やっと

踊子
雪割草の第一花が咲きました。地際にへばりついて茎は伸びていませんが「踊子」です。
毎年なら一番最初は「若菜F」です。ちょっと出遅れて明後日くらいには咲いてくれるかな?

明日もまた雪の予報、こんなにつらい冬はこの家に来て初めてですし、雪割草の葉も寒さ焼けで赤黒いですが、明後日からは気温も上がってくるかな?

ニゲル
ヘレボルスはこのニゲルと、「ダブルファンタジー」と、アーグチフォリウスだけ咲いています。

バイカオウレン
植え替えのおかげかバイカオウレンはいっぱい花をつけてくれました。

金曜日は京都府立植物園で「春を告げる植物展」があります。
家がさらにビンボーになってしまったので、もうこれからは展示会なども行けなくなりそうですが、家にあるお花を出来るだけかわいがりたいと思います。
あ、でも、来週の生駒での雪割草展示会は近いから行ってみようかな?小菅さんのお花が見られるのも楽しみだし。。
庭つれづれ | comments (0) | trackbacks (0)

今年は特に春が遠いような気がします

今日は奈良は11センチも積もる大雪になりました。
今年はなんだかとても寒くて、いつもならもう雪割草がだいぶ咲いているのにまだ一輪も花を見せてくれませんし、ヘレボルスも途中まで花茎を伸ばして後停滞しています。

紅すだれセルフ
↑紅すだれセルフ。これは1月28日の写真ですが、今日になっても全く変わらずです。

姫ラッキョウ
「姫ラッキョウ」という名で購入したナゾのラッキョウですが3ヶ月かけてやっと咲きました。遅すぎます。

スクテラリア
毎年真冬に裏の花壇でひっそりかつ大胆に咲いているスクテラリア。

東の光
いい加減大株なのにいつまでも花がつかなかった日本春蘭「東の光」にやっと花芽があがりました。
赤花だからそろそろ帽子を作ってかぶせないと…

ああ、春が待ち遠しいです。
庭つれづれ | comments (0) | trackbacks (0)

寒蘭「豊雪」

豊雪
4年ほど前に、ネットの分譲サイトで手に入れた1条の「豊雪」が初めて咲きました。

「豊雪」は、寒蘭に詳しい人なら誰でも知っている名花です。
西谷産土佐寒蘭で雪のように白い素心花です。

夫が寒蘭に興味を持った20年ほど前には、ン十万円の値段のついていた品種です。
それが、1条の株ながら1万円を切る値段で買えるようになるとは、昔のことを考えると信じられません。

我が家は相変わらずの下手の蘭好きなので、栽培技術はちっとも向上していないのですが、この豊雪は毎年1条ずつ殖えてきてまた草勢も大変よいのです。
先ほどネットで検索してみたら、この丈夫な性質のために値崩れしたらしき記述があり、趣味家の方には残念なことかもしれませんが、私たちには丈夫なこの品種はありがたい限りです。

本来なら花茎にいくつもの花がつくはずのものなのですが、やっとふたつついただけでした。それでもとってもうれしい!
展示場でしか見られなかった豊雪が家で見られるのですから。

花芽を確認したのは昨年9月頃でしたが、花茎が伸びたのは11月も終わりになってからでした。

豊雪
↑昨年12月8日の様子。

豊雪
↑12月31日の様子。

豊雪
↑1月9日にようやく咲きました。

寒い季節になってしまったので気温が10度を超えるような日以外は香りが楽しめなかったのが残念です。

今年の秋もまた花に会えますように。
東洋蘭 | comments (8) | trackbacks (0)
ブログの紹介とお願い
こそっと時々記事書いています。
コメントを書き込んだにもかかわらず反映されない時は、恐れ入りますがリロード(再読み込み)を試してみてください。
当ブログ内の画像・文章を他に流用することを禁じます。無断でリンクもお断りします。
カテゴリー
アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール
そのほか
recommend
NHK趣味の園芸 育てて楽しむ 山野草のすべて (生活実用シリーズ)

NHK趣味の園芸 育てて楽しむ 山野草のすべて (生活実用シリーズ) | 富澤 正美

実は図書館で借りただけでまだ買ってないのですがこれをひとりの方が書かれたというのがスゴイです。

recommend
最新版 山野草大百科

最新版 山野草大百科 |

ものすごくマニアックなものでなければこの1冊で山野草栽培はOKという感じです。