ものもうす

去年の春、大阪のあるところである園芸植物についての講座がありました。
講師はその道の第一人者といわれる方でした。

スライドを拝見しながらお話を聞くという講座だったのですが、スライドの中にトキワイカリソウの画像がありました。
そこで講師は少し脱線されて、「トキワイカリソウはなぜ常緑なのでしょうか」という問いかけをされました。

私は最前列にいましたのでちょっと小声で、「冬あたたかい雪の下にあるから」と言ったのですが、それを聞き取られた講師は首をかしげ、だいたい以下の様な意味合いのことをおっしゃいました。
「他の地域のイカリソウはみな冬に葉が枯れるのに雪国に生育するトキワイカリソウが常緑なのは、少ない日照条件を最大限に生かすため環境に適応したからです。」

私は「それは違う」と思いましたし、それを論拠をあげて説明できましたが、その場はイカリソウの葉についての講座ではないのですし、講師を私が論破してしまったら講座がめちゃめちゃになってしまいますから黙りました。

しかし、そのことを実はずっと根に持っていて(ウソ)いや、自分のためにちゃんと書いておいたほうがいいかなと思いましたので、ずいぶん時間が経ちましたがここに書いておこうと思います。



イカリソウの原種はだいたい50種くらいで、日本に4(あるいは5?6?7?・・・分類にも諸説あります)種あり、北アフリカやヨーロッパにも2種ずつ分布がありますが、ほとんどの原種は中国の山地に分布しています。
イカリソウ属が最初にどこで発生したのかは断言してはいけないと思いますが、一番たくさん原種の存在するところが生まれ故郷なのではないかと推測するのはそう間違っていないでしょう。
おそらく、中国の山地から西へ行くもの、東へ行くものが出て、極東に来たのが日本のイカリソウ群、西へ行ったのがヨーロッパやアフリカのイカリソウではないかと思います。

そして、日本に分布するイカリソウ・キバナイカリソウ・バイカイカリソウ、ヨーロッパのEpimedium alpinum以外はみな常緑葉です。
日本のイカリソウの種類から見ると、トキワイカリソウだけが常緑で変わっているように見えますが、世界のイカリソウから見ると夏緑(落葉)のイカリソウの方がちょっと変り種ということになります。



そもそも、進化の道筋をたどると陸生植物はみな海からあがってきました。植物が生きるのに何より大事なことは光と熱と水で、だから最初に植物が陸地に上がってきたのは光が強く熱量が大きく水がふんだんにあった熱帯雨林であったというのは疑う余地がありません。今でも熱帯雨林に世界中の植物の2/3の種(species)が集中しているのがその証拠です。
熱帯の植物はみな常緑です。一年中光合成ができる場所なら葉を落とす必要がないからです。

熱帯から温帯へ植物が進出していくうちに、植物の葉は厚くなりました。熱帯よりはかなり低くなる冬の気温から葉を守るためです。
さらに冬の気温が低くなる地域に進出するために、植物は冬に落葉することを身につけます。一年中光合成をしていたいのは山々ですが命と引き換えにはできません。温度も水分もなく光も弱い冬は休業して条件がそろったところで操業再開というわけです。

動物でいえばたとえばイルカやアシカなどの海獣は、いったん陸に上がった脊椎動物がまた海に回帰したということなので、植物にも、いったん落葉性を獲得したものが進化して常緑性をもった、ということがあるのかどうか、わたしにはよくわからないのですが、ただ、普通に素直に考えると、湿潤な気候の中国の山地から東の国に渡ってきたイカリソウが太平洋岸の気候に直面して、ああ寒いこんなのムリ!と夏緑型に変わっていったというのが自然な流れの様な気がします。



ところで、それではなぜ、トキワイカリソウは常緑なのか、というと、それは私が上で書いたように、そこが雪国で冬にあたたかく湿潤だから、ではないでしょうか。
雪の下は氷点下何度という温度にはなりません。また水分はいつも保たれています。常緑葉が生きていける条件がそろっています。確かに日光は弱いですが光合成のプラントを切り離すほどの犠牲を払わずともやっていけます。
おそらく、中国からこの国にたどりついたイカリソウは、最初は雪の多いところで中国にいたころのやり方で冬も葉を持ったまま暮らしていて、それがさらに分布を広げるうちに冬に葉を落とす別のやり方で生き残っていった、と言うことなのではないかと思います。
その他山野草 | comments (0) | -

斑入りアキギリ

101110.jpg

庭の東側のガーデンラックの下段にずっと置きっぱなしだった斑入りのアキギリですが、毎年葉枯れをして花も満足につかないので、ウチには合わないのかなぁと思っていました。

イカリソウの置き場がなくなったので、レンガで造った花壇を小さくしようと1年かけてまだ完成していないのですが、その間アキギリを置いていたガーデンラックが邪魔なので移動して、アキギリはイカリソウの鉢の隙間に置いていました。

