orz

私はとてもそそっかしいです。ドンくさいくせにイラチで、不器用なくせに横着モノです。
それだから、園芸に限らず日常生活で毎日のように何か失敗しています。
でも、今回だけはかなりメゲてしまいました。

先日から時間を見つけては頑張っている、ヘレボルスの植え替えなのですが、育て始めてから最近までヘレボルスの植え替えのしかたをちゃんとわかっていなかったツケがたっぷりとたまり、私のヘレボルスははなはだしい根詰まり状態になっております。
植え替えを一度もしたことのない株、また植え替えをしているものの、根鉢を崩さずにただ鉢増ししただけの株など、根がグジャグジャにからんで、しかも一番古い根茎の部分は土の団粒構造がくずれたせいか激しい根ぐされを起こしているものもあります。
そのせいで、数年栽培していれば芽数は多くなってもおかしくないのに、我が家のへレボルスは古株になればなるほど芽数が少ない、という悲惨な状況です。

先日もそうしたうちのひとつ、「アトロルーベンス」の名前で購入した小輪のヘレボルスの根鉢を崩そうと躍起になっていました。
鉢の号数が6号なので根鉢はそこそこ重みがあります。
竹箸を使ってなるべく太い根を切らないように、でもチカラを入れてほぐしていたのですが、根鉢に神経が集中するあまり、土の上の葉のことをすっかり忘れていました。
ぐっ!とチカラを入れたときに、ぽろっ!と…

小輪
ひとつしかない葉芽が根元から折れてしまいました。
もう、呆然としてしまいました。

小輪
ポッキリ折れています。

雪割草なら、根と根茎がしっかりしていれば芽を吹かすことができます。
でもヘレボルスはどうなのでしょう。
根茎に芽の動きそうなところがあるかどうか見てみましたが動くかどうか微妙な感じです。
とりあえず、根鉢をほぐして根洗いしてみました。
ダコニールの水溶液に20分ほどつけてから、葉芽の取れた痕と切れた根の先端にダコニールの原液を塗って植えつけました。

さて、次も芽がひとつしかないトルコータスの根鉢崩しです。
先の轍は踏まないぞ、と、慎重に慎重に根鉢を崩します。
この根鉢は7号サイズだったので片手で持つには重いです。
左手で持ち、右手で竹箸を使って根をほぐしていたその時、左手がグラっとバランスを崩して根鉢を落としてしまいました。
…で、
トルコータス
また折れてしまいました。

orz
私の心境を絵に描いてみました。

私は、家にあるヘレボルスのうちでもこのトルコータスはかなり気に入っていたので、この株もどうにか救えないかと思い、根洗いしてみました。
すると…
トルコータス
根茎の中心部の下の根がごっそりありません。

ねぐされ
真っ黒に根ぐされしています。

この株は植え替えたことはあるのですが、その時、根鉢を崩さずにひとまわり大きな鉢に放り込んで、土を足しただけでした。
もともと生産者が植えた土の中に粘土質が入っていてそれが根茎の真下だったので、根詰まりも拍車をかけて根ぐされを起こしたようです。

これも腐ったところは取り除いてからダコニールの水溶液につけ、小輪のものと同じ処理をして植えつけました。

鉢
地上部のなくなった鉢ふたつ。

非常に危機的な状態ですが何とか芽が動いて復活して欲しいものだと思います。
それにしてもそそっかしい自分に情けなさがいっぱいです。

今検索して調べたところによると、根元からはずれた葉芽は挿し芽ができるということです。
私は葉芽を捨ててしまいました。
挿し芽のことを知っていればよかったです。
ダメダメ園芸 | comments (6) | trackbacks (0)

園芸は人芸?

私は人付き合いが苦手です。

こう書くと、よく「私もそうなの」と言われるのですが、私の人付き合いの苦手さは、ほとんどの方が当てはまる「健常」の範囲ではなくて、病気に当てはまるものなので、「私もそう」とはどうか言わないでくださいませ(苦笑)。

去年、兵庫県のある園芸家のオープンガーデンに夫とお邪魔した時に、その園芸家の先生に「どこか(愛好会など)に所属していないの?」と聞かれました。
「いいえ、特に」と答えました。
先生は、その時私たちと一緒に見学されていた兵庫県どこかの山草会の方々の方をごらんになって「彼らも面白い連中だから話をしていったらいいですよ」と仰ってくださったのですが、私はそういうことはほとんど恐怖だったので、体調のこともあり結局はその人たちと一言も交わすことなくお庭を後にしたのです。

オープンガーデンのことを教えていただいた京都の展示即売会の時に、先生と会話ができたのは私としては相当の上出来、スーパーE?難度の快挙で、それ以上のランクのコミュニケーションスキルは逆さに振っても私からは出しようもないのです。

