140202
こないだオクで落とした雪割草「蓮月」。色がとてもよくてずっと欲しかったんだけどオクでも5000円近かったのでとても買えなかった。でもこのごろ雪割草の銘品はオクではホントに値崩れしてきて私でも十分買える。これも競争者なくて落札できた。

去年の暑さのことを考えると雪割草栽培続けられるのかなと思うけど、シーズンになるとやっぱり欲しくなっちゃう。
今年は油断せずにしっかり世話しよう。

今日の午後は窓を開けっぱなしにできるくらい暖かかった。
でも、なんかウツはげしくて犬の散歩に11時に行ってからぐったりしてコタツで寝てしまった。
バラの植え替えとかするべきだったのにな。

寒いから、集会所の桜の木の下のニホンズイセンがやっと咲き始めた。いつもは年の瀬から咲き始めるのだ。ロウバイも今頃盛り。これも1月初旬にはいつも咲いてる。
お隣の梅の木が咲き始めた。これもちょっと遅いかな。
家のチューリップの芽が出始めた。いただきもののプリムラ・マラコイデスが抽薹してきた。
今週からすごく寒くなるのになぁ。かわいそうになぁ。
私も冬眠したいなぁ。

140201
↑現在読んでる本。
あ、でも、「おかあさんの扉」と「まんが親」はずっとこの位置。
なんとなく書庫に片付けないでいる。
「まんが親」は連載をずっと追ってるし好きなんだけど、このごろは娘さんがずいぶん大きくなってきてなんかさみしい気がする。吉田戦車さんと私は同学年みたいなので、この年で幼稚園児の父ってかなり大変だろうなぁ、と。

「プルトニウムファイル」はほんとは今日貸し出し期限なんだけど延長してもらった。まだ1/4くらい読んだだけなんだけど、アメリカでのプルトニウム人体実験についての本で、まぁえげつない。

こうの史代の「古事記」は、ちょうどオオクニヌシのところのもので、国譲り神話って侵略者の都合のよい歴史であって今の日韓の関係につながるところもあるよなと、ちょっとまた勉強したいなと思ったりした。

いつものことだけどこの時期はウツが激しくなるので、なんか本を読めなくてあっちの本こっちの本行ったり来たりで進まない。

今日は昼間すごくあったかかったから、庭の実生の雪割草やクリスマスローズの花芽を見て回った。今年もいっぱい咲いてくれそうだ。楽しみだ。
来週はまたうんと寒そうで気持ちはきっとまた↓↓↓になるだろうけど、春は来るもんね。

140201a
↑神等去出(からさで)のつぼみ。