フウランの当たり年

我が家にはフウランが14鉢あります。
団地住まいの時は何度も何度もフウランを買っては枯らしてしまい、満足に花を咲かせることができませんでした。今の家にはかろうじて一株だけ一緒に引っ越してきました。
でも、この家に着てから、その咲かなかったフウランに毎年花が咲くようになって、それからは毎年1鉢か2鉢家にお迎えするようになりました。
大きな木があり、湿り気のあるところがフウランは大好きで、この家に来てからは一度もフウランを枯らしていません。
これは腕が上がったというよりやはり環境の変化の賜物です。

枯らさずに花が咲くようになった、と言っても、これまでは1株に花が1茎、などというようなつつましいものだったのですが、この夏はどういうわけか、たくさん花茎をあげるものが多く、さながら我が家はフウランフィーバーになりました。

四川フウラン
(2007/6/18撮影)
一番古株の「四川産フウラン」です。花茎が7つあがりました。

朝日殿
(2007/7/8撮影)
富貴蘭柄物(斑入り)の「朝日殿」です。もともと購入時に3条あった株ですが6年ほどで10条に増えました。

ニセ玉金剛
(2007/7/8撮影)
初めて咲いた株。「玉金剛」の銘のついていたものですがどうやらニセモノだったみたいです。豆葉は豆葉なのですが・・・

東出都
(2007/7/15撮影)
富貴蘭柄物「東出都」。朝日殿と一緒に夫が買ってきたものですが2条から9条に増えています。
はっきりとした白覆輪です。

あんまり一度ににぎやかに咲くと、後で弱ったりしないかと思って心配になったりもします。

フウラン
フウランとその交配種、セッコクは、冬以外はこんな風に、イヌマキとイヌツゲの木の下にぶら下げています。
いつも機嫌よさそうで、きれいな根っこをたくさん出してくれます。
その他蘭 | comments (4) | trackbacks (0)

「朱天王」

朱天王
(2007/7/15撮影)
富貴蘭の「朱天王」です。
赤花の銘品です。

家には以前それと知らず購入した無銘の赤花のフウランがあるのですが、今シーズンは体調を崩してしまったのか花が咲きませんでした。
代わりにこの朱天王が咲いてくれました。無銘品よりずっと色が濃いようです。

朱天王
別アングルから。美しいです。
その他蘭 | comments (0) | trackbacks (0)

「玉金剛」

玉金剛
(2007/7/8撮影)
富貴蘭(フウランの銘品)の「玉金剛」です。

豆葉(葉の小さいもの)、天咲(上を向いて咲く)が特徴で、よく普及しています。
他のフウランに比べると葉の長さは半分ほどです。小さいながら株元がよく締まって丈夫そうで好ましいです。
その他蘭 | comments (0) | trackbacks (0)

ダーウィナラ・チャーム「ブルースター」

ブルースター0928
(2006/0928撮影)
ダーウィナラ・チャーム「ブルースター」 Darwinara Charm 'Blue Star' です。
5年ほど前に趣味の園芸テキストで見て欲しくなり、ちょうどカタログで案内されていた広島農園さんに注文しました。

ブルースター0915
(つぼみがあがってきたところ。2006/0915撮影)
はじめは鉢植えにして棚下に置いていましたがあまり元気がなく、次にフウランと同じようにイヌマキの木に吊るしましたが明るい場所だと葉が日焼けを起こします。
少し暗めのところに吊るすようにしたら元気になって株が充実してきました。

ブルースター0925
(2006/0925撮影)
昨年も秋遅くにつぼみをつけたのですがちいさなつぼみで、咲く前にしおれて落ちてしまいました。
今年は大丈夫だろうかと気がもめました。

ブルースター0927
(2006/0927)
花はフウランより大きいです。このランは交配種で、フウランと、バスコスティリス(Vascostylis)のかけあわせだそうです。バスコスティリスというのが、バンダ(Vanda)とアスコセントラム(Ascocentrum)とリンコスティリス(Rhynchostylis)の三元交配なのだそうで、つまり4種のランを親に持つということになるようです。

花には香りがあるということだったので何度か確かめてみました。
咲き始めはほとんど香りません。咲き進んでくるとよい香りがしますがフウランよりも弱い香りのように思いました。
花もちはフウランよりもずっとよいようです。
その他蘭 | comments (0) | trackbacks (0)

赤花のフウラン

赤花フウラン
富貴蘭の品種の中には「朱天王」とか「猩々」などの赤く色づいた花を咲かせるものがあります。
このお花は、奈良県の山添村というところにある「花香房」という施設に付属している売店で購入した無銘品なのですが、はじめはほんのわずか色みがあるのかな?という程度だったのに、だんだん赤い色が増してきて今年はこんな風に咲きました。
もしかすると札落ちの銘品かもしれないですが、名前はともかくとして、とても愛らしい大好きなフウランです。香りもものすごくよいです。
その他蘭 | comments (6) | trackbacks (0)
ブログの紹介とお願い
こそっと時々記事書いています。
コメントを書き込んだにもかかわらず反映されない時は、恐れ入りますがリロード(再読み込み)を試してみてください。
当ブログ内の画像・文章を他に流用することを禁じます。無断でリンクもお断りします。
カテゴリー
アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール
そのほか
recommend
NHK趣味の園芸 育てて楽しむ 山野草のすべて (生活実用シリーズ)

NHK趣味の園芸 育てて楽しむ 山野草のすべて (生活実用シリーズ) | 富澤 正美

実は図書館で借りただけでまだ買ってないのですがこれをひとりの方が書かれたというのがスゴイです。

recommend
最新版 山野草大百科

最新版 山野草大百科 |

ものすごくマニアックなものでなければこの1冊で山野草栽培はOKという感じです。