ついでに植え替えて、ちょっと腐食質が多めの土に変えたところ、徒長気味ではありますが今年はこんなにきれいに咲いてくれました。

101110a.jpg
なんとも言えないきれいな紫。

ほったらかしだと植物が何を求めているのか聞いてあげられないですね。書を棄てよ庭に出よう、ですね。
その他山野草 | comments (0) | -

イカリソウいろいろ

夫がイカリソウを好んで栽培していて、素人なりにそこそこの種類を集めているので、あまり園芸的には人気の高くないイカリソウを広く紹介することができれば、と、「イカリソウ」というブログをこことは別に作っています。
そういうわけで、このブログではほとんどイカリソウのことを取り上げないのですが、雪割草が一段落ついてイカリソウの開花シーズンを迎えたので、少しだけお花の写真を紹介したいと思います。

スルフレウム
Epimedium X versicolor 'Sulphureum'(エピメディウム・ベルシコロル「スルフレウム」)です。
日本のイカリソウと、中東からコーカサスにかけて自生するE. pinnatum subsp. colchicumの交雑種です。
しばしば、「黄色梅花イカリソウ」などというデタラメな名前で売られています。
玄関横の石組み花壇に植えているのですが、たわわに咲き乱れています。

フランケティ
おそらく、Epimedium franchetii(エピメディウム・フランケティ)と思われるイカリソウです。
産毛がびっしり生えたグラデーションの新葉と黄色の花の取り合わせがきれいです。

紅炎
日本のイカリソウ「紅炎」です。かなり鮮明な紅色の品種です。

プベスケンス
Epimedium pubescens(エピメディウム・プベスケンス)です。「天の川」という流通名もあります。
毎年たいていはこのお花が我が家のイカリソウの最初の花になりますが、一番最後まで咲いているのもこの花で、どんどん花が上がり花期が長く楽しめます。

紅時雨
トキワイカリソウ系の品種「紅時雨」です。吹っかけ状の模様花です。

カンタブリギエンセ
Epimedium ×cantabrigiense(エピメディウム・カンタブリギエンセ)です。
ヨーロッパ産のE.alpinumと、小アジア産のE.pubigerumの交雑です。
アルピヌムもプビゲルムもそんなに大きいイカリソウではないのに、このカンタブリギエンセは我が家でも一番背丈の大きいイカリソウで、膝の高さくらいにはなります。
生育が旺盛で、今年も花茎を20以上あげました。一つ一つの花は決して大きくありませんが存在感は十分です。

まだまだイカリソウははしりの季節。これから毎日開花が増えると思うと楽しみです。
その他山野草 | comments (2) | trackbacks (0)

エンビセンノウ

エンビセンノウ
(2007/6/30撮影)
エンビセンノウ Lychnis wilfordii (ナデシコ科)です。
ごまのはぐささんからいただいた種子から育てたものです。

我が家の日照の加減もあるのでしょうが、かなりヒョロヒョロと背が高くなるので(50cmほど)写真が撮りにくかったです。
コンパクトに育てる方法もあるのかな?

エンビセンノウ
我が家にあるセンノウの仲間の中では一番花は小ぶりですが一番色が濃く、切れ込みのある特徴的な花型もあって、なかなか目立つ存在です。

なぜだか、センノウの仲間は心惹かれます。かわいい。
その他山野草 | comments (0) | trackbacks (0)

バイカアマチャ

バイカアマチャ
(2007/6/30撮影)
バイカアマチャ Platycrater arguta (ユキノシタ科またはアジサイ科)です。
山野草として扱われていますが実は「木」で、ソハヤキ地域に自生する高さ1mになる落葉低木です。
昨年県内の山野草のお店で購入しました。

鉢植えにしているせいか丈は15センチほどしかありません。アジサイのなかまらしく、本来は装飾花と両性花をにぎやかにつけるものらしいのですが、我が家のものが両性花がポツポツとついているだけです。

バイカアマチャ
来年はもうちょっとにぎやかに咲いてくれるかな?
その他山野草 | comments (0) | trackbacks (0)
ブログの紹介とお願い
こそっと時々記事書いています。
コメントを書き込んだにもかかわらず反映されない時は、恐れ入りますがリロード(再読み込み)を試してみてください。
当ブログ内の画像・文章を他に流用することを禁じます。無断でリンクもお断りします。
カテゴリー
アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール
そのほか
recommend
NHK趣味の園芸 育てて楽しむ 山野草のすべて (生活実用シリーズ)

NHK趣味の園芸 育てて楽しむ 山野草のすべて (生活実用シリーズ) | 富澤 正美

実は図書館で借りただけでまだ買ってないのですがこれをひとりの方が書かれたというのがスゴイです。

recommend
最新版 山野草大百科

最新版 山野草大百科 |

ものすごくマニアックなものでなければこの1冊で山野草栽培はOKという感じです。