大学の3回生のときに、別のクラスの学生だったけど、学内で早朝に飛び降り自殺をした。
ウチの学校というのは教育学部しかないので、所帯が小さいから、専攻が全然違っても教養課程などでたいてい顔見知りで、もちろん私もその彼は知っているし口を利いたことも数えるほどだったがあった。私のサークルの仲間には彼とクラスが同じものも多くて、その日10時過ぎに大学に行ってみたらその人たちは激しい動揺と悲嘆の渦の中にいた。
その時の私の気持ちというのは、ただただ居心地が悪かった、というのに尽きる。
サークルには私とそんなに変わらないくらいにしか、生前の彼と関わりの無かった人もいたのだが、みな同じように彼の死を悲しんでいた。私は、違和感しか持たなかった。彼について何も知らない。苦悩があり死を選んだのだろうことはお気の毒に思ったが、悲しむのは私のするべきことじゃない、と思った。それは僭越だと思った。

主婦になってある婦人団体で役をしていたころ、その地域でその団体の活動を長い間してこられた高齢のご婦人が突然クモ膜下出血で亡くなった。通夜式が終わった後私は家に帰ったのだけれど、私と同じころにその団体に参加してきた他の何人かはそこに残って夜更けるまで亡き人の思い出話をされていたらしい。
通夜式ではみなさん涙ぐまれていた。私も親しくさせてはいただいたけれどそれも役の事務的なことの延長だったので、その人の心のうちに踏み込んだこともないしその逆もない。だからやはり、私が悲しんだりするのは変だと思ったし涙も出なかった。
「少し残って話ししていかへん?」と誘われたけれど断った。切実に悲しいと思っていないことにテンションをあげて悲しぶってみせるみたいで恥ずかしかったからだ。
向田邦子の小説で読んだ「獺祭」という言葉が浮かんだ。

私はごく近い人の死に目に会ったことがないから、死というものが本当にはわかっていないのかもしれないけれど、やはり自分の立ち位置を見失うくらい悲しみにおぼれるようなのは気持ちが悪い。
そういう悲しみの中には、なんだかほんのちょっと「甘み」があって、本当はそれを楽しみたいんじゃないかと邪推してしまう。

私が、誰に恥ずかしくもなく悲しみにおぼれられるのは、犬が死んだときか、夫をなくしたときだろうな。

140319
新顔さんの「天朝」の花。

今日はもう、雪割草の古葉切りをはじめた。元気ない子が多いのでこれからどしどし育てる!

Yahoo!知恵袋
小人さんや妖精さんのせいにする夫。
より

結婚当初から夫は何か言い訳する時「妖精さんが・・」「小人さんが・・・」と言います。
決して「自分がやりました」と言わないのです。
(中略)
夫は炭酸飲料が好きで毎日と言っていいほど仕事帰りに買ってきます。
飲んだペットボトルはそこらへんにポイ。
私が「飲んだから洗わなくてもいいから台所においておいて」と言えば。
「俺は台所においたけど小人さんがここに置いた」と言います。

どこにも似たような夫がいるなぁ。
ウチの夫は小人さんじゃなくて、「ピコットさん」のせいにするけどね。
140318
車が洗える水洗トイレ・・・

今年の初めに、高校のときの同窓会の案内があったのだけど、速攻で欠席の返信ハガキを出した。
犬おいて、長時間家を留守にするのイヤだし、お金ないし、人目に触れるトコ行きたくないし、高校のときは倫社で伝説的な試験の点を取ってしまって(平均点11点のテストで最高点の93点、私の次点の人は64点とかでそれがウチの高校からは極めてまれな京大に行った人)なんかガリベンをしのぐガリベンとクラスのワルイ子さんたちに思われたらしくて(ふざけるな人を誰だと思ってるんだ私が勉強なんかするもんか)そいつらとは反目し合ってたし(古文の授業でデキがよかったもので教師の代わりに1時間授業をさせられたことがあったがその時にそいつらばっかさしてやったりした)そのワルイ子さんたちの一人が幹事だったりしたしで、行かない理由は山ほど。
で、行きたい理由というのがないのだこれが。
昔友達だった人はいるけれど、今は年賀状のやり取りしかしないし、会いたいかというと別に会いたくない。境遇が違いすぎるし、あの時友達だったとしても、誰も私を理解なんかしなかったし今なら余計にそうだし。
そうそう、ワルイ子さんたちの中の一人が、卒業して6年くらいたってから「不幸の手紙」をくれたことがあって(無記名だったけどすごく特徴ある筆跡だったからすぐわかった)、彼女がきたら手紙をありがとうとお礼を言いたいかなぁ(ウソ。それに実はいただいてじきにお礼の「幸福のハガキ」を書いた。「この手紙を受け取った人には幸福が訪れるでしょう。しかし、過去に一度でも不幸の手紙を書いた人にはその恩恵は受けられません」とかなんとか)。

