寒いからこたつと仲良くなりたくて、木曜日から金曜日にかけては本を3冊読んでしまった。

1冊目は、瀬尾まいこ「傑作はまだ」。
外界とほとんど接触を持たない小説家の男のもとに、生まれた時から25年間一度も顔を合わせたことのない息子が訪ねてきて同居。コンビニで働く息子は人当たりはよいが「おっさん」と呼ぶ引きこもり同然の父とうまく距離感をもって接し、地域社会にも溶け込んでいき父を次第に外界へ連れ出す橋渡しとなっていく。
学生時代の父が酒の席の過ちでほとんどゆきずりの母に孕ませて以後、月々の養育費の礼状に添えられた写真以外に息子のことをまるで知らない父が、次第に息子に興味を持ち始めるのだが、自分のことをあまり語らない息子。二人の共同生活の行く末は・・・
ネタバレになるけれど、軽い女のように思われていた母に実は思慮があり、私生児を育てながら隠れて父の実家には嫁然として振舞っていて、外界に興味を持たない父の作家活動を息子とともにかげながら応援していた・・・という、いうなれば都合のいい夢物語ではあるのだが、でも、何十年も引きこもりであった父が他者との関係が自分にもまた必要なのだとさとり、作品のマンネリさえもその出来事で打破していくさまは、目の前が開けていくようなうれしさがある。

2冊目を飛ばして、3冊目は、木皿泉「カゲロボ」。
ちょっとSF風味。日常を送る人たちの中に「カゲロボ」と呼ばれるアンドロイドが正体を知られぬように存在している。誰かの不正を見張ったり、犯罪の証拠をつかんだりしている。
そんな都市伝説のある社会で生きている人たちのショートストーリーの連作で、1作の中に別の話に出てきた誰かがまた顔を出し、通して読むと一つの物語だとわかる。
不気味な始まりだけれど最後まで読むとああ、そんな世の中だといいなと思えるような木皿泉テイスト。
でもそれもやっぱり夢物語なのだな。

飛ばした2冊目。
中島京子「夢見る帝国図書館」。
小説家志望の主人公(女性)が、たまたま上野のベンチで出会った白髪のショートカットの小柄な女性。
その女性と彼女の数奇な生い立ちの謎をめぐる15年間に、コラム的にはさまる、湯島から上野に移転し戦後国会図書館となる「帝国図書館」の「金と本に泣かされた」歴史を織り交ぜ、亡くなった女性の散骨が終わるまでが描かれる。
誰にでも公平に開かれた図書館を西洋にならって作りたかった人たち。富国強兵策にそれはいつも押しつぶされ貧弱な図書館しか持ち得なかった日本であったけれど、それでもどれだけたくさんの文化人たちがこの図書館の恩恵を受け、図書館を足掛かりに多大な努力をし、明治大正昭和の文化を作り上げることとなったか。また上野という地がその間戦争や災害に遭い市井に暮らす人をどんなふうに受け止めてきたか。
台東区上野が生まれた時の本籍地だった私には知らない故郷の歴史を知るようなゆかしさがあった。
故あって自身の娘を棄てざるを得なかった女性。
棄てられたことで、おそらく初老になるまで自己否定感を持ちながら過ごしその反動で猛々しく自らを表現し支配することを愛情と見誤っている娘と、それに反発して自由に生きたいと願う孫娘。
散骨してほしいと願って亡くなった女性に、死んでも勝手なことをとそれを認めない娘。その娘を説得しようと孫娘が発した言葉に、私は嗚咽が止まらなくなってしまった。
「ママのことがだいすき。生んでくれてありがとうって、言ったんです」

棄てられて、自分の価値を評価できずに生きてきた人への、これはパワーワードなのだと、まだ若いこの孫娘はどうして思い至ったものだろう。
今年の8月3日の朝、ちゃんと言葉が伝わる時間はもうないかもしれないと思ったから、自分の本心なのかどうかわからないままだったけれど、母に「産んでくれてありがとうね。大好きだからね」と言った。
ハグした私の頭を母は、イイコイイコしてくれた。
あの言葉は、母にどうひびいたのだろうか。私にはわからなかった。今もわからないけれど、でも、母が自分の人生をちょっとでも肯定できるタネにもしなれたのだとしたら、もしそうなら、うれしい。


