裏庭のピンクナツツバキの鉢穴から根っこが出て水が全くはけなくなってしまったので、今朝は鉢を横倒しにして根っこを切り、鉢穴をタガネで広げた。根っこ切っちゃったけど大丈夫かなぁ。枯れないかなぁ。
今年は本当にたくさん咲いてくれたけど、先日には7つくらいチャドクガの卵塊があってうちいくつかはもう孵っていてでもまだ団体行動してたので厳重装備で枝ごと切って退治したばかりで、何か急に手のかかる子になってしまった。

作業は20分ほどで終わったので8時半に家を出て畝傍山のふもとで以前見たクサギの花が咲いてるころじゃないかと思って行ってみたんだけど、もう5・6年前のことだし木が刈られてしまったようで花はなかった。残念。

帰り道の畑に咲いてた花。
130731
チコリの花かな?チコリとエンダイブの違いがよくわからない(日本では逆に呼ばれるんだとか前に「美味しんぼ」で読んだし)。

お昼にラーメンを食べてしまいました。と言うより確信犯。
食物繊維のゼリーを食前に食べてから、夫の車で橿原の「いちびり」さんにGo!
だって大和Noodle 汁喰街道~シルクぅロード~ 2013のスタンプラリー、あとひとつでようやく1列そろうんだもん。
麺は半分夫に食べてもらいました。なおかつ少し残しました。
胃が小さくなっているからすぐ満腹してしまう。

夜は残りご飯があったのでチャーハン&半額になっていた箱入り餃子。これもご飯はお茶碗半分くらいかな食べたの。餃子は4個食べました。

しかしかなりな糖質だと思うので夜歩きしてきました。どうかね、血糖値やっぱりどどーーんと上がっているかね。

写真は撮れなかったのでナシ。

今日は夫と「風立ちぬ」を見に行った。

戦争を否定するのに戦闘機の美しさを愛する宮崎駿が自分の中の矛盾を見つめ作品で答えを示そうとしたということだったのだが、矛盾は矛盾のままで示すより仕様がなかったということがわかった。
直裁に言えば、「宮崎駿は立派なヘンタイである」ということが美しい美しい画面からあふれ出ていた。

航空機というものはこの世に戦争がある限り、進歩の推進力が戦争そのものであるという宿命から逃れられないのではないか?
人を殺す道具だと重々知りながらより美しい(より能力の勝る=より人を殺せる)飛行機を作らないではいられないのなら、いっそ飛行機など作らなければいいと凡人の私は思うが、その才を持った人にはただひとつの道しかなくもろもろを引き受けながら飛行機を作り続けるしかないのかもしれない。
これは、時代がどうとかいうことでなく、いつか人間が戦争を完全に封じ込められた時に初めて、主人公のことを批評できるのだろうなと思う。

映画を見て泣いた人が多いようなのだけれど、私には泣けるところはなかった。私は凡人で飛行機を愛する気持ちは少ないのでただ人殺しの道具にしかやはり見えなかったから。
時代考証はすばらしい。たくさんの写真やフィルムを資料にしたのだろう。細かな人の動作などの演出も見事だった。
挿入歌で会議は踊るの「唯一度だけ」が歌われたのがグッときた。人の声の効果音も本当に「効果的」だった。

130729
昨夜の夜歩きの二上山。影のようなのはコウモリ。

おとといは朝から犬の血液検査に行ってきた。
また悪くなってんのやろな、と思っていたら予想に反し、全体的に数値がよくなっていた。ALTもほぼ正常に近いし、TPやアルブミンこそ横ばいなものの、血の濃さの方はだいぶ正常値に近くなっていた。ずっと60越えだったヘマトクリットが58になったもんね。
これでもう瀉血なんていわれないで済むわい。次の血液検査も2ヵ月後でいいことになった(お金も助かる)。

で、帰宅してまた買い物に出て帰ってきて一息ついてたら母から電話で、10日ほど前にかかりつけでしてもらった血液検査にHとかLとかいっぱいついてるという泣きの電話。
Lがついてるのは赤血球関係で、でも数値を見ると正常値にほんの少し足りない程度。ただ、私もそうだけれど母ももともと血の濃いたちなのでちょっと??
問題なのはCRPでこれが11.69とかいう恐ろしい数字。これ即入院レベルの炎症ちゃうの??
血液採取の時は本人だるくてだるくてものが食べられなくてかかりつけに行っているから何か体にトラブルがあったのは確かだけれど発熱もなかったし特にどこかが痛いということもなかったし。
点滴してもらって2日ほどしたらずいぶん元気になって、南蛮漬け作ったり餃子作ったりして朝は歩きにも行っている。
なんじゃこりゃ?
白血球は15000ほどでこれは炎症の存在を示していると思うのだけれど・・・
もしかしてがんとかかよ?伯父が死んだばっかなのに立て続けかよなどなど考える、が、母にはあんまり脅かさないようにしんどくなったらすぐかかりつけに行って血液検査してもらうようにと言っておいた。

で、夕方。水遣りをしていて〒受けを見たら水曜の検診の結果がもう来ていた(がん検診の方はまた追って)。
水やり終わって部屋に入ってきて中身を見ると・・・
が~~~~ん!!
「糖代謝異常があります」
・・・いやここ数年血糖値どんどん上がってきてたんだけどかろうじて正常範囲におさまってた。とうとう私のすい臓は「こんな甘いもんばっかり食いやがってもう付き合いきれねーよ」とそっぽ向いちゃったのらしい。
今のところまだ糖尿病じゃなくてその予備軍くらいらしいけど、一生インシュリンとか、目が見えなくなったりとか足切断したりとか透析になったりとかヤなのでここらで一念発起せねばなるまい。
お昼に7-11の、あげパンにホイップクリーム挟まってるやつを食べたんだけどものすごく後悔いたしましたわ。
夕方に食べようと買ってきたシュークリームを食べずにすきっ腹をお茶飲んでしのぎましたわ。

母の貧血気味の方は去年の医大での血液検査の結果を昨日電話で聞いてみたら数値の変化はなくて加齢のせいだか造血機能がだんだんに落ちていっているんだろうなぁと。
CRPの方はよくわからないけど年だから発熱しないで風邪を引いてたとかいうこともあるだろうし今は元気なので様子見でもいいだろう。

私はといえばのどが痛くとものど飴をなめず、ところてんはきなこたっぷり黒蜜少々、晩御飯も炭水化物を一番最後に食べる戦法で、昨日は夫が早く帰ってきたこともあって夜歩きにも行ってきたし、とにかく次に血液検査するときには血糖値もHbA1cも下がっているようにがんばるぞ。

130728
ひさしぶりに夜歩きにいったら新しい壁画が!