植物を漢字で表したときに、同じ漢字でも中国と日本で別の植物をさすというのはよくある。

「柏」というと日本ではブナ科のカシワのことをさすけれど、中国ではコノテガシワなどの常緑針葉樹の仲間をさす。

「楓」というと日本ではカエデ科樹木のことを言うけれど、中国ではマンサク科(フウ科)のフウのことを言う。

「椿」というと日本ではツバキ科のヤブツバキやユキツバキのことをさすけれど、中国ではセンダン科のチャンチン(香椿)などをさす。

漢字を日本で使うようになって、日本にもとからある植物を漢字表記しようと思ったけれど、昔は図鑑もないし写真もないから、日本にある植物が中国にもあるかどうかも調べようもないし、漢字の表す植物の特徴をなんとなく聞いてみたら日本のこの植物のことなんだろうとテキトーに当てはめていったらこういうことになったのだろう。

だから、「かしわ(炊葉)」とか「かえで(蛙手)」とか「つばき(艶葉木)」というのはヤマトコトバで、漢字以前からあったことばだと考えていい。

で、「菘」だけど、中国語ではこれはハクサイをさすらしい。
でも、もともとカブもハクサイも植物学上は同じ植物Brassica rapaだし、「この漢字の植物は葉っぱを食べる野菜でね、春に黄色い花が咲くんだよ」なんて説明を受けたら、昔の日本人は、「ああ、すずな(蕪の葉)のことだな」なんて合点したのかもしれない。

「すずな」を表す漢字は調べてみたら「菁」「鈴菜」などもあった。

とにかく、ヤマトコトバで表せる名前を持ったものは幾通りかの漢字で表記できることが多いし、その漢字の中には日ごろ使わない(漢字検定1級レベルの)漢字も多いから知らなくたって別にどーってことないんじゃないだろうか。まぁ、知ってると人生豊かだけど。

私もQさまで覚えるまで「莨」とか「覆盆子」とか読めなかったよ~

Comments are closed.

Post Navigation