4月8日、京都府八幡市の淀川河川公園にある背割堤へ桜を見に出かけた。

時間がないので西名阪を使って郡山ICで下り、24号を北上して、京奈和自動車道で城陽ICまで。後は一般道をぐねぐねと。
少し迷ったけど9時半過ぎに淀川の北畔の特設駐車場にたどり着いた。

駐車場のところはもともと公園の一部分なのだがあちこち立ち入り禁止の箇所が。去年の台風18号の洪水であたりが水につかったらしく、地面が荒れてしまって整備されていないところが立ち入り禁止になっているらしい。周囲の木に枯れ草がボールになって絡まっているのもある。

背割堤は淀川と木津川合流地点の治水のために作られた堤らしい。
背割堤へは北側からも南側からも御幸(ごこう)橋という橋を渡る。

140410e
↑これは御幸橋の南側の橋梁から見た背割堤だが、堤の上に北面南面2列の桜が全長1.4km植えられている。

140410b
堤の上の遊歩道。こういう桜のトンネルがずっと続く。

140410a
堤から南側を見る。
前に見える山が男山という山のようで、山の向こうに石清水八幡宮があるのだが、今回は行けなかった。

堤の北側にも南側にも遊歩道があり、草地になっていて開けている。
ところどころ堤から下りる階段があるので下りてみた。
背割堤というとお約束なショットがあるので私もマネして撮ってみた。

140410
桜はもう3割くらいは散っているようだったけれどまだボリュームあったし、空は青く草も青く、美しかった。

また堤に上がっててくてく歩き、先端(淀川と木津川の合流点まで行って、堤から下り、南側の遊歩道を歩いて、途中から堤をまたいで今度は北面の遊歩道へ。

140410d
陰のある桜の景色もまたよし。

途中、結婚式をしていたり、中国語を話す身なりのよいたくさんの観光客と行きあったり(日本の桜を楽しんでいただけていたらうれしい)、麻丘めぐみみたいなお姫様カットをして70年代アイドルみたいなミニドレスきた木村佳乃似のオンナノコがモデルになって撮影をしている人(たぶんなんかの雑誌のグラビアかな)がいたり、桜の見方楽しみ方もいろいろ。

桜以外のことを(2)に書きます。