蔵出し。飛鳥川で見た、アキニレの紅葉。

狭心症の予防薬のヘルベッサーRが今朝の服用できれたので、引き伸ばしていたかかりつけに今日は是が非でも行かねばならなかった。
だが、相も変わらず保険証がない。

かかりつけだと後日保険証を見せれば3割で、というところもあるようなのだが、ウチのかかりつけはシビアで間髪入れず「自費でお願いします」とのこと。いつものお薬夫婦2人分で調剤薬局も併せて16000円ほどのお支払い。
😭😭😭😭😭😭😭😭😭😭😭←こういう気持ち

後から返ってくるとわかっても、財布からマンサツが羽を生やして飛んでいくという経験が貧乏な私にはかつてなかった(財布にマンサツが入っていること自体が稀有)ので、ほんとなんとも気味の悪い人心地のしない状態。
眠れないのも半分はこのせいかと思う。なんと小心な。なんとビンボ臭い(笑)。

今日はさすがの泰然とした夫も由々しき事と考えたのか(というより私の切羽詰まったさまに動かざるを得ないと思ったのか)、健保の方に電話を入れてくれた。
なんと、大阪の年金事務所でウチの申請が塩漬けになっていたらしい!!!!!!
健保では年金事務所から書類が下りてくれば即日発行なのだそうだ。ということで、はやくとも来週はじめにならないと保険証は来ないらしい。

大阪の年金事務所は他県の事務所も兼ねていて大所帯のようだ。昨今のことだから人手不足でもあるのだろう。それでも多忙期でも3週間で発行されるという保険証がひと月以上かかるってどんなのだろう。
不幸のマシマシのそのまた上に、バッドタイミングのマシマシ。呪いじゃ~~~~


