イタリアの豪華客船の事故のニュースを最初見た時に、行方不明者が多数いるという報道がまだなくて「日本人乗客は全員無事」とテレビが言ってたので、救助されたその乗客がインタビューで「タイタニックみたいで怖かった」などと言っているのを見ていても、同情心が一向に沸かなかった。
金持ちが外国の豪華な客船でのんびり船旅なんかしてるからそんな目に遭うんや←こういうのをルサンチマンとか言うんだろう。

私は確かに愚かで妬み深く根性の悪い人間だけれど、私に限らず人間というのは誰かの幸不幸への評価や感想はその誰かとの距離感が多大に影響するものだと思う。

今日は東京近郊の雪のニュースがいっぱいだ。2000件以上も交通事故が起こって、救急車が出動したくても道路が渋滞していてなかなかたどり着けないなどと聞けば気の毒なことだと思うのだけれど、それは私が東京生まれで数年に一度しか積雪らしい積雪のないことを知っているのと、今住んでいるところも盆地特有の気候が加味されはしても大きなくくりで言えば太平洋側気候で雪に慣れることが出来ないまま48年生きているからだ。
親和性による同情、というようなものか。
私は、冬の日本海側には1月の城崎、3月の鳥取しか行ったことがなく、どちらも滞在中に雪は降ったけれど奈良の大雪のときと大して変わらず、だから、2メートルの雪の暮らしというのはどれだけ頭をひねっても想像することも出来ない。
雪かきは大変なんだろうと聞きかじっただけのことで思っても、実際にそんな目に遭った訳じゃないので「この苦労はわからんだろう」と言われたら「仰せの通りです。すんません」と言うしかない。

人は、自分が経験したことしかわからない。自分が知っていることと近いことにしか同情できない。
所詮そんなもんだ。

この間、関西のローカル情報番組を見ていたら、広島で刑務所を脱走した男が50何時間の間におかした罪というのを列挙して、どの罪が刑法上最も重いのかというのをコメンテーターにたずねるということをしていた。
罪状の方は、刑務所を脱走した罪・建物を破壊した罪・住居に侵入した罪・物を盗んだ罪などなどいろいろ。
結局その中で窃盗罪が一番重かったのだけれど、一番軽い罪が「逃走の罪」だということにコメンテーターの一人のトミーズ健から異議が出た。
そもそもの始まりが脱走で、そのことでたくさんの人を恐怖に陥れたのに、それが一番軽い罪だというのに納得が出来ないと言うのだった。
それに対してそのコーナーの司会のアナウンサーから、「捕まったり、どこかに閉じ込められたりしたときに『逃げたい、自由になりたい』と望むのは人間の自然な情なので、誰しもがそう望むことに対して重い罪とすることが出来ないのが法律の理念なんです」と説明するのだけれども、「そういう人に外に出てこられたら嫌やという方が誰もが望むことなんちゃうの?」などと反論していた。
この主張に対してのアナウンサーの説明が下手で結局「健ちゃん」は全く理解した風でなくブーブー言ったまま次のコーナーに移ることになってしまった。私は「カルネアデスの舟板(緊急避難)」の話でもすればわかってもらえるんじゃないのかなぁなどと思っていた。

「健ちゃん」には決して、自分が誰かに拘束されたりどこかに閉じ込められたりするというような想像は浮かばなかったのだと思う。
確かにまっとうに生きていたらそういう経験をする機会は得がたいけれど、世の中には「冤罪」というものだってあるから罪をおかさないからといって絶対にそれと無縁でいられるとは限らない。
でも、たいていの人は自分は死刑にならないと思っているから死刑に反対しないし、自分と関係のないところなら刑は出来るだけ重くして欲しいなんて思っている。
そう主張することが自身の善良さをより強調するかのように。
これなどは親和性のなさが同情を阻害するいい例なんじゃないか。

ネットで朝鮮の人に対して「死ねばいい」とか「国へ帰れ」とかいう人もいる。リアルで朝鮮の友だちや知り合いがいたらきっと言えないこと。知らないから言うのだ。
広島や長崎の被爆者に対して「くれくれ乞食」のように言う人もいる。それを言うあなたが彼らの経験したことをそのまま経験した上で同じことが言えるのかどうか。

私も確かに愚かで妬み深く根性の悪い人間なので、金持ちや差別者や右翼や独裁者なんかには全く同情できないし、それが小さな不幸なら「ザマァ」なんてほくそえんだりしちゃうかもしれない。
でも、金持ちにも差別者にも右翼にも独裁者にも人の生の営みがあってそれが私に理解しがたいことであっても何がしかの幸福を求めて生きているということは心のどこかにとどめておくべきだとは思っている。
自分が誰かの不幸に同情できない時にはそこに「無知」がないのか確かめてみようと思っている。

