昨日は9時過ぎに少し雨足が衰えたのでバイクで生協に行ってお米を買ってきた。

お昼過ぎごろは滝のような雨。樋に詰まりがあって縦樋に水が行かずにだばだばあふれていた。下のほうの樋の詰まりは自分でどうにかできたけど昨日の箇所は無理だ。頼んだら高いんだろうなぁ。

夫はこのごろ洗面所に座り込んで歯磨きをするのでそんなことしてるとロコモになるぞと言っているんだけれどやめようとしない。昨夜珍百景とかいうTV番組で90歳のバアサンが走るし自転車に乗るし屋根ほどの高さの松を剪定していたという話をしたら今朝は立って歯磨きをしていた。

電話で母と話していると話があらぬ方に飛ぶのでアレは認知的にかなりアヤシイ。昨日の電話も同じ話ばかりグルグルで1時間!お願いだから私の時間を盗まないでくれ。

130627
一昨日の朝のナミアゲハ。今年は蛾も多いが蝶も多い。

130626
ただし昨日の朝。

すごい雨だ。
家にはお米が一粒もないので今日は生協に買いに行こうと思うんだけれどこの雨で行けるのかなぁ?
夫の新しいパソコンも頼んだのでお金も下ろしてこないといけないのに。

130625
夕方のカマキリでユウカマー。
・・・だみだ、こりゃオヤジのダジャレだ。

昨夜はほとんど眠っていない。
私はまた叔母も失うことになりそうだ。

今日は新しく買ったアルミ縁台を夫に組み立ててもらった。
ウチの庭はまだまだ進化形?

ウチの扇風機は1つは結婚してすぐ買ったからそろそろ28年もので、そいつはいちおう大手家電メーカーのものなんだけど数年前からなんだか独り言を言いながら回っている。あちこちホコリを取ったり油をさしたりしたんだけど独り言癖は治らない。
もうひとつのヤツはこの家に越してきた時に買ったのでそろそろ15年くらい。ホームセンターで買った知らんメーカーのものでこれも3年位前から大いに独り言を言う。首を振る時にもカックンカックン言っている。
扇風機で火事を出すのも怖いし、この間実家に行った時に去年実家が新調した扇風機がなんだかとても心地よい風だったのですっかり買い替えモードに入ってしまい、一昨日注文したので今日届くという次第となった。
実家の扇風機はThree diamonds社のものでさすが戦前からプロペラ作ってる会社のものは違うわと感心した。
うちに来る扇風機はRising sun社のもの。またまた原発作ってる会社のものだ。大丈夫か。
タービン回したがってるんだから回るものは得意なのではないかとちょっと期待する。

昨日、浅間神社についてググってみた。
無知なので浅間神社の祭神がコノハナサクヤヒメだというのを知らなかった。
富士というと「ふたつとない」という意味もあれば「不死」という意味もあると思うのだが、その富士の神様のひとりが短命を象徴するコノハナサクヤヒメだというのはなんか面白い。
荒ぶる火の山だから産屋の火にも負けずに子どもを生んだ水の神を。死なない山だから死をもたらす神を。

130624
これは世界遺産になどならない近所の山で、日の沈む方向にあるので祟りを防ぐために山の上に埋葬されちゃった皇子なんかもいるけど、別に不吉な風体でもなく、今だけ限定の田んぼに映る姿に心落ち着くのです。

実家に行ったときにこのあいだ両親が釣ってきた豆鯵をもらったので昨日はがんばって南蛮漬を作った。
夫は南蛮漬けが好きだから25cm角のキャセロールいっぱいに作ったけど、私は魚の骨を丸ごと食べるのはそれがしっかり揚げてあり酢で柔らかくなっていたとしてもすごくイヤでおいしいけどイヤンな状態で昨夜も今朝も食べた。夫は喜んで食べていた。

ハモも旬のものだけどいくら骨切りしてあってもやはり口に骨が当たるのがいやで、いや貧乏だからなかなか口に入るモンではないけど、リッチでも強いて食べたいとは思えないんだよなぁ。

私は肌触りとか感触とか変に神経質なところがあって子どもの頃、長袖下着の袖口が上に着るものの中で丸まってしまうのがものすごく気持ち悪くて泣いたり愚図ったりしたこともある。母親はそういうのに無神経なので私がむずがるのがなぜかわからなかったみたいで、そのうち着るときに下着の袖口を指と手のひらでしっかりつかんだまま上に着るものの袖を通せば丸まらないということを自分で発見してやっとその気持ち悪さから脱却したのだ。

アスペルガー症候群の人のことを書いた本を読んだ時、肌触りに非常に過敏と書かれてあって、そういう脳のクセと共通するようなところが私の脳にもあるんだろうなと思った。
発達障害といっても障害の度合いにはきっとすごく振り幅があって、障害がないといわれる人たちとすごく接していたり一部重なっていたりすることも多いんじゃないかといつも思っている。
人種とか民族とか、男とか女とか、脳のいろんなクセとか、誰かと誰かは全くかけ離れて違うようでもたくさんの人がいればみな少しずつ似たようなところを重なり持っていて、みんなで虹色を彩っているんじゃないのかと考えたら、排斥主義は本当に愚かなことだ。それは自分を否定するのとおんなじだ。

130623
去年夫に買ってもらった1000円のエプロン。丈もデザインも色も布の感触もすごく気に入っている。