7月24日の日曜日、奈良県天川村にある、観音峰という山に登ってきた。

天川村河合から洞川(どろがわ)に行く途中、虻トンネルの出口すぐに駐車場とトイレがあって、観音峰の登山口と、みたらい渓谷遊歩道の入口になっている。
駐車場から山頂まで、標高差600mくらいだということで、がんばって登ってみる事にした。
 
登山と言っても、私たち夫婦のは、とにかく写真が撮りたいからなので、後から来る私たちよりも高齢と思しき登山者にサクサクと追い越され、ノロノロ、ヨレヨレと登った。
 
道中撮った写真の数々。
 
160728
ちっこい、変わったでんでんむし。ナニモノ?

160728a
途中の橋の横で見た、ミゾホオズキ。
 
160728b
橋の下のキツリフネ。

160728c
途中の展望台から見た、八経ヶ岳と弥山(でよかったかな?)。こんなお山に登る機会はまずないじゃろう・・・

160728d
南のお山に来るとよく出会う、ルリセンチコガネ。糞虫だが、美しい・・・

160728e
観音平で見た、ミヤマナミキ。なんとなく写真に撮って、実の形がタツナミソウに似てるよな、と思って後で調べたら、タツナミソウ属だった。希少種らしい。

160728f
まだつぼみだけれど、オオナンバンギセルだと思う。咲いたところを見るのには来週以降?

160728g
かわいいベロニカだ~と写真に撮った。ヒヨクソウというお花らしい。奈良では準絶滅危惧種。

160728k
観音平からの眺め。右手のぼこぼこしたお山は「バリゴヤノ頭」という名前だそうだ。
真反対側にははるか遠く二上山や葛城山も見えた。

160728h
ススキの中に隠れてるカワラナデシコ。

山頂はさらに先なのだが、体力的にまずそうなのと、ススキが原を過ぎたあたりにスズメバチがいて(足に止まられた。刺されずに済んでホッ)巣がありそうだったので、引き返した。
観音平にはまたまた是非会いたいお花があるので、来年のお花の時期には来たいと思った。

160728i
元来た道を下山中、「観音の岩屋」あたりに群生していた葉。あれこれ悩んで調べて、やっとわかった。
ジンジソウらしい。お花の時期は見事だろうと思う。

160728j
かなり下ってきてから見つけたトチバニンジン。まだ実が若い。

膝の痛みにヒーヒー言いながら何とか下山した。
 
本当は観音峰を通り越して、稲村ヶ岳への登山道と交わる法力峠まで出て、ショウキランを探したかったのだが、体力的に到底無理なことが判明。また別のアプローチを考えるのが宿題となった。

ブログサービスのブログのURLをfacebookに投稿すると、そのブログの記事のさわりとサムネイル画像が表示されるけれど、私のこのページを投稿してみたら、URLが出るだけなのだ。
どうも、このブログツールのWPの方で、ogp設定というのをしないといけないらしくて。
 
プラグインとして使っている「All in One SEO」というものの設定をいじってみたのだけれど、なんかうまくいかない。
で、これは新規投稿だと設定が生きるんじゃないかと思って投稿してみる次第。

wpogp

どうでしょうか。

・・・やっぱりあかんわ。なんで?

・・・なんかすげぇ必殺技みたいだ。

コーネンキと思しき、イライラとかあちこち関節の痛みとか、狭心症とか、他にもゴニョゴニョといろいろあって、でも、オトシゴロのみなさんがフツーにおっしゃる、ほてりとかのぼせとか寝汗などの「ホットフラッシュ」というものは私にはないと思っていたんだけれど。
きましたがな(ニヤ)。

先週の木曜日あたりからか、暑い。頭だけが暑い。カーーーっとしてくる。そしてジンワリ気持ちの悪い汗が出てくる。
しばらくするとひくのだけれど、それが一日中繰り返される。
 
ちょうど季節的にも変ではないので、ケーキを買ったときの保冷剤をタオルにまいて、首の後ろに当てている。ちょっと楽だ。
ホルモン補充療法などもいいのかもしれないけれど、近所の更年期外来は半日ほども待ち時間があるとのクチコミでそれも辛いので、行く気がしない。
とりあえず、毎日豆乳を200cc飲むことにした。
効くといいのだがなぁ。

一昨日の朝、ひどい片頭痛で、ホットフラッシュとの相乗効果でかなりしんどかった。
昨日、少し頭痛がのこっていたが、天川村の観音峰というところに登ってきた(山頂までは行かず、展望台まで)。
今朝は頭痛はほとんど治って、ホットフラッシュも少し楽だ。運動をするといろいろ楽らしいので、これからもボチボチがんばる。

160725
去年苗を買って植えたチョウマメ。種がたくさん採れたので蒔いたら全部芽が出て、今すてきなグリーンカーテンになっている。
種、今年もたくさん採れるだろうな。

