今日は朝っぱらから隣町のイオンに買い物。

エスカレーターを上がるとき、近くの系列の映画館の広告の垂れ幕がイヤでも目に入るのだけれど、先週のハリポタから変わって「ライフ」という映画になっていた。大きなぞーさんの絵が描いてあったのでこどもむけのケダモノの映画なのか。
その垂れ幕に映画のコピーが書いてあった。
「90分間、あなたは動物になる」とかなんとか。









私は生まれつき動物なんだけれど、みんなは違うの???????

このあいだ、桃谷に初めて行ったときに食べ歩きをしておいしかったので家で作ってみた。

<材料>4枚分
薄力粉100g
上新粉50g
ぬるま湯100cc
ドライイースト小さじ1/2強
砂糖大さじ1
塩ひとつまみ
サラダ油大さじ1
黒砂糖(粉状)大さじ4
シナモン適宜

1:薄力粉と上新粉、砂糖、塩をボールにはかりよくまぜておく。
2:端っこにドライイーストをおく。
3:ぬるま湯をドライイーストに注いで数分なじませる。
4:こねていく。最初はべちゃべちゃするがしだいになじんでくるのでサラダ油を入れて5分ほど、できればこね台の上でよくこねる。
5:サラダ油(分量外)を塗っておいたボールに丸くまとめた4をいれラップで覆って室温で2・3倍になるまで発酵させる。
6:黒砂糖とシナモンを混ぜておく。
7:発酵が済んだらフライパンにサラダ油(分量外)を多めに入れる(揚げ焼きっぽくなるように)。
8:5の生地を空気抜きし4等分し、両手にサラダ油をたっぷり塗って生地を片手に取り押し広げて6を饅頭を作る要領で包み、閉じた側を下にしてフライパンで焼く。
9:ひっくり返したらフライパン返しなどで押し広げて平たくする。火ははじめ中火、後弱火で。
10:中の黒砂糖が溶けてジクジクしみ出してきたら皿に取る。

110727

包むのが少し難しい。生地を手に取るごとにサラダ油をしっかり手につけないとだめみたい。
桃谷で食べた方のがおいしかったような気がする。でも初めて作ってうまくいったので今度はもっと上手に焼こう。

奈良には、「ラッキー」という名のスーパーがある。
が、それは別に関係ない。

火曜日は近くの百貨店系スーパーKの特売日なのでほぼ毎週買い物に行く。
ウチの夫の勤め先の店舗も目と鼻の先にあるが、残念ながら夫はそこで買いものをするほどたくさん給料をもらってきてはいないのでなぁ(特別高いわけではないが特別安くはないのだ)。

いつも特売スーパーは大混雑だ。

このスーパーでは主に肉類(100g99円!)と塩干類と日配品とたまに野菜を買う。
今日は珍しく、100g49円の鶏の手羽元があったので2パックお買い上げした。
らっきー♪
犬のスープを作るのに毎週6本の手羽元が必要なので安売りのときに冷凍庫にストックしておくのだ。

他に合びきミンチとか分厚い豚テキ用2枚とか豚肩ロースかたまりとかはんぺんとか黄色いパプリカとか地場産水なすとか菓子パンなど買った。計2306円也。

さてお会計じゃ。

いつもレジは長蛇の列でうんざりすることも多いのに、今日は早めに行ったので少し空いていた。しかも、死角にでもなっていたのか一番端っこのレジが今会計している人以外誰も並んでなかった。
うーーらっきー♪
しかもものすごくスピード感のあるレジ打ち(打つといってもPOSだから通すだけだけど)であっという間に会計終わった。

そして、商品を袋に入れるのに空いてるところを探すのにいつも難儀するのに、今日は私の前にあった台は誰もいなくて貸切状態だった。あんまり人に近くによって欲しくない私としては大変気分が良いことであった。
またもや、らっきー♪

…なんとささやかな運のよさであろうか。

スーパーを出てバイク置き場に戻ろうとすると有線のインストゥルメンタルが流れてきた。
「ずっと好きだった」
テレビやラジオではもう本人歌唱のこの曲をむやみに流せないんじゃないだろうか。でもスーパー御用達の、クラリネットかなにかで主旋律を奏でているお手軽なBGMとしてなんのひっかかりもなく流されちゃったりしてるんだな。
どうしても
「ずっとウソだったんだぜ~」という歌詞が先に思い浮かんでしまうのだけれどね。

そして、また、こういうバカみたいにちっぽけなラッキーを喜んでいる自分の幸福を後ろめたく思うのだった。

朝起きたら、右手の小指をつき指していた。なぜだ?

ひざは治らない。
ただの関節炎だと医者は最初の診察で言ったが、前々回の診察では半月板損傷だろうと言う。でもひざ崩れもあるので多分十字じん帯が伸びちゃってるんだと思う。
もう低山ハイキングはきっと無理だなぁ。
アスリートどころかアンチ体育会な私なのにどうしてこんな目に遭うんだろう…しくしく。
なんちて。
一番悔しいのは、もしどこかで地震などに遭って家まで歩いて帰宅しなければならない状況に陥っても私は多分家まで帰れるだろうという自信が全く無くなったことだ。自分を守れる盾が減ったようで心もとない。
10キロとは言わないがせめて5キロなりとも歩けるようにならないものだろうか??

今日は朝からセルフカットしてヘナで毛染めした。
このごろ、セルフカットにすっかり慣れて、すごく手際よく散髪できるので我ながらうれしい。私のカットの仕方は簡単で、毛束を親指側が地肌にくっつくようにひと掴み握って小指側のゲンコツからはみ出た部分を切る。だから理論的にはどの毛もゲンコツひとつ分の長さにするように切る、というだけのもの。でもそのままだとクウキ感がないので毛先だけあとからすきバサミを適宜入れる。

巷にはホットスポットがあるが、私にもホットフラッシュなるものがあらわれるようになった。
このごろ「月光仮面」も急いできたりゆっくりきたり、きたらそそくさ帰ったり、いつまでも長居したりするので、あまり遠くない未来にお別れしなければならないようになるのかもしれない。
12歳の5月から長々お世話になりしましたが、この方にはついに愛着がわくことはなかったなぁ。やれやれ。