ムクゲ「カーネーションブルー」

カーネーションブルー
Hibiscus syriacus cv.
札には「カーネーションブルー」と書かれてあったのですが、「紫玉」という品種に非常によく似ています。

ムクゲの八重咲は多いですが、そのほとんどが「唐子咲(セミダブル)」と言うべき、本来の花弁と弁化した部分との区別の容易なものです。
この品種はフルダブルで、しかも花の色が青に近く、とても特徴的です。

花は普通のムクゲよりも小ぶりになります。花つきはよく、また枝が上によく伸びる性質のようです。水切れに極端に弱いのでつぼみが落ちやすく、盛夏よりも秋口によく花を咲かせます。
その他鉢花 | comments (5) | trackbacks (0)

記事の穴埋めに

…庭仕事の記録をつけることにしました。

ちゅらビンカ

・先週水曜日に大阪の国華園に行って、いろいろ苗を買ってきました。
買ったのは
アガベ「吹上」?
アガベ(名なしさん)
クラッスラ「神刀」(以前持っていたけれど枯らしました)
アロエ「翡翠殿」(これも以前枯らしました)
クラッスラ(muscosa?若緑や青鎖竜に似たもの)
富貴蘭「玉金剛」「大波青海」

・木曜日に多肉を鉢植えして、富貴蘭をワイヤーでイヌマキの木の下に吊るしました。クレマチスの誘引のヒモが切れてしまったので結びなおしました。
西吉野のサトー山草園で、斑入りのイカリソウ1株を買いました。
また、100円処分品の
タカサゴユリ
ネジバナ
エゾエンゴサク
シモバシラ
ギボウシ「佐渡覆輪」↓
ギボウシ佐渡覆輪
を買いました。

・金曜日〜日曜日、雨で水遣りをしないで済む日が多かったです。

・月曜日、100円ショップに「レデボウリア・ソシアリス」が売られていたので買ってきました。球根が水切れでシワシワでした。鉢に植え込みしました。
(これも以前大株を持っていたのに枯らしました)

24日〜30日の予定。

・台風がくるので対策。
・台風が去ったらオキザリスの休眠鉢を出してくる。
・秋の雪割草植え替えの用土をそろそろ用意。
・ベランダにおいてある多肉の植え替え。
庭仕事 | comments (2) | trackbacks (0)

ガステリア「臥牛」

臥牛
Gasteria armstrongii
ユリ科の多肉植物です。
これも、下のアガベと同じ、趣味家の方に分けていただいたものです。

横臥する牛というよりは、牛タンのかたまりみたいな葉っぱです。
臥牛

なかなかうまく開いてくれないのですが、初夏頃花茎をあげます。
臥牛
(↑の写真は2001年7月のもの)
多肉植物 | comments (6) | trackbacks (0)

アガベ「笹の雪深覆輪」?

アガベ笹の雪深覆輪
Agave sp.
これは、多肉植物と親しむようになったばかりの頃、趣味家の方に芽をわけていただいたものです。「笹の雪深覆輪」の名もつけていただいた札によるものです。

アガベ笹の雪深覆輪
ふつう、「笹の雪」という種類のアガベは、同形の葉が放射状に整然と出て、しかも、葉に白い線模様があるものなのですが、この株は葉の長さもまちまちですし、線模様もありません。
育て方が悪いのかな。。
多肉植物 | comments (0) | trackbacks (0)

アデニア・グラウカ

アデニア・グラウカ
Adenia glauca
トケイソウ科の多肉植物です。「幻蝶蔓」という和名もあります。

お手手のように開いた葉がとってもかわいい。
アデニア・グラウカ
本当はツルになるようなのですが、我が家のものはずっと水が辛めだったせいか、あまり伸びていません。
この夏は少し水遣りを増やしているので生育がいいです。

根元はトックリ状に太ります。
アデニア・グラウカ
この株は、千葉にお住まいの花友の方が分けてくださったものです。病気で世話ができなかったときもこれだけは大事にしていました。
多肉植物 | comments (2) | trackbacks (0)
ブログの紹介とお願い
こそっと時々記事書いています。
コメントを書き込んだにもかかわらず反映されない時は、恐れ入りますがリロード(再読み込み)を試してみてください。
当ブログ内の画像・文章を他に流用することを禁じます。無断でリンクもお断りします。
カテゴリー
アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール
そのほか
recommend
NHK趣味の園芸 育てて楽しむ 山野草のすべて (生活実用シリーズ)

NHK趣味の園芸 育てて楽しむ 山野草のすべて (生活実用シリーズ) | 富澤 正美

実は図書館で借りただけでまだ買ってないのですがこれをひとりの方が書かれたというのがスゴイです。

recommend
最新版 山野草大百科

最新版 山野草大百科 |

ものすごくマニアックなものでなければこの1冊で山野草栽培はOKという感じです。