けれど、このときのことが私にはどうにも引っかかってこの一年ずっと胸を刺す棘になっています。

園芸をもとにして集まる人たちの楽しそうな様子はネットでもたくさん目にします。
ただ楽しい交流というのも勿論魅惑的ですが、知識や栽培技術やタネや苗の交流など、その輪に加わっていないものには得ようもないいろいろな宝がそこにはあります。
私はそういう人の輪に入る能力がないので、市場に小出しにされる、出版物によるあいまいで実地に生きない栽培技術や経費で単価の膨れ上がった苗を購わなければなりません。

園芸を極めようとする志向には人の輪でうまく生きたり輪を育てたりする能力が不可欠なものなのじゃないか、そうであるとすれば、その能力に欠けた私はあるところで頭打ちになるしかない…そんなことをこの一年考えています。

「植物と私と、時々オット」
それで完結してしまう庭で、何の進歩もないですが。

黄色ヒブリダス
↑イエローのヒブリダス。病気かな?と思ったらそうじゃなかったみたいです。ヘレボルスをたくさん育てている人は病気が大変なようだけれど、ウチには最近外から入ってきた株というのがあまりないので免れているようです。
むやみに株を手に入れるのも考え物です。

ゴールデンにあらず
↑黄色いネクタリーの正体不明なコ。

翠蓋
↑期待にたがわず今年も咲いている中国春蘭「翠蓋」。今年は少し数が減って5花です。

ヒメリュウキンカ
↑セミダブルで白いヒメリュウキンカ。これもピカピカ。
ダメダメ園芸 | comments (0) | trackbacks (0)

植物虐待

昨年暮れ、ある新聞のコラムを読みました。
続きを読む>>
ダメダメ園芸 | comments (0) | trackbacks (0)

園芸未満ガーデニング未満

カーメシーナ
↑クレマチス・ビチセラ「ルブラ」

植物が好きになるほど、我が家の庭はガーデニングから遠ざかっていくように思うのです。
最初はガーデニング雑誌など見て、レンガの花壇をこしらえたりラティスを自分で立てたりしたのですが、栽培したい植物が増えるにつれ、花壇の縁に鉢を置き、ラティスの前に栽培棚をしつらえ、というように、だんだん庭の景観などどうでもいいようになってきたのです。
勿論、ただ「好きである」という基準だけで植物を選ぶのですから、色の調和などお構いなし。赤あり黄色あり青あり紫あり白あり緑ありのまんだらのようなものです。
世の、オシャレなガーデナーさんたちはきっと、我が家の庭を見ると気の毒そうに目をそらすに違いありません。

ちょうちょ
↑ホトトギスの葉に憩うルリシジミ。

だからと言って、私や夫が純然たる園芸家か、というとそれも違います。
珍しい植物にうつつを抜かしていた時期もありましたが、基本的に、1ヶ月の食費の1/6ほどで買った植物も、鳥のオミヤゲから生えてきたものも、我が家では同じようにあつかわれています。殖えすぎるために引っこ抜かれてしまう植物もありますが、根絶やしにすることはありませんし、またできません。
立派な園芸家の方から見たらきっと、物の値打ちのわからない手合いだと疎まれることでしょう。

フウラン
↑赤花のフウランのつぼみ。新根もピカピカ。

園芸家でもなくガーデナーでもなく。こんな私たちは何と呼ばれるのでしょう?
やっぱり「植物大好きさん」かな?
ダメダメ園芸 | comments (0) | trackbacks (0)

きわめてシンプル

私は植物は好きなのですが、園芸は上手ではありません。
「上手」と書いたけれども、このごろ、うまく育てられるかどうかは結局は上手下手の問題ではないのじゃないか?と思ったりします。
私も、だから、下手なのではなくて、何か他の要素が足りないのです。

カザグルマ
(↑虫に食われたカザグルマの花)

