ユリはネコに毒?

とある方のブログに、ユリの花粉がネコに毒になる、という記事がありました。
さっそくググってみるとたくさんのページにヒットしたのですが、どれも基本的に書かれていることは同じです。
asahi.com(朝日新聞社):きれいなユリ 猫には猛毒 - 関西

ただ、最初に拝見したブログでは、この毒はイヌや人間の場合排出されるので問題がないとか。

私はこの毒がいったいどんな毒で、ネコの体にどんな作用を及ぼすのかが知りたかったのですが、それについてはなぜかはっきりしません。
たとえば、同じユリ科(最近の分類では違うのかな?)のネギ類に含まれる「硫化アリル」とか、チョコレートに含まれている「テオブロミン」とかのように、毒の名前とその毒がイヌ・ネコの生理にどういうふうに作用して健康を損ねるのかを私は知りたいのですが、それについて深く突っ込んだ記事などはなく、とにかく「ネコのいる家はユリを排除せよ」ということなのです。

ひとつ見つけたブログがありました。

愛犬の健康と介護 ユリは特に猫、犬にも大変危険です。

こちらのブログでは
ユリはコルヒチンやその他のアルカロイド類など植物毒を有しており、花、茎、葉、球根、すべての部分が犬や猫に対して危険です。
とあります。
ん〜?
私は知らなかったのですが、コルヒチンはユリ属の植物体に含まれるものなのでしょうか?
もしそうだとしたら人間にも非常に危ないです。百合根の白蒸しなんか絶対に食べたらいけません。
記事によってはヘメロカリスも同じ毒をもつとされているようなのですが、山菜のカンゾウの酢味噌和えも中華料理の金針菜(いわゆる百合の花)のスープも飲んではいけないです。


私は薬理学を勉強したわけでもないし獣医でもないですので、ある毒がユリにあり、それがネコだけに作用するということがありえないと考えているのではないのですが、この話題には不確実なものがかなり含まれているという気がします。
もしどなたか、ユリ属およびカンゾウキスゲ属がもつネコの健康を害する毒成分の名前とその作用機序をご存知なら、薬理学も獣医学も皆目わからない無知な私にもわかるように教えていただけたらと思います。

そうそう、大好きなササユリのために弁明。
一番危険だとあちこちで記されているテッポウユリ亜属にササユリを含めて記述していらっしゃる人がいますが、今の分類ではササユリはアルケリリオン節(亜属)でヤマユリにより近い種と考えられています。

それから私のために弁明。
ウチの庭にユリがたくさん咲いているのはネコ殺しが目的では断じてありません。そりゃフンガイにはフンガイですけれど。

〔追記〕
第6回 猫の飼い主さん注目 ! ユリ中毒
↑こういうページがあったのですが、
ユリ科の植物をできる限り家の中に持ち込まないようにし、家の外に生えているユリ科の植物にも気を配っておきましょう。

…とはいっても、ある植物がユリ科かそうでないかということを見極められる目というのはそんな簡単に身にはつかないんじゃないかと思うのですが。。
世の中には植物なんてまるで興味ないという人も少なくないですし。

〔追記2〕
そもそも、毒が何の成分かわからないのに、どうして、「人やイヌは排出する」とわかるのか、それがわからない…(悶々…)
庭つれづれ | comments (0) | -

5ヶ月

110811.jpg

blog1000flowers

黙祷。
#1000flowers | comments (0) | -

古々々々・・・・・・・・・・・・・・・・・・・米?

