オレンジ色のヘメロカリス

ヘメロカリス
このヘメロカリスも品種名がわかりません。
「花のかわいいヘメロカリス」というシリーズで園芸店に売られていた中で、ベージュピンクの札のついた未開花苗を購入してきたのですが、花がついて咲いてみたらこういう色でした。
今でも種苗会社のカタログでヘメロカリスのページを繰るたび、「ああ、こんな色が欲しかったのに!」と思うのですが、もう鉢をふやせないので、この花には悪いのだけどちょっとうらめしげな目で見てしまいます。
その他鉢花 | comments (6) | trackbacks (0)

赤花のフウラン

赤花フウラン
富貴蘭の品種の中には「朱天王」とか「猩々」などの赤く色づいた花を咲かせるものがあります。
このお花は、奈良県の山添村というところにある「花香房」という施設に付属している売店で購入した無銘品なのですが、はじめはほんのわずか色みがあるのかな?という程度だったのに、だんだん赤い色が増してきて今年はこんな風に咲きました。
もしかすると札落ちの銘品かもしれないですが、名前はともかくとして、とても愛らしい大好きなフウランです。香りもものすごくよいです。
その他蘭 | comments (6) | trackbacks (0)

カンナ「ペルケオ」

カンナ「ペルケオ」
Canna sp.
「ペルケオ」というのを検索してみたら「大酒のみだった道化師」というのと「小人という意味のカメラ」のふたつに行き当たりましたが、このカンナの品種名がどちらを由来にしているのかわかりません。
薄黄色の縁取りのあるカーマインレッドのにぎやかしい花なので、道化師というのも似合っているし、ミニチュアカンナなので小人といってもよさそう。
その他鉢花 | comments (0) | trackbacks (0)

キキョウ

キキョウ
Platycodon grandiflorum
ごまのはぐさのこまごまことのはさんに、「小町桔梗」のかわいらしげなお写真が取り上げられているのを見て、そういえば我が家にもキキョウが咲いていたなぁと思い出しました。
ユリや、伸び盛りのフジバカマに隠れてしまっているので、いつも徒長気味で、どこかに寄りかかって咲いている、ちょっとかわいそうな我が家のキキョウです。
花壇の花 | comments (4) | trackbacks (1)

「ニッポン」

ニッポン
オリエンタルハイブリッドのユリが咲き始めました。
「オリエンタルハイブリッド」というのは、日本固有の種である、ヤマユリ・カノコユリ・ササユリ・オトメユリ・タモトユリなどの原種ユリを親にした交配種群を指し、「ジャパニーズハイブリッド」とも呼ばれます。
この「ニッポン」はヤマユリより少し小ぶりの花を咲かせますが、ウィルス耐病性の低いオリエンタルハイブリッドの中ではかなり丈夫な品種で、我が家ではもう10年以上栽培しています。
カサブランカのように純白ではないですが、原種に近い味わいがあり、大好きな品種です。
ユリ | comments (2) | trackbacks (0)
ブログの紹介とお願い
こそっと時々記事書いています。
コメントを書き込んだにもかかわらず反映されない時は、恐れ入りますがリロード(再読み込み)を試してみてください。
当ブログ内の画像・文章を他に流用することを禁じます。無断でリンクもお断りします。
カテゴリー
アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール
そのほか
recommend
NHK趣味の園芸 育てて楽しむ 山野草のすべて (生活実用シリーズ)

NHK趣味の園芸 育てて楽しむ 山野草のすべて (生活実用シリーズ) | 富澤 正美

実は図書館で借りただけでまだ買ってないのですがこれをひとりの方が書かれたというのがスゴイです。

recommend
最新版 山野草大百科

最新版 山野草大百科 |

ものすごくマニアックなものでなければこの1冊で山野草栽培はOKという感じです。