今日も暑い。
居間の窓に面しているイヌマキの木が雄花をあげたので慌てて先端だけみな切った。私はイヌマキの花粉にどうもアレルギーがあるようなので。でも、お隣の門の前に植えてあるイヌマキがまるで剪定されず(庭師が亡くなってしまったので)ボーボーになっていて、我が家のとはくらべものにならないくらい旺盛に雄花をあげて、今花粉飛散真っ盛りで、庭に出るとのどが痛くなって夜も眠れないし、何しろ南側の窓が開けられない。
雨が降って雄花を腐してくれればいいのに水曜日からの雨もどうやら大したことがないようで、庭のこともいろいろ滞って困る。

季節が進んでいるのだ。
也々と一緒に寝た布団の敷きパッドを洗った。できればずっとそのまま寝ていたかったけど、もうフワモコの敷きパッドは暑いのだ。羽毛布団のカバーも綿のものに変えた。
ただ、也々が息を引き取った時に敷いていた毛布だけ、洗わずにたたんで布団の横に置いてある。時は進むが、とどめておきたいと思う自分の心の向きように逆らってはいけないと思う。

この頃よく出かける。
100円ショップで買った、10円玉くらいのサイズのアクリル製のケースに写真を入れられるストラップに也々の写真を入れて、バッグにいつもつけている(紐が取れちゃったので、今はバッグのポケットに入れている)。お山に行く時はリュックに写真を入れ替える。いつもいっしょだ。

今朝は也々の夢を見た。いつものごはんの後のように、ラグに頭をこすり付けて興奮しているので、ややどうしたの?と聞いて、ああ、そうだ、今日はまだ一回もオシッコしてもらってなかったね?と声をかけたら、その場でオシッコしてしまって、あーあ、ややダメだよ~こっちで・・・と台所のオシッコトレーのところに誘導しようとしたんだけど、オシッコトレーがなくて、台所でもシャーーとしてしまって、笑いながら、ややごめんねぇ、ごめんねぇと言いながら拭いている夢だった。
なんだかとてもうれしくて目が覚めた。

160523
クレマチス「雪小町」咲いてます。

・・・と、キヨシローなら言ったかもしれない。

160512
やっと咲いた!
ロックンロールだ!

ニセロックンロールをつかまされ、それでも、もしかして本物かと思うと棄てられず、毎年植え替えもしてきたが、やはりどうしてもかおり高い絞りバラが咲かないので、業を煮やして去年の晩秋に買った大苗。
本物だ!これが本物のロックンロールなんだ!
ステキな絞り。すばらしくよい香り。サイコーだぜ!

料理だなんて言えるほど立派なものでもないが。

最初に送っていただいたカタクリは、酢味噌和えとおひたしに。
ふきのとうはいつものふき味噌に。
しいたけはいろいろ料理した。単純でうまかったのは、まるごとのしいたけに、豚のバラ肉(お好み焼き用に長く切った薄切り。関西だけかいな?)をぐるりと巻き付けて焼いて、醤油とみりんを合わせたたれをからめたもの。
それから、ハンバーグの種みたいなのを作ってしいたけのかさの内側に詰めてフライにしたもの。椎茸が肉厚なので肉の味に負けずおいしかった。
・・・このあたりはまだ心に余裕がなくて写真を撮っていない。

次に送っていただいたもの・・・
160505c
うるいは酢味噌和えが美味。

160505b
コゴミはゆでてマヨネーズと、こうして味噌胡麻和え(隠し味にマヨネーズ少々)したり。ベーコンいためもした。

とう菜は、おひたし、胡麻和え、マヨネーズつけただけ、おみおつけ、とたくさんいただいた。

その次に送っていただいたもの・・・
160505d
山うどは肉と炒めた。天ぷらもした(天ぷらはヘタクソなので写真に撮らなかった)。下手な天ぷらなりに香りが立っておいしかった。それから酢味噌和えもした。

ネマガリタケは・・・
160505e
いつもの、鯖缶とのお味噌汁。シーチキンでも作った。

160505a
これもいただいたら必ず作るタイカレー。ウマウマ♫

160505
最後残ったタケノコを、ヒラタケと鶏肉でさっと煮たもの。タケノコの淡白さをひらたけのお出汁が引き立ててなかなかおいしかった。
うるいも全然かたくなくておいしかった(芸がないからまた酢味噌和え)。

たいへんおいしかったです。どうもありがとう!

昨日は命日だったので、こどもの日だし、犬は毎年柏餅を食べていたので、お供えした。

160506
真横から撮ったらなんのこっちゃわからんな。

160506a
こんな感じ。

エアややちゃんは柏餅のエアだけ食べたみたいだったので、お下がりを夫と半分わけしていただいた。
あちらでは、天使をしもべにして、柏餅ちぎってもらっていますか。それとも、イッコ丸々でもちゃんと食べられるようになりましたか。
さびしいでしょうが、おとうちゃんとおかあちゃんがいくまでちょっと待っててくださいね。すぐいきますからね(家を留守にするとき、いつも、「すぐ帰ってくるからね、ちょっとだけ待っててね」と言い聞かせて外出していた。それは度々ウソだったので、そんなこともまた、後悔のタネ)。