犬、生きています。
・・・こう書き始めなければならないのも結構キツイ。

3週間、3種類の抗生剤をとっかえひっかえ試してみたが、肺の浸潤はどんどん広がり今は全部真っ白になった。
ステロイドを飲ませると楽になるようなので、もしかして犬は副腎機能が落ちてしまっているのではないかと思って、「ACTH刺激検査」というものを否定する動物病院の先生に無理やり頼み込んでやってもらったのだが、検査の結果は「副腎機能は正常」というものだった。
先生は肺炎を真菌性のものと仮定して真菌治療の投薬を、とおっしゃったのだが、真菌の治療は時間がかかるし、もし真菌性肺炎でなければ時間の無駄になるし、その間犬の苦痛の時間を引き延ばして効果がないまま死なせることの方が多いように思われて、真菌治療はしないことにした。IBDで隔日で与えていたステロイドを毎日与えてよいと言っていただいたので、すぐに効かなくなるだろうとは思うがしばらくステロイドに頼って、犬を楽に過ごさせてやることにした。

一昨日の夜は犬も私も一睡も出来なかったが、昨日の夜はゆっくり眠らせてもらった(それでも犬は2時ごろ布団に入ってきて震えていた)。今日は犬は朝から下痢だけど、ご飯も割りに食べたし楽そうだ。
犬が寝ている間に買い物も家事もできたし、たまっていたメモ類も消化したし、つくり置きの常備菜まで作れた。
今日はいい日だった・・・(いまのところは)

160224a
すっかり元気がなくて耳垂れすぎの犬。おとうちゃんといっしょに。

160224
庭ではいつのまにクリスマスローズがいっぱい咲いていた。

気持ちにゆとりなくて書けなくて。

犬、生きてます。呼吸困難とひどい震えはひどくなるばかり。今週からはご飯も食べなくなってきて、今はいつもの半分くらいの量を一日おきに(ステロイドの効いている時だけ食欲が増す)食べるだけ。セーターもブカブカになっちゃった。
でも、生きてます。1日おきにしんどくなって、そのしんどい日には夜中の1時ごろから余りの震えで眠れずケージの中をうろうろし、3時ごろ私の寝床に入り、胸の中で震えながらようやく眠りにつきます。
かわいそうでかわいそうでかわいそうで。
でもなにもできない。ただ見守ってしんどいねしんどいねと声をかけるだけ。
よくなるものならよくなって欲しい、でも、もう決まっているのなら長く苦しまないで欲しい、その間を毎日毎日うろうろうろうろしています。何を願おうが、一喜一憂しようが、現象はあるがままで起こるべきことが起こるべくして起こるだけであり、私はそれを受け入れるしかないのだとわかりつつあります。

160219
寒くて震えているわけではないのだけれど、つい毛布で蓑虫状態にしてしまう。

庭にも少しずつ春が来ているのに、なんだか無感動です。今日は状態の悪い雪割草の株から出たつぼみをチョキチョキ切っていました。

160219a
ヘレボルスの花芽だけど、なにか悪魔みたいに見える。

節分・立春・あにばーさりーと、このダメダメな季節の中の唯一の浮上ポイントだったのに、犬、具合悪くて、ほぼ家に張り付きでしたわ。

犬のことは、88の方に書いたので・・・

2日の夫の休みに、新しいカメラを持って写真を撮りに行った。長谷寺に行ったんだけれど、長谷寺は修理中で結局入山せずに、参道と天神社だけ見て帰ってきた。

途中、おばあさんネコなんだけど、足がもう不自由でよろよろとしか歩けないのに、私たちが通りかかると寝床から出てきて後追いしてくるのでかわいかった。私はアレルギーでネコは触れないから声をかけただけ。

160208
老いるって、悲しいけど、いとしい。

また、1週間あいてしまった・・・

先週の寒波が厳しかったので、もう頭が冬眠してしまって、なんとなく、メインのタンクがカラッケツで予備タンクだけで生きている感じ。予備タンクだけだと、犬の世話と飯のしたくだけでもう手一杯なのだ。
でもでも、水曜日には医者に行ってきたし、土曜日には毛染めと散髪もできたから、我ながらすごくがんばったぞ。褒めてつかわす。

木曜日はあったたかったので、馬見丘陵公園に行って歩いたり写真を撮ったりした。

160201
早咲きの紅梅が咲いていた。他のはまだこれから。
鳥さんもいろいろ見た。ホオジロとか、(たぶん)ルリビタキのメスとか、シジュウカラとか。
はやくはやく、春になんないかなぁ・・・

もうすぐ誕生日なので、夫がカメラを買ってくれた。これまでつかっていたのがNIKONのd3000で、今度のはd3300。おなじエントリーシリーズだけど、上位機種にも迫るかなりお得な仕様なのらしい。画素数がものすごく大きくなったし、液晶がきれいになったし、いろんなエフェクトモードがついてておもしろい。
いろんなお花を撮りたいな。はやくはやく、春になんないかなぁ・・・