年々球根が増えてくれてうれしい、スイセン「オータムジュエル」。

昨日は夫の転院先での初めての診察だった。

結局保険証は間に合わず、自費診療。財布にマンサツをうならせて(個人の感想です)行ったが、足りるのだろうかという不安。
午後1時の予約だけれど、月曜日の診察なので病院は混むだろうし、駐車できないと困るなぁと思って12時過ぎには着いた。紹介状を持っての初診だとちょっと手続きに時間がかかることも前回の検査時に学習したのでまあよいだろうと。保険証のことを聞くとやはり最初は自費でかかってもらって後からお戻しする、とのこと。別の窓口に行って紹介状と画像CDを預ける。画像CDは会計後に受け取って帰ってくださいと言われる。
で、待合ロビーで20分ほど前から座っていて、問診票を書いたりアンケートを書いたり血圧を測ったりしていたけれど、やはり月曜日で混んでいるからかそれともここの泌尿器科はこれがデフォなのかずっと前から座っている人がまだまだ呼ばれないのを見てこれは長期戦だな、と。
本来なら診察の後で行かされるはずの血液検査に先に行ってくれという。で、行ってくる。それから、尿の勢いや残留量を見る検査も受ける。
初診の人はいきなり担当のお医者には診ていただけないというのがおいおい分かる。最初に予診というのを若い先生にしていただく。その予診が混雑しているので順番がなかなか回ってこなかったのだ。
予診の順番が回ってきたのが3時前。問診と重複することをざくっと聞かれ(すっごい早口だったけど年寄りが多いこの病気なのにあれで用をなすのかとギモン)本診の順番を待つ。ほどなく呼ばれる。
低リスクの前立腺癌で、手術でも小線源療法でも、なんなら監視療法でも、と選択肢が多いことを説明される。
血液検査ででたPSA(腫瘍マーカー)も4.65ほどでこの半年で何ら変化ないとのこと。
私は夫に「しっかり考えてちゃんと自分で選んで」と言っておいたので、夫がまだいろいろ考えるのかなと思っていたのだけれど、「もう切ってしまった方がいいかなと思ってます」と言うので、なんだかあっという間に診察は終わってしまった。
手術のことについて説明があるので処置室の前で待ってくださいとのことでしばし待つ。
が、呼ばれたのは先ほどの予診室。焦って向かうと予診の若い先生がまた早口で、ダヴィンチ手術を受けるのに必要な脳のMRI検査を今日中に受けてもらいたいが、この病院では空きがないので近所にある民間病院に予約を取ったから4時までに行ってほしいとのこと。けれどもう3時35分。検査の同意書を書くために待合に出され書く。先生が書く紹介状を待っている間に今度は先ほど待っていろと言われた処置室から呼ばれる。また走っていくと次回術前検査(緑内障検査含む)と手術の説明を受ける診察の予約とその日のタイムテーブルの説明。先ほどの若い先生の書いた紹介状を渡され、会計用のファイルを渡され、会計に走る。3時45分。
支払いはMRIの後でもよいが、持って行った画像CDの返却は5時までなので夫に先に民間病院(徒歩2分ほど)の方に行ってもらい私はCDを受け取る。夫は病院の位置がわからず警備員の人に聞いていたのでタイムロスがあり後から私走って追いかけ5分前に民間病院に着く。
民間病院の窓口で保険証の切り替え中であることをまた説明。渋った顔を一瞬されたので「ちゃんと10割払いますから」と口添える。
で、ここから待つ。4時20分の予約だということだったが結局35分に夫問診があり、MRI室に入る。
外のベンチで待っていてもガンガンゴンゴンすごい音がしてる。あれはしんどい、ホント。
ロビーのテレビではNHK総合がついてて、あ、「ゲゲゲの女房」見られる♪と思ったのだけれど、MRIは別棟だったので見られなかった。途中近くのエレベーターに真っ白の綸子みたいな布が置かれたストレッチャーを押す黒いユニフォームの男性二人が病院の職員らしき人を伴って乗って行ったので葬儀屋さんなのかな、と思った。
5時過ぎに夫出てきて、すぐにお支払い。22000円なり。保険証と領収書を持ってきていただけばお返ししますので、ということだった。
歩いて戻ってまたお支払い。こちらは16000円ほど。
なんだか忙しすぎてくたびれたー。

帰りは外食をしようと言っていたので「ロバも驚く」肉料理系ファミレスに行った。
お皿にご飯もおかずもひと盛りにしてあるメニューを頼んだのだが、ご飯に髪の毛が入ってた。
ちょうど隣のテーブルの親子がクレームをつけて何かもめていたのでそういうのもなんかイヤだなぁと思ってもうご飯は食べないで(おかずは食べた)ナプキンに「髪の毛入ってました。気をつけてね」と書いて伝票立てのプラスティックの透明の筒を重石において、レジでは何も言わずに会計を済ませて出てきた。
車を止めた位置がちょうど私たちが座った窓際の席の横だったので、店員さんがメッセージを見つけてくれるかと気になった夫がなかなか車を出そうとしない。「もういいやん、早く行こうよ」と何度か促して、店員さんが片付けに来ないので夫も結局諦めて車を出した。
ファミレスだもん。どうせバイトさんがたいしたお給料ももらえず酷使されてるんだもん。髪の毛だって入っちゃうよね。

家に帰ってからTODOリストを書き換えた。前のを全部消せないで新たなリストになるのがモヤモヤするが。早くスッキリ消したいものだ。
疲れてしまったので早めに就寝して夜中に一度起きたけれどまた眠れて今朝は6時前まで眠れた。よかった。


先週の公園の桃の花。実家の方ではときどきウグイスがホーホケキョと鳴いてるらしい。

今日はひさしぶりに快晴。

朝しっかり朝日を見たら体内時計がちゃんと働いて眠れるというのでこのごろなるべく朝空を見上げるようにしているのだけれど、数日どんよりとした曇りばかりだった。今朝は空がピカピカで効いたような気がする。

