はらちゃんも最高の離婚も終わっちゃった今、何を楽しみに生きていったらいいのやら…

いや、気を取り直して。

「泣くな、はらちゃん」は今クール一番好きなドラマでした。
それこそ「マンガ」みたいな設定でおもしろおかしく物語は進むのに、どのドラマよりも重いテーマを内包していて、押し付けるわけでなくさりげなく心に染み込ませてくれるような、本当に上質なドラマでした。
CGの技術が進んでいることや、メディアミックスのいろいろな手法が試されてきて成熟期にあることに加え、やはり「3.11後」である今しか作れないドラマだったとも言えます。
子どものようなあどけない心で現実世界のむごたらしさをテレビで知り涙を流すマンガ世界の登場人物たちは、「3.11」のあの時にライブで送られてくるあの恐ろしい映像の前になすすべのなかった私たちにとてもよく似ていました。

劇中歌の「私の世界」の歌詞に

世界中の敵に降参さ 戦う意志はない
世界中の人の幸せを祈ります
世界の誰の邪魔もしません 静かにしてます
世界の中の小さな場所だけあればいい

とあります。
この歌を最初に聞いたときに、「ひきこもり」とまではいかないまでもナイーブな感情を守護するために自分を心の奥深くに隔離して本当の気持ちを顕そうとしない現代人気質を具現化したのが越前さんなのだと理解しつつも、今現在近隣諸国と不穏な関係になっている世情をも暗に批判しているのかな、と考えました。

戦争は醜く悲惨で恐ろしいもの。だけど、争わない越前さんは、鬱屈した気持ちを登場人物に吐露させるマンガを描くだけの越前さんはそのままでいいのか。
回を追って周りの登場人物たちが越前さんに世界と関われとさまざまなアプローチで訴えます。そして最終話でははらちゃんが「世界と両想いになってください」と諭します。

世界と両想いになるには自分自身と両想いにならないといけない。そして世界には時には言いたいことを言ったりもしなければいけない。

今、争いが苦手な私たちはそれでも、自分たちが透明な存在でいられる場所では声高に誰かを攻撃したりすることを抵抗なく行えてしまっています。ネットの世界はとてもヒステリックだし、週末になると新大久保や鶴橋で朝鮮人は死ねとごく普通の青年たちがデモの隊列の中から叫んでいる。でも、そのひとたちがPCの前で中傷している対象とじかに接したらどうなるのか。死ねと言うその相手にただ一人の日本人として向かい合った時にどうなのか。本当はたったの一度もちゃんと向かい合い言葉を交わしあいしたことがないからこそ、易々と弱者やマイノリティをいたぶる言葉を使えるのではないか。そう、マンガ世界のユキ姉が「殺すしかないね!」と決め台詞を吐くように。

実は多くの日本人が今、世界と両想いになれていないのではないか。世界を片想いすることすらしようとしていないのではないか。
世界中の人の幸せを祈るにはやっぱり、私の世界に閉じこもっていてはダメでしょう?というメッセージが私の胸にはなんだかとても響いたのです。

130328
3月25日の氷室神社のコヒガンザクラ。

130320

130320a
3月6日、けいはんな記念公園の梅。

130320b
昨日の甘樫丘の菜の花。

130320c
今朝の集会所の桜。

犬と、「来年の桜も見ようね」話してからまだ丸一年は経たないけど、今年の桜を見ることができた(いや、犬には桜は見えないけど)。

130320d
奈良の開花宣言はまだだけど、来週にはここの桜は満開だろう。

何か気になる花の画像をネットで探したとする。
さすがにホームページでは少ないけど、ブログなどにはしばしば、全然花にピントがあってない写真とか、色味がまるで違ってしまっている写真とか、私なら絶対に使わないような写真を使っている人がいる。

ちょっと念を押しとくけど、これは私の写真が上手だという話をしてるんではない。

その花の記事を書きたい。そして撮影した写真が当該のものしかない、そういう時、私ならもう、記事自体を書かない、という選択しかないのだけれど、きっと多くの人は、そのまま記事を書くのだろう。

私がなぜ、記事を書くことを諦めてしまうのかというと、それは、「下手な写真を載せている」と思われたくないからだ。
ブログなんぞ自己満足のために書いているのだから、写真がぶれていようが文章がまずかろうが別に気にすることはないのだ。書きたい気持ちがあれば書けばいい。
ただ、主体が私だとそうはいかない。少しでもマシなもの、できれば人より優れているもの、可能なら一番いいもの、そういう気持ちでブログを書かなければ何の意味もない。
・・・そう思ってしまう。

私のすることはなんでもそつがない。人よりちょっとマシに見えるように努力するからだ。加えて、努力してもうまくいかないことはやらないし人に見せないからだ。
なぜ、へたくそなところを人に見せないのかというと、これが前に書いた自己肯定感のなさが原因なのだと分析している。
私は人間の値打ちとしてマイナスでありすでに負債であるので、付加価値をつけないと人に交われないと思い込んでいる。
たとえば
「ブログにちょっときれいな写真を貼る○○○」
のような。

「××が上手な」という修飾詞がつかなくても人間は生きていていいと、私は私に信じ込ませないといけないのだなと、このごろやっと気がついた気がする。

誰かにほめてもらって自分に生きる値打ちを見出すのなら、そのほめる根拠を疑えば自分の存在価値は限りなくあやしくなる。
事実私はどんなに人にほめられてもちっともうれしくないしちっとも自分を好きになれなかった。逆に飢餓感ばかりが増していた。自分で自分をちっとも認めないからだ。

