とりこぼし

毎日毎日雪割草の世話にかまけているので、いろんなことがお留守になってしまいます。
我が家でこの時期に咲く花は一年中で一番多いのに、咲いているのを愛でる暇もなく、写真にも撮ることができないで、ただただ雪割草の植え替えと古葉花茎切りで日暮しでは、他のお花には済まない事だなぁという思いになります。

ヘレボルスも今年も全部合計で200輪以上の花を咲かせてくれましたが写真に撮ったのは一部。
来シーズンはもっと余裕を持って庭を楽しめたらいいのになぁ。

合間に撮った写真をご紹介。

ヴィリディス
株分けしてみたヘレボルス・ヴィリディスです。元気そうなきれいな花を咲かせてくれました。
最近はヘレボルスも原種が流行りつつあるのだそうですね。ウチには原種が多いですから、それを聞いた時「えっへん、時代の先取り」と一瞬思いましたが、先取りしすぎているとむしろハズしていると言えるのかも。

シビリカ青
植えっぱなしのシラー・シビリカです。

シビリカ白
こちらは白のシビリカ。

ベルシコロル
オキザリス・ベルシコロル。本家の鉢植えのものはダメにしてしまったのに球根がこぼれていたのか地べたから生えてきました。

ウグイスカグラ
去年1つだけ咲いたウグイスカグラ、今年はいっぱい咲きました。実がなるかな?
庭つれづれ | comments (0) | trackbacks (0)

雪割草にまつわるアレコレ

以下はきれいな雪割草のお花の写真は一切ありません。

貝割れ咲く
2006年に蒔いたタネからひとつだけ花が咲きました。実生2年目で花を咲かせたのは初めてです。
この育苗プランターは去年の4月にジベレリンを2回散布して、6月いっぱいまで水代わりに2000倍観葉液肥をあげていました。
段咲F1セルフだったので標準花のこのお花は処分しました。せっかく咲いてくれたけれど…

最後の花
いつも拝見している彩の華日記さんに「最後の花・・・」という記事があって、私の家の雪割草にはまだ見たことのない現象だったので、そういうこともあるのだなぁ、と、読んでいたのですが、昨日ふと、あまり調子のよくない三段♀「髭武者F1」を見ていたら、なんと真ん中の止めの芽のあるべきところに蕾がありました。
この株もこれで枯れてしまうのかなぁ。手に入れてからまだちゃんと交配の結果が出ていないのです。

日光浴
ポット苗の日光浴の一部。

日光浴
花が終わって古葉と花茎を切った鉢の日光浴場。

わが庭は日陰の庭なので、雪割草の新葉をしっかり育てるために4月いっぱい場所移動して日光浴をさせています。

タネとり
玄関の窓辺は今年も特製ドリンク漬けのタネ置き場です。
雪割草 | comments (2) | trackbacks (0)

召しませ花を

by岡晴夫(と書いてもわからない方が多いでしょう…)。

無銘
無銘の標準花。花付きがよくて花が大きめなので、淡い色ながらいつもにぎやかな鉢になります。

手まり
標準花「手まり」。

宴似
家で「宴似」と呼んでいる無銘二段。今年はこの株の子どもや孫がいっぱい咲いてくれてどれもとてもかわいい段咲なので存分に楽しませてもらっています。

夕鶴
先日もUPした千重咲「夕鶴」。

春暁
青軸サーモン標準花「春暁」。これもおともだちに分けていただいたもの。
雪割草 | comments (0) | trackbacks (0)

ピアナン

ピアナン
ピアナンです。

ホームセンターで3年ほど前に購入し、昨シーズンも花芽をもちましたが途中で黒くなってしおれてしまいました。水遣りがまずかったのかな?
今シーズンも花芽が上がり無事開花しました。

昔、団地に住んでいた時にも、デパートで購入したピアナンを持っていて、毎年よい香りの花を咲かせていたのですが、何かの拍子に枯らしてしまいました。(枯らしてばっかりです。。orz

ピアナン
おともだちのところのピアナンはものすごくたくさんの花を上げていてすばらしい。我が家もあやかりたいです。
東洋蘭 | comments (0) | trackbacks (0)

日本春蘭「東の光」

東の光
日本春蘭の「東の光」です。

色だしのアルミキャップをかぶせなかったので色が濁っていますし、何か虫にかじられたようで傷がついていますが、我が家で初めて咲いた赤花の日本春蘭です。

日本春蘭は、寒蘭や中国春蘭とは違って、赤花や朱金花のあるところが魅力だと思います。
夫も団地住まいの20年位前から何度か安価な赤花の日本春蘭を手に入れて栽培していたのですが、ズボラなのと、団地の最上階という劣悪な環境が災いして、手に入れる度枯らしていました。
この「東の光」は、現在の家に引っ越してきてから育て始めたものです。

東の光
かなりの大株で、十何条かあるのですが、花はこれひとつだけ。
いくつも花が上がるようになるのはいつのことでしょう。
東洋蘭 | comments (0) | trackbacks (0)
ブログの紹介とお願い
こそっと時々記事書いています。
コメントを書き込んだにもかかわらず反映されない時は、恐れ入りますがリロード(再読み込み)を試してみてください。
当ブログ内の画像・文章を他に流用することを禁じます。無断でリンクもお断りします。
カテゴリー
アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール
そのほか
recommend
NHK趣味の園芸 育てて楽しむ 山野草のすべて (生活実用シリーズ)

NHK趣味の園芸 育てて楽しむ 山野草のすべて (生活実用シリーズ) | 富澤 正美

実は図書館で借りただけでまだ買ってないのですがこれをひとりの方が書かれたというのがスゴイです。

recommend
最新版 山野草大百科

最新版 山野草大百科 |

ものすごくマニアックなものでなければこの1冊で山野草栽培はOKという感じです。