いや・・・こうして思い出してみると私の悪事の数々。アホはアホで放っておいたらいいのにいちいちなぶって。こんな悪い人間はやっぱり同窓会に出たらアカンわな。

先月もらったバイオテロのハガキにも「会いたいなぁ」と書いてあった。
私は会いたくない。「あいたいなぁ」と懐かしむ思いというのが別段無い、ということに最近気がついた。
これまでも「あいたいなぁ」と手紙などで受け取って会ったこともあるけど、相手が会いたいから会っただけで、自分はどうだったかと考えると特に会いたくはなかったようだった。
こういうのこの年まで気がつかないなんてダメだなぁ。
感情が豊かでないことは無いと思うし、ドラマとか映画とかドキュメンタリとか人一倍気持ちを揺さぶられる人間なのに、自分とのかかわりで人を見るときにかなり冷静というか冷たくて非情かもしれない。
私の歴史はみな目を覆いたくなるような悲惨で苦痛なもので、そんなものを懐かしんでどうするのだ。
今が一番幸せ。ここから出るもんか。

140317
夫の職場の人からのいただきものの実生ヘレボルス。
バイカラーのセミダブル。こういうお花好き。

140314
2月17日に食べたナナツモリランチ。

・・・もう何食べたのか全然覚えてない。
鶏のハンバーグみたいなのと、大根の竜田揚げ?マヨきんぴら?ブロッコリーの和え物?ほうれん草と豚肉?の何か?サラダに、玄米ご飯と、水菜と牛肉のスープ。

食後はコーヒーをいただきました。

夫が転勤になって、手当てが6マンエンほど減るので、4月以降はちょっと、かなり切り詰めてもセイカツがヤバイ感じで、1年間通しでナナツモリに通いたかったけどもう1回くらいで打ち止めかなー。

年末にガス給湯器を買い換えて、これでガス代が安くなるかなと期待していたんだけど、ウチはプロパンでプロパンというのはまぁ、ガス会社の勝手で値段が決められるらしいので、もとからずいぶん高くはあったのだけれど、なんか燃料調整費だとかで、器具を換えた12月から値上げして、さらに今月には立米あたり70円もまた上げてきたので、ガスの使用量は去年の同じ月から10立米も減っているのに、料金は変わらないという・・・
ここにさらに来月からは消費税が3%増えるのかと思うともう。
風呂に入るなってか?

誤算といえば誤算なんだが。
古い給湯器では沸かし直しすると「際限ない足し湯」をしていて新しい給湯器ではそれが無くなり水道代が2000円くらい安くなったのでちょっとはヨシとしようか。

テレビでは、ベアだ昇給だとにぎやかしいけど、そんなのは大企業の正規社員だけの話。中小企業よりも、非正規よりもまだ下流の、流通業にまではその波は届かないんだって。
これで消費税増税なんて、日本を墓穴に突っ込みたいのだとしか思えないよね。

最近マイブームのあげさんのチーズ焼き。

140313

揚げは手作り揚げっぽい肉厚なのを買ってくる(関西では「京揚げ」とか「大和揚げ」なんて名前でスーパーで売ってる)。
フライパンで片面を弱火で焼き色が着くまで焼いて、ひっくり返したところに、おともだちにいただいた埼玉の東松山の味噌だれを塗ってとろけるチーズをのせ、フライパンのふたをしてチーズが溶けるまで焼く。
お皿にとって、仕上げにこれもおともだちからいただいた善光寺の胡麻辣油をちょろっとかける。

ウマーウマー!

続きまして、こないだcafeことだまに行ったとき出てきた大根のステーキの我が家バージョン。

140313a

大根は輪切りにしてさっと下茹でしてダシタ(韓国の牛肉だしの素みたいなの)の薄いスープで串が通る程度まで煮て味を含ませておく。
フライパンにバターを溶かし、両面に焼き色をつけて皿にのせ、これもおともだちにいただいたTamaLive(味噌たまりとオリーブオイルを合わせたソース)を回し掛けて、鰹節をのせる。

おいしかった~
こんなふうにおいしくつかわせていただいております。
ありがとう~