サーモンスター

140828.jpg
オリエンタル・ハイブリッドのユリ「サーモンスター」です。

鉢植えだからか、背丈は1m足らずです。

140828a.jpg
カタログで見たときに今までない花色のオリエンタルユリなので、本当にこんな色に咲くのかなぁと思いながら購入したのですが、実際に咲いて見るとカタログで見るよりもずっときれいな色合いでした。

春にアブラムシをつけてしまったのでウイルスで経年栽培が難しそうです。でも、とってもきれいで大好きなユリになりました。
ユリ | comments (0) | -

コスモスを遅まきしてみた

コスモスの種を遅まきすると背を低くして咲かせることができる、と時々拝見しているブログで読みましたので、タネまきが下手くそなのに身の程知らずに、7月のはじめにタネをまいてみました。

140822.jpg
↑7月14日。芽が出ました。

140822a.jpg
↑7月19日。本葉も出ています。

その後、画像はありませんが8月上旬にポット上げをして…

140822b.jpg
↑8月21日(昨日)の様子。

これを定植。
140822c.jpg
↑こうなりました。(まだ6ポット残っています)

定植が済んでいないポットの1株。
140822d.jpg
あ!もうつぼみがついてる!

・・・これはこのまま咲かせていいのだろうかそれとも摘心すべきなのか。
これから調べます。
庭仕事 | comments (0) | -

シロホシヤマユリ

140822e.jpg
シロホシヤマユリ(白星山百合) Lilium auratum var. virginale です。
ヤマユリの一品種で、斑点の色が抜けているものです。

140822f.jpg
2球セットの安価な球根でしたが元気よく伸びてくれました。
花もたわわに咲いて楽しめました。

140822g.jpg
ビジンさんです。開花は7月上旬でした。
ユリ | comments (0) | -

フォーエバー・スーザン

140623.jpg
ユリ「フォーエバー・スーザン Forever Suzan」です。
アジアティック・ハイブリッドと書かれているサイトが多いのですが、LAハイブリッドと書いているサイトもあり、よくわかりません。

鉢植えで背丈は80cmくらいです。

140623a.jpg
オレンジと黒褐色の個性的な色合いの花です。香りはありません。

140623b.jpg
人名を含む名前ですが、作出者のゆかりの女性の名なのでしょうか。あでやかで、しかし誰もが好む色合いでもない。興味深いです。
ユリ | comments (3) | -

今日の庭

いや、「たまにコソコソ書いてます」と言っても程があるぞってくらい、更新があいてしまいました。
まぁ、検索で来るお客様くらいで、誰の楽しみにもならないブログですからいいのでしょうけれど。

ブログは放置していますが、庭はコツコツやっています。
バラは市販のバラの土を使ったら、今すぐにでも枯れそうだったちっちゃな苗も元気に新芽を伸ばしたりして、やっぱり謙虚になるべきだったとこれまでの日々を後悔する毎日です。

さて、新緑伸びやかな5月のわが庭を、機械的に紹介しようと思います。

140515c.jpg
家の北東側の小さなスペース。たたみ1畳ほどの花壇に、アジサイを地植えにしています。手前側に大きな鉢でピンクナツツバキを。ピンクナツツバキは毎年よく咲くのですが、去年の夏に鉢穴を根がふさいでしまい、根を切って荒療治をしたので今年はつぼみがほとんどつきませんでした。アジサイは日照不足のせいか6種類も植えてあるのにほとんど咲きません。

140515.jpg
家の東側の一番大きなスペース。今は期間限定、脚立にアルミ棚板を渡したイカリソウ育苗スペースがおいてあります。ユリのブラックビューティーはラティスフェンスの後ろ側に回りこんで隣の家を侵犯しています。ここにもアジサイが地植え3株鉢植え1株。日が当たるのでつぼみがいっぱいついています。
右側(南側)の花壇にはクレマチスが3株植えられていますがカザグルマとルーテルだけが優勢でハグレイハイブリッドは瀕死。雪小町は枯れてしまったのでこの春処分品の苗を買ってきて鉢植えしました。画面右奥(南東隅)は雪割草棚。

140515a.jpg
家の南側のスペース。細長くて余り日のあたらないところです。南隣の壁に沿ってラックを置いてイカリソウ置き場に。その前に以前作っていたレンガの花壇は去年つぶしてレンガの花台にしました。

140515b.jpg
引き続き家の南側。ここはもともとあった石組みの植栽スペースで、クロガネモチとかキンモクセイとか植えられていますが、キンモクセイはまったく花をつけないので切って、その周りにセンリョウやマンリョウが勝手に生えています。その右(西)側にはエピメディウム・カンタブリギエンセの藪が。他にシャガとかホスタとかタイワンホトトギスとか雑多に生えています。植栽スペースの手前にはレンガを敷いてイカリソウ置き場にしています。

140515d.jpg
家の東側スペースのイカリソウ育苗スペースの様子。

140515e.jpg
庭の東側から西側をのぞみます。両サイド鉢はほとんど全部イカリソウ。
こういう状態になったので私のクレマチスはだいぶ処分せざるを得なかったのでした。

140515f.jpg
家の通路から東をのぞむ。
門の外には日光の必要な植物を置いています。

緑豊かなわが庭ですが、今はお花がなくてさみしい季節。
140515g.jpg
シランだけが盛りです。
庭つれづれ | comments (0) | -
ブログの紹介とお願い
こそっと時々記事書いています。
コメントを書き込んだにもかかわらず反映されない時は、恐れ入りますがリロード(再読み込み)を試してみてください。
当ブログ内の画像・文章を他に流用することを禁じます。無断でリンクもお断りします。
カテゴリー
アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール
そのほか
recommend
NHK趣味の園芸 育てて楽しむ 山野草のすべて (生活実用シリーズ)

NHK趣味の園芸 育てて楽しむ 山野草のすべて (生活実用シリーズ) | 富澤 正美

実は図書館で借りただけでまだ買ってないのですがこれをひとりの方が書かれたというのがスゴイです。

recommend
最新版 山野草大百科

最新版 山野草大百科 |

ものすごくマニアックなものでなければこの1冊で山野草栽培はOKという感じです。