110808.jpg

blog1000flowers

古米、古古米を買い求めている人が増えていると聞きます。近所の生協でも奈良県産のお米がみな売り切れていました。
原発事故で放射能汚染された地域だけでなく、宮城の大きな穀倉地帯も津波で大きな被害を受け、先日の豪雨で新潟の多くの地域で今年の収穫がだめになったので、米不足の心配がささやかれています。

古米を買い漁る人にはそれぞれ事情があるのかもしれませんが、なんだか浅ましく思えてしまいます。自分だけは免れてそれで済むでしょうか?この国の耕作地にさまざまな放射性物質が降り積もったままでは、所詮その努力は焼け石に水で、遠からず汚染された米を食べなければならないことになるでしょう。
2010年以前産米が永久にあるはずもないのですから。

徹底したモニタリングをして耕作地の除染をすすめ、収穫物の検査も徹底し、そして一番肝心なことだけれども、今の非常にユルすぎる基準値を見直してせめて欧米並みにまで引き下げて市場に出回る食品への信頼を確立する必要があるんじゃないでしょうか??

安易に忌避するだけで根本を正す働きかけをしないままでは、結局自分の身は守れないのじゃないかと思います。
それもやっぱり誰かの思う壺なんでしょう。
#1000flowers | comments (0) | -

乖離

110802.jpg

blog1000flowers

夕方の関西ローカルの情報番組を見ていたら、昨日明らかになった福島第一の10sv/hの放射線量のことに触れて、司会者が「まだ収束してへんのんかいな?」とつぶやいていました。

放出された放射性物質が雲のようになって広範囲に拡散し、また汚染水になって垂れ流され、検出がたやすいセシウムだけでもいたるところで測定されていて、セシウム137の半減期は約30年なのだからそれだけでも収束なんてあるはずがない。
循環冷却が始まったと言っても底の抜けた釜の穴を塞げたわけじゃないし、外でも10sv/hなのにどうやってメルトスルーを止めるのか。

関心を持ってみている者には収束は途方のない夢のようなものだという思いがあるはずですが、そうでない人たちにはもう終わりつつある事故処理のように捉えられているのだと思うと、この地球規模の危機に狭い国に住むもの同士が心を一にしてあたることもできないのかと暗い気持ちになります。

いえ、それも誰かの望むことなのかもしれませんが。
#1000flowers | comments (0) | -

ここはどこ?

110730.jpg

blog1000flowers

下のリンク先には、非常にショッキングな、生き物の死骸などの画像などがあります。※

アルピニスト・野口健のブログ「福島第一原発、20キロ圏内の世界」

このブログ内の画像を見て、これが2011年の日本なのか!?と驚愕しました。
わかっているつもりで全然、これっぽっちもわかっていないことに気づきました。

こんな地獄絵図は66年前にはあったでしょうし、それ以前の日本でもたびたびあったでしょうし、日本でないどこかでも現実に進行中の状況でしょうが、それと同じに私と地つながりの福島で起こっていることとは…

いつもこの国の未熟さに嘆いてきたけれど、それでも自分のうちにこの国を秩序のある豊かな国だと考えていた部分があったことに気づいて呆然としています。

こんな有様に手をつけられず放置するしかないなんて、この国は戦争中にも等しいし、中世に逆行したにも等しいし、とてもGDPを競ってきた国には思えない。

…むしろ、これからはそういう時代を生きていくという覚悟が求められるのかもしれません。
#1000flowers | comments (0) | -
ブログの紹介とお願い
こそっと時々記事書いています。
コメントを書き込んだにもかかわらず反映されない時は、恐れ入りますがリロード(再読み込み)を試してみてください。
当ブログ内の画像・文章を他に流用することを禁じます。無断でリンクもお断りします。
カテゴリー
アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール
そのほか
recommend
NHK趣味の園芸 育てて楽しむ 山野草のすべて (生活実用シリーズ)

NHK趣味の園芸 育てて楽しむ 山野草のすべて (生活実用シリーズ) | 富澤 正美

実は図書館で借りただけでまだ買ってないのですがこれをひとりの方が書かれたというのがスゴイです。

recommend
最新版 山野草大百科

最新版 山野草大百科 |

ものすごくマニアックなものでなければこの1冊で山野草栽培はOKという感じです。