すみれちゃんたち

一時期、スミレを集めようかな、と思ったこともありました。
スミレは園芸店で見るととてもかわいくて欲しくなります。
今年も、ホームセンターで売られていた八重のスミレ(種類ははっきり覚えていないけれどもノジスミレの八重だったかな?)の紫花と白花に食指が動きそうになりましたが、手をグーにしてその場をしのぎました。
スミレはかわいいけれども、ときどき悪魔にもなるし、悪魔にならないようなヒトは維持が大変だし、他に手のかかる植物を栽培しているうちは、あんまり手を出さない方がいい、というのが私の戒めです。

「悪魔じゃないスミレ」はいつしか絶えてしまいましたが、「悪魔なスミレ」は今も庭のあちこちでサバトを開いています。
今はイカリソウや雪割草の実生のポットや、クレマチスやバラの鉢や、敷き砂利の上にさえ、一見雪割草のカイワレ芽にも似た双葉が顔を出し、そろそろ本葉を出しつつあります。
丸いのは一番の悪魔ソロリア・フレックルス。切れ込みの入った悪魔は紅花南山スミレ。ひょろ長い本葉のものもあるのですがこれは誰かな?

私は実生ポットに出たスミレは雑草と思って引っこ抜いてしまうのですが、我が家にはスミレを妙に愛する輩がいて、自分の大事なイカリソウのポットに生えてきたスミレをそのまま育てていたりするのです。
そしてちょっと大きくなってきたりすると、いつの間にか鉢植えにしてあったりします。
そんなことをしなくてもそばかす悪魔軍団は、あなたの大事なシーベリーの木の根元を覆い尽くしていると言うのに。

ベニバナナンザン
↑元雪割草花壇(今はホトトギスとギンバイソウが植えられています)の紅花南山スミレ。

フレックルス
↑夫が鉢植えにしたフレックルス。

都吹雪の子孫
↑夫が鉢植えにした「都吹雪」の子孫。

?
↑放置していたビニールポットから生えてきたナゾすみれ(都吹雪の斑の抜けたもの?)。

?
↑タイツリソウ「ゴールドハート」の鉢に生えているナゾすみれ。
距は丸くて短く、側弁に毛が生えていて、葉は長くて葉身の根元でくびれていますが翼はありません。
庭つれづれ | comments (2) | trackbacks (0)

「春乙女」

春乙女
トライアンフ系チューリップ「春乙女」です。

カフェ・ノワール」と一緒に近所の園芸店で球根を求めました。
入れものの紙ラベルの写真を見るとベタなピンクだったのですが、茎が黒味を帯びた色に染まっている様に惹かれました。

つぼみが上がるにつれて、想像していた通りの茎の色でワクワクしました。

春乙女
咲いてみると背丈もそんなに高くなく、少し外側に開いたようになる花弁の上端も可愛らしく、色は甘さを抑えた紫がかったピンクで、「カフェ・ノワール」と一緒に植えるのにうってつけでした。

春乙女
花の中は黄色で、外見にそぐわないようなところがまた意外です。

春乙女
盛りを迎えた様子。
チューリップ | comments (0) | trackbacks (0)

だれ気味

パゴダ
×です。バッテンです。
(お花は、エリスロニウム「パゴダ」)

雪割草のころは忙しく、毎日毎日庭仕事ばかりしてきたのですが、雪割草が一段落したので、どうも気が抜けて、庭にいる時間が短くなってしまいました。
なんだか寒い日があったり雨の降る日があったりするのも元気を奪います。

ここで気を抜くと、雪割草の肥培がおろそかになったり、葉枯れが出たりとよくないことがたくさんあるのに…

ついつい読書に没頭してしまう自分をまた園芸モードに引き戻さないと。

ニオイバンマツリ
↑ニオイバンマツリに実がつきました。初めて。種子を採って蒔いたら出るのかな?

メレアグリス
↑フリチラリア・メレアグリスも咲いています。ちゃんと維持できてうれしい。

タイリンエンレイソウ
↑今年は4輪咲いてくれそうなタイリンエンレイソウ。

ハルオコシ
↑ハルオコシ。白と緑なのに派手なところが大好き。

モロッコナズナ
↑モロッコナズナ。ツメクサ(ナデシコ科)がなぜか同居しているので、苔玉っぽくなっていてなかなか自慢の鉢です。

ゴールドレース
↑ゴールドレース、たわわに咲いています。
庭つれづれ | comments (0) | trackbacks (0)

「カフェノワール」

カフェノワール
チューリップ「カフェノワール」です。

昨年、富山にチューリップを見に出かけたおともだちがカタログをプレゼントしてくださって、そこに掲載されていました。
それに前後して、ネットの通販?でも名前を見たような覚えがあります。
黒いチューリップは大好きで、このブログにも「ブラックパーロット」や「ブラックヒーロー」を紹介していますが、ちょっとボリュームある黒いチューリップに飽きてきたところだったので、今度は「カフェノワール」!と決めていました。

ところがなんとなく昨年秋は球根類を注文するチャンスがなくて、チューリップも無しかな?と考えていたところ、近所の園芸店でカフェノワールを発見しました。それも、10球480円というお値打ち価格。すかさず購入しました。

カフェノワール
「クインオブナイト」と比べてどのくらい黒いのかわかりませんが花がスリムな感じなのがとても気に入っています。
チューリップ | comments (0) | trackbacks (0)

ミツバツチグリ

ミツバツチグリ
ミツバツチグリ Potentilla freyniana です。
一昨年、「ごまのはぐさのこまごまことのは」のごまのはぐささんにいただいたタネを蒔いて育てました。

最初実生床からポットあげした時に、山草用のガラガラした用土で素焼き鉢に植えたのですが、どうも乾きすぎるのを嫌がるようなので、チューリップを植えていた長いテラコッタのコンテナに鉢ごと入れたところ、ちょうどよい湿り加減になったのか、ランナーを延ばして機嫌よさそうに育っています。

よく拡がるのでグラウンドカバーに使ったりするのもいいんじゃないのかなと思いました。

ミツバツチグリ
まだまだつぼみがいっぱいなので花盛りになるのが楽しみです。
その他山野草 | comments (0) | trackbacks (0)
ブログの紹介とお願い
こそっと時々記事書いています。
コメントを書き込んだにもかかわらず反映されない時は、恐れ入りますがリロード(再読み込み)を試してみてください。
当ブログ内の画像・文章を他に流用することを禁じます。無断でリンクもお断りします。
カテゴリー
アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール
そのほか
recommend
NHK趣味の園芸 育てて楽しむ 山野草のすべて (生活実用シリーズ)

NHK趣味の園芸 育てて楽しむ 山野草のすべて (生活実用シリーズ) | 富澤 正美

実は図書館で借りただけでまだ買ってないのですがこれをひとりの方が書かれたというのがスゴイです。

recommend
最新版 山野草大百科

最新版 山野草大百科 |

ものすごくマニアックなものでなければこの1冊で山野草栽培はOKという感じです。