4月23日にはイカリソウ交配の講座を聞きに大阪鶴見の咲くやこの花館に行ってきた。
講座はとってもおもしろくてためになったけれど、ここで書くと長くなっちゃうので、館内で見たお花たちを。
他のお花もキレイだったけれどとにかく蘭がとってもよかったので蘭だけ。

160429
Ascocentrum cv. と札のついた着生蘭。華やかでかわいい。

160429a
棘みたいに見えるのが蘭。

160429b
上の全体像。コブラオーキッド Bulbophyllum purpureorhachis 。
どういった必要性があって、こんな形になったものなのか。不思議だ。

160429c
Cymbidium insigne 。シンビジウムでも、なんか野趣があって、これ好きだ。

160429d
Epidendorum pseudepidendrum 。これ、配色がものすごく好き。

160429e
Phragmipedium longifolium 。なんでこんなふうにネジネジになるのかなぁ・・・

撮りそこねや失敗もあったのでご紹介はこれだけだけれど、ランとってもきれいだった。

昨日の続きで、4月25日にあちこちで撮った草の花をご紹介。

160427
ミヤマキケマン。
普通のキケマンは見たことあるけれど、ミヤマキケマンは初めてだったかもしれない。

160427a
コケリンドウ。
これはホントに、ものすごく小さいので、よく見つけられたと自分でもビックリ。もちろん初めて出会ったお花。也々、ありがとう!(いいことがあるといつもそんな風に思ってしまう)

160427b
ウスバサイシン。
葉っぱはペラペラ。でもお花はおなじみのカンアオイの感じ。これも初めて出会ったお花。

160427c
ツクバネソウ。
これも図鑑でしか見たことないお花。かわいくペアで並んでた。

160427d
トリガタハンショウヅル。
これは以前、葛城山で会ったことがあったと思う。でも、道沿いの落石よけのネットにたくさんたくさんからみついて花をぶら下げていた。

160427e
オオチャルメルソウ(だとおもう)。
これは何度かお会いしたことがある。

160427f
エンレイソウ。
いつもおともだちが写真を送ってくれたりブログで見せてくれたりしていたもの。植物園以外で自生のものは初めて。
うれしかった。

160427g
ミヤマカタバミ。
これはこの間の金剛山でもお目にかかったけれど、山間部の涼しいところなのでお花はこれからが盛りみたい。

160427h
キンキエンゴサク。
これはずっと、ヤマエンゴサクだと思っていたのだけれど、キンキエンゴサクらしい。妖精みたいだなぁ。

そんなわけで、お山の自然を思う存分満喫してきた、ステキなドライブだった。
帰宅したのは午後4時。奈良県内の14市町村を走り回った1日だった。

ホントは、先週土曜日23日のお出かけのことを先に書かなければならないのだが、後回しにして、昨日25日に出かけた、天下の酷道309号線、行者還林道で見たものを。

国道309号線は、行者還(「ぎょうじゃかん」、と読んでいたが、「ぎょうじゃがえり」と読むとwikiにはあり、「ぎょうじゃもどり」と読んでいるサイトもある。どれが正しいのだ)岳という、ものすごく険しくて、役行者も引き返してきたという山を越える林道で、現在は国道に昇格しているのだけれど、ほとんど1車線で、どこにもここにも「落石注意」の看板があり、いたるところに石が実際に落ちている、急カーブの連続する「酷道」である。
おまけに冬季は通行止め区間があり、道にゲートが下りてシャットアウトになるのだけれど、つい先日開通したので、ヤマザクラの景色で有名な「ナメゴ谷」を見下ろす景色を一目見ようと朝の6時に家を出た。

明日香、吉野を通り、川上村から上北山村より行者還林道に入って、曲がって登って曲がって登り、9時半ごろ現地に到着した。

・・・fbの奈良の情報グループで見たとおり、今年は桜がはやくてもうヤマザクラはほとんど散っていたのだけれど。

160426
尾根筋に残った自然林のいろどりが本当に綺麗。ここに桜が咲くのだけれど、散った後でも美しい。
山火事が起こったときに、別の植林に燃え広がらないように、防火林として自然林を残しているものらしい。

