ボタンヅル

ボタンヅル
(2007/9/9撮影)
ボタンヅル Clematis apiifolia (キンポウゲ科)です。

これは、お山に行ったときにさし穂を20センチほどいただいてきて挿し木して育てました。
発根する力がとても強いようで、木質化するつるが垂れ下がり地面に着くとそこから根が出るほどです。

鉢植えにしていたものですが、行灯仕立ての支柱ではおさまりきれず、そばにあったキンモクセイの木に這い登り、そこで花を咲かせたのが4年ほど前だったでしょうか。けれど鉢植えのままではあんまりなので一旦つるを根ぎわで切って、鉢を割って根鉢を取り出し、鉢のおいてあったそばの花壇に植え込みました。
昨年にはすでにキンモクセイの樹冠をつるが覆っていたのですが、ハバチの仲間の幼虫(真っ黒いイモムシです)に葉から花芽から全部食われて咲きませんでした。
今年はハバチが発生した時に殺虫剤で駆除したのでどうにか開花にこぎつけました。

ボタンヅル
脚立に登って撮った写真。まだつぼみのほうが多いですが樹冠はすっかりボタンヅルに覆われています。

ボタンヅル
センニンソウのように白くなくてクリーム色、花もひとまわり小ぶりで、しかもかなり大きくならないと咲いてくれないのですが、やっぱりこうして咲いてくれるとうれしい。

ボタンヅル
ガク片(花びらのように見える部分)よりもしべの目立つクレマチスです。
クレマチス | comments (0) | trackbacks (0)

今年のペトリエイ

ペトリエイ
クレマチス・ペトリエイが今年も咲きました。

いつも玄関横の鉄製ガーデンラックの最上段に置いています。すくすくとは育ってくれませんが結構元気にやってくれています。

ペトリエイ
今年はペトリエイは11個花をつけました。去年は何個だったか?いずれにしても2桁は初めてです。

ペトリエイ
花もなんだか大きくなったみたい。

ペトリエイ
数日たって咲き進んできたペトリエイ。
今は支柱も立てず伸ばしっ放しの放置プレイですがこれからは誘引した方がいいのかな?
小さめの鉢に立ててオシャレな支柱があるといいなぁ。
クレマチス | comments (0) | trackbacks (0)

ビチセラ ルブラ

ルブラ
Clematis viticella 'Rubra'
「カーメシーナ」という別名もあるそうです。
ビチセラ系は夏の暑さにも強く、冬の強剪定さえ最低覚えておけばよいので、横着ものの私の庭には向いているようです。

ルブラ1
今年は2階のベランダからネットをたらしたので、いつもの年よりのびのび上に向かって咲いています。
クレマチス | comments (0) | trackbacks (0)

ビチセラ パープレア プレナエレガンス

プレナエレガンス
Clematis viticella 'Purpurea PlenaElegans'
一昨年の春に、「ホームセンターでプレナエレガンスの苗を見つけたのだけど、もう置くところもないし、素通りして帰ってきたー」と夫に話したら、翌日そのホームセンターに行って夫が買ってきてくれました。
やはり置き場所がないので、あっちへウロウロこっちへウロウロ、庭の中を移動させましたが、今年はイヌマキの木の下で落ち着いています。つぼみも我が家にしてはたくさん。

プレナエレガンス1
↑咲き進んだ様子。
クレマチス | comments (2) | trackbacks (0)

「雪小町」

雪小町
我が家のクレマチスのほとんどは、ホームセンターで購入した小さな苗のものなのですが、これは花色にほれ込んで大手種苗会社の通販で購入した最初のクレマチスです。
小さめのお花といい、花型といい、色といい、やっぱり大好きです。
クレマチス | comments (0) | trackbacks (0)
ブログの紹介とお願い
こそっと時々記事書いています。
コメントを書き込んだにもかかわらず反映されない時は、恐れ入りますがリロード(再読み込み)を試してみてください。
当ブログ内の画像・文章を他に流用することを禁じます。無断でリンクもお断りします。
カテゴリー
アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール
そのほか
recommend
NHK趣味の園芸 育てて楽しむ 山野草のすべて (生活実用シリーズ)

NHK趣味の園芸 育てて楽しむ 山野草のすべて (生活実用シリーズ) | 富澤 正美

実は図書館で借りただけでまだ買ってないのですがこれをひとりの方が書かれたというのがスゴイです。

recommend
最新版 山野草大百科

最新版 山野草大百科 |

ものすごくマニアックなものでなければこの1冊で山野草栽培はOKという感じです。