3月彼岸ごろから、犬の散歩コースにうっとおしい虫が現れるようになった。
眼の周りをぶんぶん飛ぶ虫である。

私は「メマトイ」という名前は知っていたが、この虫がどういう虫かはよく知らなかった。

3月31日、集会所の前で桜の写真を撮ろうと思ってうろうろしてたらこの虫が飛んできて、うっとおしいと追い払ったら、私がシャッターを切っている間に犬の左目に止まっていた。気がついて追い払ったがたぶんその時間5秒くらいか。もうちょっとか。

もしかして、犬の眼に卵でも産んだのとちゃうかと思い、あわてて犬の眼の涙を紙でぬぐって、家に帰ってからも水で眼の中を洗った。
で、この虫の正体を調べてみた。

正確にはヒゲブトコバエというらしい。ちょっと前まではクロメマトイというように呼んだようだ。

メマトイといわれる虫はいくつかいるらしいが、よく知られるのはヒゲブトコバエとマダラメマトイの2種らしい。
メマトイの仲間の成虫は哺乳類の眼脂(目やに)や涙をエサにするので、人の顔にまとわりついてくるのだそうで、別に人の目やにじゃなくてもかまわないので、犬やら他の動物やらの眼にも寄ってくる。そこで問題なのは、このメマトイの体の中には、蚊の体の中にフィラリアの子どもがいるのと同じように、「東洋眼虫」という線虫の子どもがいて、目やにや涙をなめた時にその哺乳類に置き土産するのだそうだ。いらんわそんな土産。
で、3~5週間するとその東洋眼虫の子どもが成虫になる。で、眼の中をぞろぞろと這い回るらしい。(おぞぞ)
西日本ではこの東洋眼虫の寄生で動物病院にかかる犬がそこそこいるようだ。

マダラメマトイが東洋眼虫の中間宿主であるのは確かなようなのだけれど、ヒゲブトコバエについては「メマトイ」とひっくるめて書いてあるページばかりで、ネットで調べた限りではヒゲブトコバエも東洋眼虫をうつすのかはよくわからない。
そろそろ3週間目も近づいてくるし、日曜日には犬の眼科に行くので先生にお伺いを立ててみよう。

で、ほとんど毎日、午後の散歩時にはまといつかれているんだけれども、今日はどうにかヤツを退治できないかと思って犬の散歩そっちのけで手を振り回したり叩いてみたりしたけどダメ。傍から見たら、あれは何やってるんだおかしいのかあのオバサンはと思われただろう。
仕留めることができずとぼとぼ帰ってきて家の玄関の前に来て止まった時、ブーンと羽音。
家まで着いてきてしまったらしい。で、バチン!
・・・仕留めましたがな。

140417
こんな虫です。ノートの罫線の間隔が6mmです。

これまで、メマトイが飛んでくることなんかなかったのにどうしたのかなと思っていたら、なんでも、「オオワラジカイガラムシ」とかいう虫をこのヒゲブトコバエの幼虫が食うらしい。だからオオワラジカイガラムシが増えるとヒゲブトコバエも増える。このカイガラムシがつくのがナラやカシの類らしいのでこのあたりの里山にはいっぱいあるし、なんかの加減でカイガラムシが繁殖してしまったのだろうなぁ。
来年はいなくなってくれるといいんだけど。

犬の散歩コースに4年位前に建った家がある。
若いご夫婦が入居してきて、手付かずだった外構をコツコツDIYできれいにされていった。ウッドデッキができ、周囲にウッドフェンスが張られ、敷石や砂利敷きもとてもセンスよく、いろいろな植物がまるで庭造りのムック本のグラビアのようにきれいに植えられていった。
そのうちに赤ちゃんを抱く奥さんが庭先に立っていたりするのも見た。鼻先の長いスポーツカータイプの車が買い換えられ、大きなワゴンカーと、奥さんが買い物などで使うらしいかわいい軽四がガレージに置かれるようになった。
「いいな」と思っていた。ちょっと僻目もあった。まだ若いのにきれいな新築一戸建て。それにとても上手な庭造り。子どもがいる明るい未来。
僻目といってもほんのちょっぴりで、やはりその家が育っていく様を毎日見ることが私は楽しみだったのだ。
いつからだろう。かわいい軽四がずっといないままになった。夫と一緒に散歩する時に「あれかな?奥さんまたおめでたか何かでご実家にでも帰られてるのかな」などとひそひそ話したりした。
そんなことを話してからもう2年くらいになる。ずっと車はない。奥さんも赤ちゃんも見ない。
もう、確かに、「そう」なんだろうな、と認めざるを得ない。
いまどき、ちっとも珍しくないことだし、昨日はネットニュースにもダディとかなんとかいう人が4度目の結婚だとかの文字も見たし(気に入らないんですけど、なんであの人「清志」って名前なんですか?どーしてキヨシローの本名と一緒なの?)、誰にだっていろいろ事情はおありだろうとはわかるんだけれど。
ただ、その家の前を通るのがなんだかしみじみかなしい。一人では大きすぎるようなお家と手の込んだすてきな庭に風穴が開いているような心地してかなしい。
29年結婚を形作ってきたけれど、運のよいことに(お目出度いことに)無瑕であることが当たり前すぎて、だからことさら、かなしくさびしく感じてしまうのだろう。

140416
昨日はライラックの咲いてるのを見た。今日はヤグルマギクが咲いてた。

もう1週間前になっちゃったけど、約束なので書く。
「桜」と題したけど、桜以外のこと。

140415
河口までの距離を示す石の表示(こういうの名前あるのかな、なんていうんだろ)。

140415a
川の合流点を示す石の表示。

140415b
背割堤南側の河原にたくさん咲いていた花。キンポウゲ属?キツネノボタンの仲間の外来植物かな?と思って帰宅して調べたらビンゴ。トゲミノキツネノボタン Ranunculus muricatus。

140415c
背割堤北側の斜面の一箇所に群生してたアマナ Amana edulis。
かがみこんでしげしげと見ていたご婦人がいたのでつられて見てみてわかった。かつてはチューリップだったなこの子も。

140415d
グラビア撮影のモデル?の花のようにあいらしいオンナノコちゃん。
よく、ジャニタレなんかをかわいいと思うようになるとオバサンだというけど、こういう子みてカワユイと思うようになったというのはオレはやっぱオッサン化しとるな。(ご存じない方へ。いちおうこのブログは女性が執筆しております。)

うららかで、きれいなものかわいいものたくさん見ることができて、大変楽しい一日でござりました。