ぬばたま

昨年秋にヒオウギの記事を書いたのですが、その時に

今はまだ実は青いさく果なので、ぬばたまが現れたらこちらで紹介したいと思います。

と書いたまま、放置していましたので、今日のぬばたまの写真を撮ってみました。

ぬばたま

「烏羽玉」という文字そのままの真っ黒な種子です。
採り播きしてみたらよかったのかもしれませんが、なんとなく風情があるので、冬の間中そのままにしてしまいました。
花壇の花 | comments (0) | trackbacks (0)

ヒオウギ

ヒオウギ
(2006/08/11撮影)
ヒオウギ Belamcanda chinensis です。
昨年の夏の終わりに、明日香の産直市の花苗コーナーで求めました。
てっきり、背丈の低いダルマヒオウギだと思っていたのですが、今年に入り2芽伸びてきたものは図体が大きく、花の茎があがるとヒョロヒョロとのびて60センチほどになり倒伏してしまいました。

ヒオウギ0811
(2006/08/11撮影)
派手な花色は好き嫌いがあるかもしれません。でも私は、ノウゼンカズラに通ずるようなところがあって気に入っています。

ヒオウギ0813
(2006/08/13撮影)
花後は花弁がらせん状にねじれるようです。おもしろいなぁと思って写真に撮りました。

ヒオウギはずっと以前から欲しかったのですが、そのきっかけは30年近く前に発表されたさだまさしの歌です。
「まほろば」という曲に、万葉集の歌を下敷きにした歌詞があります。
歌詞の方は載せられないので元になった歌を下に書きます。

居明かして 君をば待たむ ぬばたまの 我が黒髪に 霜は降るとも

これは仁徳天皇の皇后である磐媛(いわのひめ)の歌とされています。

「ぬばたま」というのは枕詞で「夜」「黒」などの言葉にかかる…というのは古典の授業のようですが、その「ぬばたま」がヒオウギの種子…というのもいまさらくどくどしく書くのも変ですね。

私は「まほろば」という歌がすごく好きで、発表の前の年に修学旅行で奈良を訪れてとても好きになり、発表の年には思いがけず奈良に住むことになって、とても因縁を感じていました。
歌に出てきた飛火野や馬酔木の森を歩きたくて、片道2時間半もかけて奈良へ行き散策したりもしました。
後にすぐ近くの大学に通い、今住んでいるところもまた磐媛の出身氏族の名のついたところで、さだまさしへの熱は冷めてもやはり「まほろば」が好きで、だから黒髪のように黒いぬばたまも手元で見てみたいなとずっと思ってきました。

今はまだ実は青いさく果なので、ぬばたまが現れたらこちらで紹介したいと思います。
花壇の花 | comments (0) | trackbacks (0)

源平小菊

エリゲロン
源平小菊 Erigeron karvinskianus です。
ぺらぺら嫁菜という名前もあるのですね。エリゲロンという名前で売られていることが多いです。

日陰の湿った庭ではどうだろうかと思いながら、キク科の小さいお花が好きなので買ってきて植えてみたのですが、この植物は本当に旺盛な性質のようで、他所で見るよりはヒョロヒョロしながらもいつのまにかものすごい大株になり花壇を占領してしまったので、それは1度抜いてしまったのでした。
しかし、敷き砂利の上や鉢花の鉢でいつの間にか大量の子苗ができていて、またあふれるように咲くようになってしまいました。

エリゲロン
同じエリゲロンの、ヒメジョオンもハルジオンも大好きな花です。彼らと同じ強さも、ちょっと困るけれど大好きです。
花壇の花 | comments (4) | trackbacks (0)

白花シラン

白花シラン
シラン Bletilla striata の白花種です。
ずっと以前、生協のカタログで購入して、実家に植えたのですが、その後実家から分けてもらいました。
実家では、庭の模様替えをして全部引っこ抜いてしまったようで、この株は生き残りになりました。

和室の北側に小さな花壇を作ってあるのですが、白い花が暗い花壇を明るくしてくれています。

白花シラン
横顔。

玄関横には普通のシランも植えてあります。
シラン
こちらは団地に住んでいた頃から鉢植えしていたものを地下ろししたもので、もう15年のお付き合いです。
花壇の花 | comments (0) | trackbacks (0)

斑入りツワブキ

ツワブキ
斑入りのツワブキ Farfugium japonicum です。
「浮雲」という品種でしょうか?近所のホームセンターで購入しました。
父親が園芸好きだったのですが、ベランダにおいてある手づくりの簡易温室で斑入りのツワブキを育てていて、まだ幼児だった私に「これを触るとフランケンシュタインになっちゃうぞ」と警告を発してから、トラウマになってしまったようでどうにも好きになれない植物だったのですが、日陰の庭を持つ身になってからはツワブキを避けて通れなくなりました。
半日陰や明るい日陰で、花の少ないこの時期に明るく咲いてくれる植物は、やはり貴重な存在です。
花壇の花 | comments (0) | trackbacks (0)
ブログの紹介とお願い
こそっと時々記事書いています。
コメントを書き込んだにもかかわらず反映されない時は、恐れ入りますがリロード(再読み込み)を試してみてください。
当ブログ内の画像・文章を他に流用することを禁じます。無断でリンクもお断りします。
カテゴリー
アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール
そのほか
recommend
NHK趣味の園芸 育てて楽しむ 山野草のすべて (生活実用シリーズ)

NHK趣味の園芸 育てて楽しむ 山野草のすべて (生活実用シリーズ) | 富澤 正美

実は図書館で借りただけでまだ買ってないのですがこれをひとりの方が書かれたというのがスゴイです。

recommend
最新版 山野草大百科

最新版 山野草大百科 |

ものすごくマニアックなものでなければこの1冊で山野草栽培はOKという感じです。