前に、奈良のあるところでお店を構えているあるパン屋さんがブログで、「バンダナパン屋」という言葉で自分とはスタイルの違うパン屋さんを揶揄っていた。
私が理解したところによると「バンダナパン屋」さんというのは、ロハスっぽくて、商売っ気よりも自由っぽさが売りで、週のうちの2日とか3日、あるいは季節的にしか営業してなくて、手作り市みたいなイベントを重視していて…みたいな。
(書いた人はもしかするとそういう意図でなかったかもしれない。私が受け取ったのはそういう定義っぽい。)

奈良にもそういうバンダナパン屋さんはいっぱいある。すごい山奥で薪窯でパンを焼いてたり、週末しかやってなかったり。受け取る側としてはおいしければそれでもいいし、でも、今日は開店してるだろうとわざわざ出かけたのにやってなかったりしたら悲しいけど、それもまた出会いモノみたいでおもしろいし。
(パンだからそれもありなのかもしれない。作り手側はそういう意識ではないだろうけれど所詮主食はコメだからと無意識にコッチは思っちゃってる。)

まあ、だから、バンダナパン屋というのは私みたいな生活のレベルだと、どうしても暮らしに必要なものではない。たまにあるとおもしろいしおいしい、みたいなもの。

で、

なんかパン屋さんの映画があるのらしい。

しあわせのパン公式サイト

どういう内容かはよく知らないので先入観で書いてはいけないんだろうけれど、やっぱり、高校前とか商店街にあって毎日ひきも切らず誰かがパンを買いに来るパン屋さんというようなところではないようだ。

田舎にぽつんとあるほっこりパン屋さんの話は、性格の悪い中年の私にはちょっとぬるそうでわざわざ映画館に足を運ぶこともないが、主題歌が「ひとつだけ」なので…

16歳の私は、学校帰りに商店街の古いレコード屋で取り寄せ注文した矢野顕子の「ごはんができたよ」を自転車で20分も走って受け取りに行って、その日は2枚組のレコードをなんどもひっくり返して聞いた。カセットテープに録って毎晩この「ひとつだけ」を最後の曲にして眠りについた。

もう矢野顕子を普段聞かなくなって何年にもなるけど、「ひとつだけ」は私の中では別格。
イマーノさんが矢野顕子との共演でこの曲を選んでいたということが本当にうれしかった。
たとえてみると、この歌は私にはおコメなのかな。

映画は「ひとつだけ」の歌にインスパイアされてできたものだとどこかで読んだ。私には、バンダナパン屋とこの歌が結びつかないんだけれど、映画を見たらわかるのだろうか。

6日に明日香と吉野方面で買い物をしてから実家に行く道中。

かねてから何度か見て知っているある焼き鳥屋さんを期待しつつも通りかかると期待以上だったので、吉野方面の買い物を済ませてからわざわざまた戻って車窓から撮影(水平狂っててすみません)。

120110
ソフビ人形などに装飾された魅惑的な店構え。

120110a
これは「犯行予告」か?
(ちなみにこのボードの文言はさまざまに変わるようだ)

120110b
…好きなように休んでくだされ。

検索してみると、店内もいろんなポスターとかソフビだとかで装飾されていて、店主の厳しいチョイスによるアニソンがBGMになっているのらしい。

おとといの晩にNHKでやったドラマの「とんび」を録画して昨日の朝泣きながら見て、買い物に行ったついでに本屋で原作の文庫を買ってきて一気に読んで大泣きして鼻水が止まらなくなってしまった。

前に読んだ重松清の「カシオペアの丘で」は書評で食指が動いたのだが良くもなく悪くもなくという感じだったのでそのあと著書を手に取ることもなかったのだが、「とんび」でまた気が変わって今日は図書館で2冊本を借りてきた。

1冊は吃音症のことを書いたらしい「きよしこ」で、もう一冊は「とんび」のような家族愛について書かれたものなのかしら?と表題で選んで「愛妻日記」という本。

家に帰ってコタツで寝ながら読んでたら・・・

・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
エロ小説でした。

短編だったので、最初の1話だけ読んでもうお腹いっぱい。

こういう小説を書く人だったの???

wikipediaによると

2001年秋、『小説現代』(講談社)の編集長に就任したばかりの岡圭介に、ぜひやってみたかった企画として『直木賞作家による匿名の官能小説』の執筆を持ちかけられた重松は、これまでセックスの描写がない家族問題の小説を書き続けてきた自身を顧みて、「これからも夫婦や家族をめぐるお話を書いて」いく以上、夫婦間の大切な問題であるセックスから逃げるわけにはいかないと考え、執筆を決意した。
当初は『小説現代』2002年1月号に掲載された「愛妻日記」の1作だけの予定だったが、2作目以降は自ら志願して執筆したという[2]。計6編は全て「直木三十六」の名で掲載され、2003年12月に「重松清」の名で書籍として刊行された。それまで、「子どもに安心して読ませられる本」の著者として評価が高かっただけに、読者からの反応は凄まじく、「裏切られた気がする」「こんな本子どもに読ませられない」「子どもが図書館で間違えて借りたらどうするんだ」など、多くの抗議が寄せられたと言う。

図書館で間違えて借りましたがな(泣)。