雪割草を育て始めたのは1999年の初春からでした。大手種苗通販で50芽の雪割草を買い込み、レンガを自分で積んで作った花壇にまとめて植えました。日陰の花壇だし、テキトーに育つだろうと思ったのでした。
植えたその春にはきれいに花を咲かせてくれました。花後の新葉はきれいでした。花壇ですので雨が当たります。またその年の梅雨は多雨で長く、夏は暑かったのです。お盆を過ぎる頃には葉っぱがどんどん傷みだしました。次の冬には葉っぱがなかったのです。
1999年と2000年はそういう状態でした。
オフ会で新潟のおともだちにいただいた雪割草を鉢植えにしました。
鉢管理ならば葉を落とさないでいけるかも?と思いました。
でも相変わらず置き場は露天でした。もともと丈夫な性質の株だったのか葉は大して落としませんでしたが、植え替えをしないので2003年ごろにはゼニゴケは蔓延するし、古葉を切ったりする習慣もなくていつもみすぼらしい姿でした。
何鉢も手に入れた雪割草も、最初はきれいに花を咲かせてくれるのですが、だんだん花数が少なくなり果てはすっぽ抜けて枯れたりしました。
2003年の秋に大々的な植え替えをしました。根っこがひどいです。全く成長していないし、ネコブセンチュウに冒されてこぶだらけです。こぶを取って腐った根を始末して植えつけました。これがダメージになって枯れてしまった株がたくさんあります。このままではいけない、と思うようになりました。花がら摘みや古葉切りをちゃんとするようになりました。
ネコブセンチュウの特効薬の「バイデート」という農薬を、ハンコをもって買いに行きました。植え替えするときには必ず根にまぶすようにしました。
用土も考えました。それまでは軽石主体の土をミジンを洗い流さずに使っていました。いろいろ調べて、関西では細かい用土の方がよいことや鹿沼土主体にすると鉢の中が多湿にならずにかえってよいことを知り、そうして配合した用土をしっかり研いでから使うようになりました。
それが去年の春までで、ところがここまでいろいろ手を掛けるようになったのにやはり去年の秋口には雪割草の葉が傷んでしまいました。
頭を抱えました。「やっぱり私は下手なんだ」そう思いました。
冬中いろいろ考えて、これまでまだやってこなかったことをちゃんとやってみよう、と思いました。
雪割草棚に雨よけをつけること。去年からは棚の一番上には雨よけをつけましたが、棚下に置いてある雪割草には上の棚の水遣りの水が当たっていました。この春は棚の各段に傾斜をつけたプラスティックダンボールの板をとりつけました。
消毒をすること。我が家の過密栽培ではやはり消毒をしないと無理なように思いました。ベンレートとダコニールを交互にひと月に1〜2回散布することにしました。
それから4月いっぱいまでは新葉をしっかり硬く育てられるように日光にたくさん当てられる置き場に置きました。
今の我が家の雪割草は健康で大きな葉を茂らせ、古葉などは一枚も残っていないし、ハカマはピンセットできれいに取り除かれ、雑草もコケも生えていないきれいな用土に植えられています。その状態が全部自分の丹精によるものだと思うとすがすがしくうれしい気持ちです。
さあ、この秋はどうなるか。元気な葉がしっかり残ってくれることを願っています。

オダマキ
(↑家の北側の古土捨て場に勝手に咲いたオダマキ)

条件が合わないと知りつつも、バラを20鉢以上栽培していた時期がありますが、毎年うどん粉病と黒星病でよい花を咲かせられず、特に大事な4鉢を除いて人にさし上げてしまいました。
薬剤散布と施肥と植え替えはとても大事なことなのですが、薬は家で使いたくないと忌避し、植え替えは真冬の寒い時期なのでつい億劫で、「できることだけやっていればいいわ」と思って育てていたので、それなりの結果しか得られないのでした。
園芸書に書いてあることはその植物を育てる最低限度の作業だということが、このごろやっとわかったように思います。
手を抜くと、必ずその結果を自分で見ることになる。とても単純なことです。

24時間庭のために費やすことはできませんから、あれもこれもと手を広げるとどこかに手抜きが出ます。
雪割草に力を入れて、ほかはローメンテナンスで済む植物を残して、我が家の庭のスタイルが形成されつつあります。
これからは、雪割草の世話に連動して他の植物へのメンテナンスができるような形ができたらいいなと思っています。
(例えば、記事に書いた雪割草の消毒のついでにバラを消毒するというような)
ダメダメ園芸 | comments (0) | trackbacks (0)
ブログの紹介とお願い
こそっと時々記事書いています。
コメントを書き込んだにもかかわらず反映されない時は、恐れ入りますがリロード(再読み込み)を試してみてください。
当ブログ内の画像・文章を他に流用することを禁じます。無断でリンクもお断りします。
カテゴリー
アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール
そのほか
recommend
NHK趣味の園芸 育てて楽しむ 山野草のすべて (生活実用シリーズ)

NHK趣味の園芸 育てて楽しむ 山野草のすべて (生活実用シリーズ) | 富澤 正美

実は図書館で借りただけでまだ買ってないのですがこれをひとりの方が書かれたというのがスゴイです。

recommend
最新版 山野草大百科

最新版 山野草大百科 |

ものすごくマニアックなものでなければこの1冊で山野草栽培はOKという感じです。