昨日の続き。
 
7月15日にシシンランを見に行って、時間が早かったのでちょっと足をのばして下北山村に行った。
お天気は、南のほうに青空がちらりと見えたのに、またさっと曇って霧雨が降ったりという感じ。走りやすい国道(和歌山の熊野へと続く。このあたりは奈良へ行くよりも和歌山の方が近く、食べ物も和歌山よりなのだ)を走り、ダム湖を左に見ながら南進。下北山スポーツ公園の「きなりの湯」へ行った。
 
温泉に入る前に、道中のコンビニで仕入れてきたおにぎりを駐車場で食べた。近くのお店やさんでは和歌山の郷土料理のさんま寿司が売っていて、コンビニおにぎりはちょっと後悔。
 
160722
 
きなりの湯はツルツル温泉で、お湯に入るとすぐに肌がツルツル。お風呂を上がってもしばらくツルツルしていた。ぬる湯に入っていたのにしばらくからだの熱が引かなかったからよくあたたまる温泉みたいだった。奈良県の温泉の中でかなりいい温泉かもしれない。
 
お風呂から出てきて12時半。早いがボチボチ帰路につくことにした。
 
160722a
池原ダム。ようやく空が晴れてきた。
 
2箇所ほど、車を停めてお花の写真を撮った。植生が全然ちがう。和歌山の海岸寄りの植生ともちがって、気温が高い、山地の植物、という感じ。ハスノハカズラとか、初めて見た。
 
160722b
イワタバコが咲き始めていた。

上北山まで戻ってきて、往きにも見たのだが、ダム湖に渡した赤い橋の向こうに、幟の立ったお寺のようなものがある。
走り過ぎざまに「護鬼・・・佛理・・・」などと見えて、「ゴキ??」とクチに出して、ああ、あの場所だ!と思い出した。夫も同時に思い出したようで、Uターンして橋を渡ってそのお寺に行った。
「林泉寺」というお寺。以前facebookで見たことがあったのだ。夫もネットサーフィンで見たらしい。
 
160722c
この異形の方・・・
 
160722d
なんでも、害虫駆除会社の寄進で作られたものらしい。
 
「この私」が、ゴキブリ供養像を参ることになるとは・・・(フッ)
 
で、
160722e
変わった応接室だった。

いろんな意味で思いがけない、上北山・下北山へのドライブの一日だった。

・・・いろいろお出かけしたりしているのだけれどここに書くのがつい億劫で。でもそれではイカンと思うので、褌を引き締めて(褌穿いてねーし)ボチボチ書こうと思う。

7月15日、夫が休みだったので、ネットの情報ではそろそろ花の時期だと思われた、奈良県上北山村のシシンラン自生地に出かけてみることにした。
この日の天気予報は奈良北部は曇り時々雨、みたいな感じだったのだが、南部は晴れ。家を出るときはかなり降っていたけれどそのまま出かける。
明日香から大淀町、吉野町を通って、川上村、上北山のルート。
家を7時前に出たが、上北山村に着いたのは9時半。やはり遠い・・・雨は止んだかと思えばまた霧雨が降る、といった感じで、北部よりも少しマシなのだろうか。
 
シシンランはイワタバコ科の植物で、奈良県上北山村の自生地は北限とされ、国の天然記念物になっている。
南方の植物っぽく、ツクバネガシという樹に着生して生きる。
もともとは数多くあったのだそうだが、このシシンランがゴイシツバメシジミという蝶の食草で、蝶マニアが卵や幼虫目当てに盗採したのでどんどん減ったそうな。天然記念物になってなお、数年前に盗まれている。

160721a
ツクバネガシの老木が境内にある、水分神社。奈良で「水分」と名のつく神社はたいてい「みくまり」と読むのだけれど、ここは「すいぶん」なのらしい。
 
160721g
うっそうとしげる。幹にはマメヅタがびっしりついて、洞のある樹もあって、空中湿度が高い。

160721b
シシンランのついている樹は周りを鉄柵で囲まれている。

あちこちの樹をよく探す。あまり下のほうにはないだろうと高いところを探して、ようやくそれらしいものを見つけた。

160721
右横に張り出している太い枝の根元辺りにしげっている一群がある。

コンデジの望遠で撮って拡大してみてシシンランだと確認。同じようなものを探すとあちこちに見てとれた。

160721c
これはまた別の樹。左下にある個体の先端に白いつぼみがふたつついているのがお分かりだろうか。

開いているものはないかと探す。つぼみは見つかるのだが開いているものがない・・・

160721d
また別の樹。これもつぼみ。

160721e
↑の写真をトリミングしたもの。咲いたところを見たかったのだが・・・

結局花は見ずじまいだった。きっとこの投稿をしている今日くらいなら咲いているだろうが、なにぶん遠い・・・また花を見に行ける機会があるだろうか。

160721f
自生地の看板。

見終わって10時半。まだ帰るには早く、せっかくここまで来たのだし、奈良県民になって37年、いまだ未踏の下北山村に向かってみることにした。 

160721h
ツチノコさんがお出迎え♫