とにかくちゃんと眠れるようになりたい。

冬になるとユニクロの暖パンが私のユニフォームになるのだが、女性用のパンツはウェスト調節が紐で、それが好きじゃない。
数年前に男物の暖パンと同じようなバックルのついたイージーベルトのものがあって1本だけ買ってみたらはき心地がよい。ずっとこの型を扱ってくれるのかと思っていたら次の年からはまた紐になってしまった。だからそのベルト付きパンツは私にはかけがえがなかった。
ところが今年の春、家の通路の階段でこけてそのパンツの膝が破けてしまった。まだはきたかったので膝あてをあてたのだけれどもう生地じたいがヘタってきているのでアイロン圧着がうまくつかず、困り果てていた。
トレッキングウェアなどいろいろ探してみて購入したものもあるのだが、冬バイクに乗るのには向いていない。防風の効果がないのだ。
先日ふと思い立って、男物のsサイズを試してみることにした。オンライン店には丈の短いものの品揃えもある。最寄りのユニクロ店で受け取りにすれば送料も無料だ。これがホントピッタリではいてて楽だしあたたかい。これからはこの男物専門で行こう。で、今日はまた2本注文してしまった。数年これでいけるわ。

月曜日におでんを作って、ちくわぶが1本余ってしまった。ちくわぶっておでんの他にどうやって食べたらいいのだろう。すき焼きに入れたらおいしいんじゃないかという気がするけれど、ちくわぶ消費のためにすき焼きにするなんてコスパ悪いことこの上ないものな。
今日はいい肉の日だそうでさっきスーパーでちょろっと牛肉コーナーを見たものの、質より量だろと鶏もも肉を買ってきた。我が家にはすき焼きは遠い遠い。

庭はやっとネリネが咲いてる。去年より1ヶ月遅い。来週はチューリップ植え付けられるかな?


この間の明日香で。

月曜日に喪中はがきの印刷は終わった。
プリンタの黒のインクが足りないかなぁと思ったけれど十分足りた。今度買うのは来年の暮れでいいんじゃないだろうか。
プリンタの印刷速度は本当に早くなったのでものの2時間ちょっとで文面宛名とも刷り上がるというのは助かる。合間にアイロンかけもできた。

月曜日の午前中は買い物にも行き、あれこれしなければならないこともちゃんと完遂できたので気持ちよく就寝時を迎えられたのだが、一度寝入って日付が変わるころ咳込んで起きてしまった。湿性の咳で気管が狭まる感じで苦しく、いつまでも寝付けなかった。いつもの乾性の咳喘息ではなしにホンマモンの喘息みたい。
昨日の火曜日にはTODOリストの用事が3つあり、休日の夫と朝から車であちこち走り回ったが体が辛くて閉口した。ドラッグストアに寄って喘息用の鎮咳薬を買った。咳喘息なら中枢神経に作用するタイプの鎮咳薬でいいのだし常備薬もあるが、前夜の息苦しさは「咳を止めたら死ぬな」という感じだったのでこれは気管支を広げるような薬が必要なのだろうな、と思って。
昼食を食べて帰宅してから早速のんだ。まだ保険証がこないので市販薬高いけれど仕方ない。
1日4回の薬で夕食後も就寝前ものんだのだが、そのおかげか昨夜は咳込まずにちゃんと眠れた。どころかいつもよりも長い時間眠ることができた。

昨夜「こころ旅」の蔵出し(岩手県)を見ていたら、宝塚女優の銅像のある施設が出てきて、火野正平が読む銘文に32歳で亡くなったとあり、あれ、園井恵子かな?と思ったらやはりそうだった。
番組中では触れられなかったけれど、「無法松の一生」のヒロインを演じた女優さんで、移動演劇の「桜隊」に属しておられて、8月6日に広島で爆心地から750mのところで被爆され、兵庫県の知人の家まで逃げおおせるも急性障害で亡くなられた方だ。
岩手のご出身だったのだ。

気持ち良い晴れの続く日は去って、奈良のこの時期らしい曇りがちの毎日が続く。なんとかなんとか毎日をやっつけよう。


日曜日の明日香、甘樫で。イナカギクかなシロヨメナかな(あいかわらずAsterは弱い)。