・・・そんなことをこのところいろいろ考えていた。

—————————————————————-

「ぼくの自転車のうしろに乗りなよ」

うたまっぷ←歌詞

RCサクセションには「スローバラード」という有名な歌があるけど、別に真似したわけじゃなく、私も車の中で手をつないで寝たことがある(おまけに、警官の職質にあうというところまで作者と一緒)。

忌野清志郎が死んで夢中になって聴いたことのなかった歌を聴き始めて、「ハードフォークサクセション」というアルバムの中に入ってた「ぼくの自転車のうしろに乗りなよ」の歌詞に顔を張られたような気がした。

大学の時ゼミか何かで私の発言した内容がうまく伝わらなくて発言力のある人に責められるような形になって口をつぐんでしばらく下を向いていたとき、隣にいた付き合う前の夫がレジュメの端っこに「○ちゃん全然悪うないよ」と書いてくれた。

私は、否定されると死にたくなってしまう。
肯定されるとやっと生きていける心地がする。
だから、そのことばに参ってしまった。

まるで、私の青春を見てきたかのような

ぼくは悪くない
ぼくはそれほど悪くない
ぼくはちっとも悪くない
君だけさ忘れない

の歌詞。
私が自己肯定感の高い人間だったらきっと、この歌に対して心を打たれたりしなかったろう。
「わかってもらえるさ」という歌の気持ちをわからなかったろう。
夫も、忌野清志郎の歌も好きでいなかったろう。
だから、いいんだ。

いや、喜んでいるのではないですよ。

しかし、私ももう、芸歴ほぼ30年の立派な花粉症患者である。
ちっともよくなるどころか年々原因花粉の種類が増え、あまつさえ果物やナッツの食物アレルギーにまでなってしまった。
そんな私が、いや、ぐぐればいくらでも書いてあることだけれど、ノウハウを伝授しよーかなーと。

まず

●来年からはシーズン2週間前からは薬をのみ始めること。
ひどくなってからのんでも実はあんまり効かない。

それから基本だけど

●花粉に直に触れる機会をなるべく減らす。
衣服はさらっとした生地のものにする。できるだけ着帽。マスクは必須。
家の窓は開けない。車の窓も開けない。布団は干さない。洗濯物はできれば部屋干し(雪国の人はこの時期基本部屋干しなんだろうか)。

●やむなく触れた花粉はすぐ落とす。身近の花粉はできるだけ除去する。
帰宅したら衣服の花粉は玄関先などでふるって落とす。
そして必ず目洗い。洗眼液を買ってもいいし、コップなどを使ってぬるま湯で洗ってもいい。顔も洗いうがいもする。
鼻うがいができる人は絶対やった方がいい。できない人もできるようになった方がいい。
空気清浄機があれば使う。家の中の掃除もまめにしたほうがいい。
洗髪は毎日。また野外で大量に花粉に触れた場合には帰宅後すぐの入浴やシャワーが望ましい。

●皮膚や粘膜の保護を。
鼻をかんだり目をこすったり、またよく洗ったり、それと花粉が接触することでの皮膚への刺激などもあって、顔周りのあちこちにトラブルがおこりやすくなる。
ティッシュはできれば柔らかいものを使う。日ごろ使ってお肌に合うような乾燥を防ぐクリームなどをこまめに使うといいかもしれない。
我が家で必須はメンタム。鼻水発作の時など鼻の穴にまで塗りたくります(これは初心者にはお勧めできないけれど)。

●トマトに注意。
スギ花粉症とトマトの食物アレルギーに交差抗原性があると言われている。
花粉症のひどい時にトマトを食べない方がいいかもしれない。
シーズン終わってからトマトを食べてみて口の中がかゆくなったり気管がぜいぜいしたりしたらビンゴなのでそのときはトマトをあきらめましょう(でも私はトマト大丈夫だし、必ず出ると言うものではない)。

・・・というような感じで私は毎年乗り切っとります。

スギだけならピークは2週間ほど。どうかできるだけ楽な花粉症ライフをお送りくださいませ。

去年の暮れくらいから大変気にかかっていることがある。
世の中の人はヘンに思わないのだろうか。
車で外に出かけるたびにこれまでは見なかったような色の車にお目にかかるのを私も夫もすごく奇異に思っているのだ。

車種でいうと、プリウスに多い。それから、ミライースというのもある。あと思いつくのはアルトラパンだけどこれはちょっとだけ色味が違うかもしれない。

はじめは業務車両かと思った。私はまず老人介護関係の業者の車なのかと思ったのだが、夫はいや葬祭関係だと言い張る。そう言われてみれば葬祭関係のほうがしっくりくるかもしれない。ピンクで蓮の花の絵なんか横っ腹に描いてあると似合うかも。
でもどうも違うらしい。どこにも業者名も絵も電話番号も書いてない。あくまで自家用車みたい。

1つの車種だけがなんかまちがっちゃいましたーみたいな色の車を発売するというのならわかるんだけれど、いろんなメーカーにまたがっているので、こういう色の車が買い手に求められているのだろうし、事実本当にかなりよく見かけるので買い手が選びたがる色なんだろう。私にはその趣味はわかりかねるけど。

この気がかりな色のことをどういう風に文章で書いたら伝わるのだろうと考えたのだがわからず、なかなか書く機会がなかったのだが、昨日ふと思いついた。なんだ色コードで書けばいいんじゃん。
で、#CCCCFFなのであった。

色コードといってもわからない人もいるかもしれないのでリンクを貼っておく。
原色大辞典#ccccff