160426a
別の場所から。まだヤマザクラが咲き残っているところもあって、まさに「山笑う」の風情。

160426b
山にはマルバアオダモの花が目立った。

160426c
キブシの花。ミソサザイがひっきりなしにさえずる滝のそばで。

160426d
クロモジの花。ちょっと小枝を折ってにおいをかいだらいい香り。

160426e
初め、トサミズキかと思ったのだけれどトサミズキは紀伊半島に自生しないそうで、調べたら、コウヤミズキというのらしい。あまりお目にかかれない木なんだそうだ。

160426f
コバノミツバツツジ。日当たりのいいところでは咲いていた。まだこれから盛りのようだった。

草の花編もまた投稿したいと思う。

・・・とはいうものの、夫が今日は帰宅が遅く、お弁当をもらってくるので、ホントは、也々のためにステーキでも焼こうかと(也々はステーキを焼くと、鼻をヒクヒク、クンクンクンクンして、いつもものほしそうにしていた)思っていたのだけれど、真夜中にステーキでもないしお弁当が無駄になるので、昨日のうちに、やはり也々が大好きだった鶏手羽元のパイナップル煮込みを作って、他にかぼちゃの煮物も作ってお供えした。

160422
仏壇の横の写真たてはデジタルフォトフレームなのでいろんな写真が入ってる。夫の撮ったのが多いので私もときどき写っててイヤだけれど、でも、也々と暮らした日々だなぁと思ってガマンして見る。

いろいろ外出もしている。
17日の日曜日は宝塚山本の陽春園さんにイカリソウを見に行ったのだけれど、あんまりこれといったイカリソウがなかったので(あ、ロシアの「E.マクロセパルム」はあった。あったけれども14000エンしていたので当然買えなかった)、実家に植えるヤナギバヒイラギナンテンとかヒメウツギなんかを買った。

160422c
麺活。伊丹の方の「必死のパッチ製麺所」というラーメン屋さんで食べたつけ麺。ホントはこのお店の近くの和牛ハンバーグやさんに行ったのだけれど1時間半待ちだというのでやめた。

次の日は朝から東吉野まで走って「高見の郷」の枝垂桜を見た。もう散りはじめだったけれど見事だった。

160422b
広角レンズじゃないのでレンズに景色が全部入りきらないんだけれども1000本の枝垂桜が植えてあるらしい。
夫の職場でトラブルがあってひっきりなしに電話。そのうち雨も降ってきてしまって、夫も仕事に出なければならなくなったのでお昼前に山を下りた。
 
水曜日は実家に買ってきた植木類を植えに行った。これは単独行。
帰りに当麻寺の奥の院に寄って、ボタンを見てきた。
 
160422a
今年はボタンの見頃もはやい。まだ庭のイカリソウこれから咲くのもあるのになぁ。
 
也々がいなくなって、家に居ると泣いてしまうのもある。それに、イベントも見頃の花も多い季節だから出かける口実はたくさんある。こんなことも、也々の贈り物のような気がしている。

夫の体が冗談ではなしにだるまのようになりつつあり、私の体重増加もはなはだしいので、昨夜は私が誘って8時半ごろ歩きに出て、9時半前に帰宅したのだった。
夫はすぐにpcでネットを始めたのだったが、「地震だ!」というので、え?揺れてないよ?なんて言ってたら、「違うよ九州で」。それですぐNHKをつけた。
後はずっと11時半までニュースを見ていて、大きな余震が2回もあったしもうそうそう来ないよなんて言って就寝して、朝起きて布団の中にいるままタブレットでtwitter見たら日付変わってすぐにも大きな余震。
明るくなって目に見えてきた被害被害・・・

それなのに、目と鼻の先の原発は止まらない。赤ら顔の回らぬ舌で記者会見に出た男が、地震の1時間後にまったくピンとハズレのtweetをする。
デマを飛ばして喜んでるやつら。なんなのだ、この国は。

160415

とにかく余震だけでも止まってほしい。