先週の金曜に「発酵乳酸カルシウム」というのが届いたので、犬の飯に混ぜてみた。
翌日土曜の午前中が医者で、便の調子もいいので、もう一週間ステロイドを同量で投薬して、来週からは減薬してみましょうというお言葉を得られて、すごくうれしくお医者を後にしたのであったが・・・
夕方の散歩でかなりゆるゆるの軟便、翌日曜日には粘液便まで出る始末。
カルシウムの投与はやめて様子を見ると、月曜日は軟便だったけれど、昨日今日はちゃんと固まったので、犯人はやっぱりカルシウムだった。

発酵乳酸カルシウムというのは、サトウダイコンの汁を発酵させて乳酸を作って、その中に、カルシウムを含有しているもの(カニやエビの殻とか、骨とか、貝やサンゴとか、その他)を入れて溶かして、乳酸カルシウムを作ったものらしい。
なんとなくその辺の説明があいまいで、粉状の商品が純粋な乳酸カルシウムなのだと思って購入したのだけれども、8割くらいは不純物のようで、6割近くは炭水化物みたいだ。炭水化物も単糖なら問題ないと思うのだけれども、もし多糖類なのだとすると、大腸に負担が大きすぎて下痢になるのかもしれず、その辺の表示が何もないので何が犬の腹に害なのかわからずじまい。

とにかく、食餌で摂れないカルシウムをはやく摂取させなければと思うのだけれども、せっかく買った発酵乳酸カルシウム600gはまたゴミだ。
煮干を塩抜きしたものを少しずつおやつ代わりにやってるのだけれど、これは腸が拒否しないか今は実験中。
それから、卵の殻をきれいに掃除して、オーブンで焼いてすり鉢ですって粉にしたものをお酢につけて、えさに混ぜるというのを今日からしてみるつもり。
ただ、卵の殻のカルシウムは炭酸カルシウムで、これに反応して下痢をする子がままいるらしいので、ウチの犬もそうじゃなければいいなと願っている。

カルシウム摂らないと骨が溶けちゃうし、心臓も動かなくなる。なんとかしたいのだけれど。

昨日、馬見丘陵公園に梅を見に行ってきた。
いい香り。

150225

150225a

家から出られない生活は正直しんどい。気の晴れることが何かしたい。
ちょっと泣き言。

犬、体重増えた、みたい?
先週の木曜日から、ヒルズのz/dをやめてまたささみおかゆに戻したら土曜の朝には水様便が固まった。
まだ粘液がたくさんついてるけど、2ヵ月半も下痢繰り返していたんだから大腸の粘膜ぼろぼろだろうし、そんなにかんたんには治らないのかもしれない。
ささみおかゆはもろもろの栄養素が足らないので、今犬のエサはサプリまみれ。亜鉛とビタミンB群と乳酸菌と消化酵素とベジタブルサポートという肝臓用のサプリとビール酵母。近日中にここにカルシウムのサプリが加わる予定。
食べ物で摂らせようと思えば下痢になるので致し方なしとはいえ、1kg2500円のフード食べさせた方がずっと安い。貧乏に呻吟するのであった。

夕方におかゆをたいて、それを丸一日で食べさせるのだけれど、この病気になるまで一日二食だったものが、今は基本三食、でも常に餓鬼のように食べ物を欲しがるので2時間おきくらいにおかゆを分けて食べさせてる。だから始終犬の口を拭いたりしている。
昨日は、午後2時に散歩に行ったのに、7時過ぎに夫が帰ってきたとたん、何かのたがが緩んだらしくて、玄関で滝のようなお漏らしをやらかした。玄関でよかった。居間のラグの上だと私立ち直れないわ・・・よよよ。
ステロイドのせいで多飲多尿なのでオシッコの回数にも気をつけないといけない。朝は5時過ぎには犬が起きて、「おかあちゃんオシッコしたいですおきてください」と鼻息で知らせるので、抗アレルギー剤の副作用で眠れるようになってきたのになかなか状況は許してくれない。

・・・そんな結構タイトな日々を送っているんだぜ。でもオレは負けない。

ああ、キヨシちゃんの映画観に行きたかったなぁ。奈良ではやんないんだもん・・・

150219
去年ヤフオクで手に入れた黄花の雪割草が咲いた。いただきものはウイルスが出て、京都で買ったものは株分けのあとみな枯れてしまったので黄花リベンジ。
花形もよくて色も濃い。よきかな。

