菊をやってみました

この記事で抱負を語っていたのを覚えておられる方はいらっしゃらないと思うが、今年は菊をちゃんと育ててみようと思って、3月ごろ、ショボショボの鉢植え菊に申し訳程度に出てきた冬至芽を掘り取ってポット上げしてみました。
141020.jpg

で、これがしっかり育ってきたので先端をつめて、脇芽の育ったのを5月ごろさし芽しておきました。
(犬の手術などですったもんだしていたもので画像がありませんゴメンナサイ)

それがまた育ったので先端をつめて、また脇芽の伸びたのをさし芽して、8月はじめごろ定植しました。
それが今、きれいに咲いています。
141020a.jpg

141020b.jpg

きれいに咲いてはいるのですが、私は、ポットマムみたいな、鉢の上にまあるくたくさんの花をつけた菊を作りたかったのですが、実際には、
141020c.jpg
こんな感じで下がスカスカ、枝張りも少ないのでした。
もっと早く摘芯しないといけなかったんだ。

141020d.jpg
しかも同じ色のばかり。

家には
141020e.jpg
こんな菊や
141020f.jpg
こんな菊もあるのですが、最初に採った冬至芽がピンクのものばっかりだったらしくて、そりゃさし芽すれば同じものしか咲かんわな。

来年は違う色のものの冬至芽も採らなければと誓う私でありました。

別に去年買った菊も同じようにさし芽して殖やしてあるので、また近いうちにお目にかけます。
その他鉢花 | comments (0) | -

コスモスその後・・・

私は断言する。
私はタネまきがヘタだ!花作りが、ヘタだ!

さあ見たまえ。これがその後のコスモスだ。

141017.jpg
何と情けない・・・

141017a.jpg
お花も、かわいいけど、小さすぎる。

ひとつには、まばらに植えたのが間違っていたと思う。もっとたくさん蒔いて、密植させるべきだった。
それから、株がしっかり太らなかったのは原因がわからない。
コスモスはあまり肥料を上げてはよくないらしいので、タネまき用土の中にはじめから入っている肥料分以外やらなかった。それがアカンのか。それともやはり日照の問題か。
矮化剤などを使わないといけないのか。

課題は山積だが、来年も挑戦してみようと思う。とりあえず、もっとお花の大きい丈夫そうな品種のタネを買おう。

で、懲りずにまたタネまきをしている。

141017b.jpg
スーパーで処分品だった50円のパッションフルーツからとったタネを蒔いた。
冬越しはどうなのか。以前も団地時代に失敗したのだが。

141017c.jpg
セリンセ・マヨール。以前はポット植えのまま咲かせてしまった。今度はちゃんと植え替えて肥料もやって立派に育てるぞ。

141017d.jpg
まだもやしだけれど、コンテナスイートピー。

うっかりしていて、採取したのにまかなかったルリハコベがあるけど、こぼれダネから苗ができていたので今日ポット上げした。

そして・・・

141017e.jpg
はじめて実生が夏越ししたプリムラ・マラコイデス。
(今年夏があまり暑くなかったせいだと思う)
1ポットはヨトウムシに喰われてなかなか悲惨な状態だけれど、4株あります。
庭仕事 | comments (2) | -
ブログの紹介とお願い
こそっと時々記事書いています。
コメントを書き込んだにもかかわらず反映されない時は、恐れ入りますがリロード(再読み込み)を試してみてください。
当ブログ内の画像・文章を他に流用することを禁じます。無断でリンクもお断りします。
カテゴリー
アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール
そのほか
recommend
NHK趣味の園芸 育てて楽しむ 山野草のすべて (生活実用シリーズ)

NHK趣味の園芸 育てて楽しむ 山野草のすべて (生活実用シリーズ) | 富澤 正美

実は図書館で借りただけでまだ買ってないのですがこれをひとりの方が書かれたというのがスゴイです。

recommend
最新版 山野草大百科

最新版 山野草大百科 |

ものすごくマニアックなものでなければこの1冊で山野草栽培はOKという感じです。