私は、友だちとか知り合いに、何かいやだなと思うようなことをされたり言われたりしても、いつもほとんど黙っている。言い返したり、いやだと言ったりすることがない。

それは何でかといえば、言い返したり、いやだと言ったりしたら、相手に嫌われると思うからだ。

いつも、いやだと思うことをされたり言われたりしても、じっと黙っている。それで、そういうことがたまりにたまってガマンできなくなった時、ハレツする。
私が、いやだと言ったときは、それはもう、ご破算の時、相手との関係がなくなっても構わない、という時だ。

しかし、それではダメだ、と、このごろ思うようになった。

—-

結婚について、私は、ずっと信念にしていることがあって、それは、関係というものは常に、丁寧に大事に育てなければならない、ということだった。
一緒に住む、婚姻届を出す、ということだけで結婚は完結するのではなくて、それをどう維持するのかということにこそ心をくだかなければならないし、そのためには話し合ったり一緒に考えたり楽しんだりご飯を食べたりということを日々大事にしなければいけないと考えてきた。
そして、その通りにしてきた。
ウチはノロケじゃないが11月22日はとうに過ぎたがなかなかいい夫婦だと自負している。
それも28年間たゆまぬ努力をしてきたからだと思う。

ところがこの間、はたと気がついた。
世の中に人間関係というものは夫婦だけじゃない。
人間関係というものはみな、やっぱり、丁寧に大事に育てるべきものじゃないのか。

—-

で、自分がどうしてきたか考えた。
相手が会いたいという時にしか会わない。
相手がいやなことを言ってもいやと言えない。

話し合わないし、一緒に考えない。一緒に楽しまないし食べたり飲んだりもしない。
これじゃ何にも育たない。

—-

私は、大学時代の数少ない友人を、嫌いな同窓生に盗られたみたいな気持ちになっていた。
その嫌いな同窓生は社交的なのだ。友だちはたくさんいるのだ。
私は友だちの多い人というのは苦手なのだ。私の知っている人の範囲内で言えば、友だちの多い人はたいていいい加減だし、その場限りで調子を合わせることが多いし、忘れっぽい。
なんで私はダメでそいつなんだ、と理不尽に思ってた。

でもそれは仕方ないんだ。
私は、花を買って水も肥料もやらない、偽のお花好きなのだから。
忘れっぽくてもいい加減でもお調子もんでも、ちゃんと水をやり肥料もやり育てるから、花は枯れないし育つのだ。
そういう目で、そいつのことを見たことがなかった。

—-

私の周りには枯れてしまった花の残骸がいくつもある。
それはそれでもう仕方ないと思っている。
よく知ってる。それが枯れきったのではなくても、いまさら世話をしてもこじらすだけで二度と咲かない。

だけど、まだ手遅れになっていないものはあきらめちゃいけない。
だからほったらかして枯れたら棄てればいいやなんてことは、もう、しないでいたい。

—-

いやなことはいやと言う。
ごめんと言ってもらえたら喜ぶ。
それは私がこの花にちょっとだけでも手を掛けた証だから。

—-

わかってくれてありがとう。

更年期を笑われたみたいな気分になっちゃいました。

あなたのしもやけの苦労は毎年お聞きしてるし本当に大変だなと心配もしてるしこちらが思う以上に辛いだろうと思うけど、あなたの辛さがどれだけはなはだしくてもそれで私のしもやけがないものになるわけじゃない。

更年期って人それぞれだろうけれど、今渦中にあって思うのは、ホントに体の仕組みがガラッと変わっていっているんだなということ。
冷えだけじゃないのよ。ほてりもあるし、不眠もある。めまいが一日止まらない日もある。
関節の障害は春に手術した右手首だけじゃなくて、右親指も、左手首親指もかなり痛みがあったり動きにくかったり。ひざもそう。肩も。
今までなかった肩こりからの頭痛が続いたりとか血圧が突然高くなったりとか。

でも、「不定愁訴」というくらい、個別に見れば誰も大なり小なりもっている苦痛で、そんなのいちいち愚痴ってたらきりがないからさ。
でも辛くないわけじゃない。というかかなり辛い。
なんかそれを軽んじられたみたいでさ。
それはわかって欲しいと思うの。

