原発周辺、長期間住めないと判断…首相陳謝へ
読売新聞 8月21日(日)3時1分配信

 政府は20日、東京電力福島第一原子力発電所事故で高濃度の放射性物質に汚染された周辺の一部地域について、長期間にわたって居住が困難になると判断し、警戒区域を解除せず、立ち入り禁止措置を継続する方針を固めた。
 数十年続くとの見方も出ている。菅首相が地元自治体に直接説明し、避難の長期化を陳謝する方向で検討している。具体的な地域は、福島県双葉、大熊両町の原発3キロ・メートル圏内などを念頭に精査する。

 政府は4月、原発20キロ圏内を原則として立ち入りを禁じる警戒区域に設定。来年1月中旬までに原子炉が安定的に停止する「冷温停止状態」を達成し、警戒区域を解除する方針を示してきた。

 しかし、文部科学省が原発20キロ圏内の警戒区域内で事故発生後の1年間で浴びる放射線の積算量を推計したところ、大熊、双葉両町を中心とする35地点で、計画的避難区域などの指定の目安となる年間20ミリ・シーベルトを大きく超えた。原発から西南西に3キロ離れた大熊町小入野では508・1ミリ・シーベルト、同町夫沢でも393・7ミリ・シーベルトと、高い推計値を示した。

何でこんなに遅くなってからそんなこと言い出すのか。原発がああいう事故を起こした時点でこうなるのはわかっていたのに。5ヶ月間また戻れる日が来るかと希望をつないできた人たちはどうなるのか。
保身のために金と力のために国民をなぶり続けた。
そして奴等は今日も人間の顔をして私たちの頭の上に居続ける。

実家の窓から、吉野川祭りの花火を見た。

もともと、吉野川の南岸の辯天さん(智辯学園の母体の宗教団体)が15日の花火を、五條市の商工会などの寄付で16日の花火を行っていたのに、数年前から15日の一日だけになってしまった。
その分、花火が見事になっていたように思っていたのに、父から聞いた話だともう来年は開催しないのではないかという噂になっているらしい。

犬がいたので、絶好の花火ビューポイントである実家のルーフバルコニーに出られず部屋の窓から見ていたのだけれど、最後のラッシュは本当に見事で、復興祈願もテーマになっていた花火だったけれどそれとは別に、こんな風に花火を楽しめる日々の最期のともしびのような心地がして涙がにじんできた。

図書館に本を返しに行って借りて帰る本を物色していたら
花火写真集 片貝まつり(amazonのページ)
という本があった。
私は花火にゆかりのある土地で生きてきたけれど(隅田川のほとりでずっと暮らしてきたし、実家のある市はあの「鍵屋」と縁のある土地だったから)花火のことは何も知らない。
スターマインってどういう花火なのだかいまだにわからない。
最期かもしれない吉野川祭りの花火に感動したけれど、本場の花火と比べるとかなり貧相なものなのかそれともイイ線いってるのかすらわからない。
表紙に「~世界にここだけの四尺玉~」と書かれてあったので三尺でもすごいものだと聞いているのに四尺とはどれほど大きいのかと。

で、その本を借りてきた。

すてきだなと思ったのは片貝まつりでの花火はお祭りのにぎやかしのための花火なのではなく花火を打ち上げる準備からして神事であって、花火そのものも人々の願いや感謝を込めて奉納するものだということ。
なんか襟を正したくなった。
この本には花火の種類も個別に写真をあげていてカタログのよう。いろんな名前があるのだなぁ。

本を見ても花火の大きさはわからないし、どんな風に形が始まり消えていくのかも音がどんなものなのかもわからないけれど、花火をまた今度見ることができたら少しはわかるかな?

でも、ダメかな…

昨日、明野照葉の「チャコズガーデン」を読んでいて、これって大島弓子の「ノン・レガート」と似てるわーと思って、「チャコズ…」を読み終わってから大島弓子を読んでた。

ああ、大島弓子の、ネコエッセイじゃない漫画が読みたいよーー!

C高校は実家のある市にある。

実家の隣の家はC高校が持ち主で、C高校の校長が自宅を建て替える間(1年以上だったと思う)隣に住んでいたことがある。
はっきり言ってあまりいい印象を持たない。
校長はチワワを数頭(たしか7・8頭はいたか)飼っていてそれが庭中を駆け回り、ウチの家族が庭に出るとギャンギャン吠えまわる。さながら猛獣。犬好きな私でもチワワだけは苦手な犬種だけどそのせいだろう。
校長のワンマンな学校経営に反感を持っていた一教師が夜中に家の前に来て大声で抗議をしたりして警察が来るという出来事もあった。

そのうち校長は自宅が出来上がったのでいなくなってC高校に勤務する教師の一家が住んだ。このご一家は長い間住んで実家と親しくしていたのだけれど10年ほど前かご主人が突然死してしまい、葬式が済んだら遺族に退去が命じられたらしい。遺族は家と土地の買取を希望したのに頑として容れられず、奥さんはうつ状態になって泣く泣く引っ越して行かれた。

次に入居したのが野球部のコーチの一家で、この人たちが最もひどい隣人だったようだ。敷地内はいつも草ぼうぼう。自治会の役員になっても会議にもろくすっぽ出てこない。
ちょうどウチと反対側の隣の子どもがC高校に入学して野球部になったのでレギュラーにして欲しくてこのコーチ一家におもねり、何かにつけてこの一家をかばって、実家に自治会の仕事がみんなかぶってきたので任期の間中大変迷惑した。

そして隣家は空き家になって2年。
敷地内は草ぼうぼう。いかにも空き家らしく見えて無用心だと管理するC高校に草刈を頼んだら先日は業者が除草剤を撒きにきて実家の敷地内の立ち木にまでかけているので苦情を言ったところ業者は逆ギレ。

高校野球といえばこの県からはほぼT高校とC高校が出て、どちらも強豪で優勝してもおかしくない。そのC高校が地元なのだから誇らしく思ったりゲームを楽しんでみてもよさそうなものなんだけど、そういったわけで、実家の両親などはC高校が負ければざまあみろなどと舌を出すのだが、私はそこまではしないまでも勝負に無関心なのだった。スマン。