11時過ぎ、慌てて買い物から帰ってきたら、庭にお客さんが。

今日は安売りスーパーで冷食6割引の日だったので、このところなんとなく週1で食べてる味の素のぎょうざを買いに行って、それを冷凍庫にいれなきゃなんないのに、とりあえずドサっと玄関先に置いて、いつも下駄箱の上においてあるデジイチをもってそろ~~っと玄関から出ると、一旦はとまっているところから飛びのいたけれどすぐまた別の葉にとまってじっとしているので、近づいて写させてもらった。

140616
コボタンヅルの葉っぱにとまってる。

また飛んですぐ近くの葉にとまった。今度は裏側が見えた。
140616a
よく来るコミスジより大きいので、ミスジチョウなのかホシミスジなのかさっき調べたんだけど、ホシミスジらしい。
食樹がユキヤナギやコデマリなので住宅地にも発生しやすいらしい。

裏側の羽の付け根の点々が見分けるポイントらしいのだが、あんまり裏側見せてとまってくれないんだよね。

自分がいやでいやで仕方ない時ばかりだけど、庭にいて、植物や小さな虫たちを見ていたりすると、そういうことを楽しめる自分が唯一好きだということに気付く。そんな気持ちは庭にいないときはもやのように消えてしまってずっと持っていられないんだけど。

気を張りっぱなしではいられないものだけど、犬の経過がなんだか足踏みっぽいのも心配で、庭仕事に集中できたら違うんだけれど、犬の世話もあるし、なんか元気がしゅるしゅる抜けてる。

最悪は眼のインプラント(シリコンボール)が活着せず、眼球摘出手術になってしまうこと。あんまりないことらしいけど、もしウチの犬がそうならどうしよう、とわけもなく考えたりして。

今日は夕方に、犬の眼を拭くコットンがなくなっちゃったので慌てて買いにいったんだけど、気持ちがうわついてるので、事故起こしたらいけないと思って、落ち着け落ち着けと心で言いながら往きは走って、帰りは、私が辛気臭い顔してたら犬が堪えると思って、笑って笑ってと言いながら走った。

笑わんと。

140614
ツルコケモモの鉢に居候の(多分)カンサイタンポポ。
笑え~

夫が今日から出勤なので、一人で犬の世話をせにゃならぬ。
まあ大したことではないのでぼちぼちやろう。

家を出られないので、本を読んだり庭仕事をしたりしようと思っていたが、庭仕事が手が汚れるから、始終犬の眼の滲出物を拭き取らなければならない指が汚いのもよろしくなかろうと思うので、本でも読んでいよう。

日曜日にブックオフに行って、みをつくし料理帖の第5シリーズ以降を買ってきたので、それを読もうかな。
録画したドラマを見たけれど、あんまりだったかな。
小松原役の松岡くんは結構上手に時代劇演じられるんですね。小松原っぽくはなかったけど。

そうそう、今朝夫が仕事に行こうとすると、玄関の「仕事に必要なものを入れておくカゴ」に夫のキーが入っていないんですの。
で、昨日はいたズボンのポケットにあるだろうと夫探すんですがない。あれれ?
私は車につけっぱなしなんじゃないかと思って見に行ったんですがついてない。
昨日の夕方、なんか車のドアバタバタやってたはずだから、確かに一旦は家の外にキーを持ち出してるはずだけどいったいどこへ・・・と思いながらふと見ると、車の後ろに止めてある私のバイクの前カゴカバーの上にキーがのってる。
・・・キーは車のもついてるけど家の鍵もついておりますの。
これって、置き鍵をドロボーさんに見つけられるより、何百倍もアホだね。どーしよーもないね。
だって、さささ、どうぞおウチにお入りください、ってなもんだもんね。

犬の手術の日にも、犬を病院に預けている間、買い物に行った時に、スーパーの向かいの駐車場に車を止めて店に入ろうとして、赤信号なのに何も見ずにすっと横断歩道を渡って、停止線でとまっていて走り出そうとしていた車の運転者さんを唖然とさせてましたし。

私がついているときには、夫のこういうポカをなるべくカバーしているんだけれど(はっきり言って夫の命を救ってやったことは数知れず)、こちらが寝不足でボーっとしてるのでなかなか手が回らず、今夫が生きているのは奇跡かも。
とりあえず奇跡もうイッチョ。ウチの鍵が悪用されないことを祈っております。

140612
八重咲マツモトセンノウ、の名前で買ったリクニス。本当にこの名前でいいのかなぁ?ずいぶん大柄なんだけど。

犬夜中に3時間かけてゲロりまして。
今夜は寝られるぞーと思ってたけどアカンかったww
でも犬の方がしんどいからね。がんばる。

140611
某所とは別ショットのフェイジョアの花。いつの間に食ってくのかなぁ、ヒヨドリ。