糖質制限は続行中なのである。

朝はご飯(麦ご飯か、発芽玄米ご飯か、マンナンライス入りご飯)3クチ分ほど。お昼は5枚切り食パンを3/4ほど。夜もご飯3クチ分。口淋しい時はシュガーレス(糖質ゼロではない)のチョコレートか飴をなめる。時々夜ご飯の後、ホブノブというオーツ麦入りのビスケット(GI値が結構低そう)を1枚だけ食べる。
そのかわり、野菜とたんぱく質は多めに摂る。
結構いい加減な、マジに糖質制限している人から見るとお笑い種な感じの食事である。

が、じわじわ、じわじわとやせている。

とうとう、ダイエット開始から11kgやせるところまできた。
もうそろそろこれで打ち止めにしたいのである。いや、体重の数字だけだとまだふくよかな感じではあるのだけど、支障が・・・

第一に寒い。
もう寒くて寒くて仕方ない。今日の奈良は最高気温が9℃とこの秋一番の冷え込みなのだが私は今↓のエントリーの絵のように軽量毛布をローマ人のトーガのようにまとってpcの前に座っているのである。
体の末端への循環が悪くなってるらしく(これはどうも更年期のせいらしい)10月のうちから足指がしもやけである。初めはひょうそでもやったかと思ったのだが違うみたい。
庭仕事する時も、気温が20℃近くあるうちからヒートテックのレギンスをはきその上にヒートテックの毛糸のパンツをはいて暖パンをはくという有様。そして今日のような気温になってはもう庭にいること自体ムリ(まあ今日は一日降ったり止んだりで庭には出られないけど)。コタツに入ってても寒くて寒くて。
もうなんか、命の母とか養命酒とかそんなものに頼るしかないのかオレ!状態。いや、マジに。
更年期に多分、体脂肪の減少が拍車を掛けてるんだろう。
これ以上肉布団を手放したらヤバイ。

第二にシワ。
ホウレイセンとかいうものが険しい谷間になっているのはまだ序の口で、その周囲のほほの毛穴がたるんでみな線状になっているし、あごの両サイドにほほのたるみが落ちてきた。
もう典型的な初老の顔だ。
まぁ、なんのケアもしてこなかったしそれはしようがないんだけどこれ以上やせればさらに顔が老けるのは必至と思われる。

打ち止めにしたいのだけれど、その加減がわからない。
また太るのはいやだし(前にもなんども経験あるんでリバウンド)今度は生き死にに関わってくるんだろうからな。
しかしこのまま続けていたら30歳代の時のように、座ると自分の骨盤がゴツゴツして尻が痛い状態になってしまうだろうし。
どうしたらいいんかなぁ?

131119
きれいに咲いたネリネ。今年は3芽になったけど花はひとつ。

犬は日曜日の夜に眼科に行って眼圧測定したところ、左目56でした。
せっかく視力があった目だったのにもうどうも視神経やられてしまって全然見えていないし、ライトをあてても瞳孔反射がなくて、病院から帰ってきてからはかなり痛いらしく、一日中寝ていて起きているときも目を開けづらくしています。
4歳で若年性白内障を発症して11歳の今日まで長い闘病で、これからは光の代わりに痛みだけがある目になってしまって、知ってはいたし覚悟もしてたけどとうとうここまできたのかと。後は時期を見て眼球内インプラントにしてもらって痛みを取ってもらって、でもやっぱりまだまだ目のメンテナンスは続く。それも生きていればこそ、だけど。

21

世間で人気だと言う「着る毛布」がほしーなーと思いつつ、いろいろモノイリで買えないので、強制的に毛布着た。
なかなかぬくくてヨロシイ。

毛布はイオンの一番安い軽量毛布をさらに割引で買ったもの。

ガス給湯器が17年目になってまだ動くんだけど冬が来るたびにいつ壊れるかとビクビクもので、来年には非常に不本意ながら消費税が上がるらしいからもう買い換えてしまおうということにして、明日には取り付けに来てくれるらしい(ホントは今日だったんだけど雨で延期)。いやあ、犬も手術かもしれないのに、オカネには羽が生えてるよなぁ。BIGとやらを買って10億円当てるしかないね。

大丈夫。心配するな。なんとかなる。
by一休さん(というのはウソらしいけど)