犬が最初に下痢した次の日に当麻寺の奥の院に行ったことはここに以前書いた。

NHKの朝のニュースで紅葉の名所と紹介されたからか、またまた日曜日だったからかすごく混んでいて、落ち着いて紅葉を楽しめなかった。まるでぞろぞろと行列のように順路をめぐっていたのだが、後ろから女性の、癇にさわる声がする。
「え~かわいいぃ~~」という同じセリフを甲高い声で連発するのだ。
いったい何をかわいいと言っているのだろう、何かかわいいものがあっただろうか、そういう貧困な形容は幾つ位の女が使っているものなのかと疑問があふれてきたのでふり返ってみたら・・・私と同じような年配の、私と違いちゃんと年相応に装った女性だった。もみじを見て、「かわいいぃ~~」と言っているのだ。なんじゃこりゃ。
もみじを見て、「かわいい」という形容詞を使うことの違和感はないのか。
写真を撮りたかったので、「かわいい女史」をやり過ごして留まったのだけれど、歩いていく先々でやはり「かわいいぃ~~」を連発していた。

最近、「ストロングゼロ」とかいうチューハイのCMで、俳優の西島秀俊が「女子は何でもかんでもかわいいと言う。じゃあ俺はなんでもかんでもストロングと言おう」と言ってるのを聞いて、私は「あ、それそれ知ってる!」とテレビを指差して叫んでしまった。リアルに女子と話をする機会のない私にはなかなかリアル女子の生態はわからないからこれは稀有な事例だ。

最近、ネット上のとあるところで人のコメントを読む機会が多いのだけれど、そこで接する機会が多い単語が「癒される」だ。
これは女子が多用するのが目立つが男子もままある。
この言葉にも私は非常に違和感を覚える。「癒される」ということは彼女等彼等はいつも傷ついているということなのだよな。「幸せの国」「人生の半分しかない場所」と言われるところなのに、みな実はとても傷ついていてとても癒されたがっている。ずいぶんと欺瞞に満ちた話じゃないか。

そんななので、私は「癒される」は絶対に使わないようにしようと心がけている。他の言葉で置き換えられるのであればそのように。
ただ、「かわいい」は状況に応じて使っている。実際「かわいい」でしか表現できないことは多い。それに「かわいい」を使うことで受容してもらえる女子コミュニティというものも確かにあるので、戦略的に用いている。
スレっからしだなぁ、私は。

150209
大和郡山の椿寿庵で見た、「佐渡やぶ」という椿。

昨日は一日、ほとんど家から出ずに過ごした。

犬はやっぱりあんまり調子よくない。一度よくなってきていた便が、また量が多くなって臭くなってゆるくなってきた。
多分小腸でちゃんと消化吸収できていないんだろう。
いっぱい食べるのにいつもお腹をすかせてる。食餌の3時間前にはもう、台所の方を向いてお座りをしてご飯が出てくるのを待っている。まるで一日何も食べていないような顔をしてる。
食べても吸収されないから多分すごい飢餓感があるのだろうな。体重も減ってしまった。今血液検査したらアルブミンの数値が下がっているのかもしれない。

ステロイドは先週末すこしふやしてもらったのだけれど、効かないどころか悪くなっている。だから、犬の場合はIBDとしても難治性で、そうでなければ消化管リンパ腫なのかもしれない。これで食べなくなったらあっという間に死に至ってしまう。
厳しい。

なぜだかなぁ・・・世界に犬は山ほどいるのに、どうしてコイツばっかりこんなにいろいろ当たりくじをひくかなぁ。
目の事も、肝臓のことも、鼻のことも、そしておなかのことも。1匹で請けおわなくったってよさそうなものなのに。

犬といる時間が残り少ないから、なるべく犬と一緒にいたい。犬から目を離したくない。でも、それで家から出られなくなったら、犬と離れ離れになってしまった時に立ち上がれなくなってしまうから、夫の3連休、自分の尻を叩くようにして3日と4日は外出した。でも5日は、私の一番したいこと=犬と一緒にいることをさせてもらった。

150206

4日、馬見丘陵公園で見た鳥。よその人に「ツグミ」と教えてもらった。ツグミってなんとなくもっと小さい鳥かと思っていたのだが、ヒヨドリくらいの大きさだったのでビックリした。