えました。
以前育てていたけれど植え替えの時に根洗いしたのがしんどかったのか枯らしてしまったモロッコナズナ Aethionema armenumをホームセンターで見つけて買ってきたので。
他に、先日大阪堺市の園芸店で買ってきた銅葉のアルメリアなども植えました。

今日は4鉢あるミセバヤの古い茎を切って肥料を上げたり、イトラッキョウの類を植え替え・株分けしたりしました。
長い間植え替えていなかったのでイトラッキョウはひどいことになっていました。肥料食いだそうなので、これからはもっと肥料をあげなきゃ。

他に、作落ちさせて葉が一枚しか出ていないコシノコバイモにブドウ糖をあげました。ユリの鉢植えたちにもおこぼれを。
来年はまたコシノコバイモ咲くといいなぁ。

今庭で咲いているもの。

青チュー
毎度おなじみ「青チュー」。

オキナグサ
オキナグサ。

イフェイオン
植えっぱなしイフェイオン。

有頂天
日本桜草「有頂天」。やっと八重咲らしく咲きました。

ワルレイエンセ
夫のイカリソウ、E.ワルレイエンセ。イカリソウでこの色というのはやはり新鮮です。

イワヤツデ
何年も前に夫の職場の方にいただいたイワヤツデ。一度も植え替えしていないのに毎年よく咲いてくれます。今度こそ植え替えないとなぁ。
庭仕事 | comments (4) | trackbacks (0)
ブログの紹介とお願い
こそっと時々記事書いています。
コメントを書き込んだにもかかわらず反映されない時は、恐れ入りますがリロード(再読み込み)を試してみてください。
当ブログ内の画像・文章を他に流用することを禁じます。無断でリンクもお断りします。
カテゴリー
アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール
そのほか
recommend
NHK趣味の園芸 育てて楽しむ 山野草のすべて (生活実用シリーズ)

NHK趣味の園芸 育てて楽しむ 山野草のすべて (生活実用シリーズ) | 富澤 正美

実は図書館で借りただけでまだ買ってないのですがこれをひとりの方が書かれたというのがスゴイです。

recommend
最新版 山野草大百科

最新版 山野草大百科 |

ものすごくマニアックなものでなければこの1冊で山野草栽培はOKという感じです。