別のところにも書いたことではあるが・・・
6月16日に買い物でバイクで走り回っている間に、どこかでチャドクガの毒針毛を浴びたらしく、顔の露出部分が猛烈な痒さになった。18日は父の日で実家に行ったし、20日は観音峰に登山に行って、昼間のうちはこまめにかゆみ止めを塗ったりするのでなんとかしのげるのだけれど、夜中はかゆくなると無意識にかきむしってしまうので余計に患部は腫れたり赤ムケになったりして、ひどいご面相で過ごしたわけだ。
ひどいご面相だがものともせずに、出歩いて㍶用の外付けHDDを買いに行って、データのバックアップを取ったりしていた。
そして23日の金曜日にバイクのスタンドが壊れ、スタンドを立てようとして手荒くバイクを扱ったためにスピードメーターのケーブルが切れて、それでなくともタイヤはツルツルだし、もう1年以上前からエンジンが不調でもあり、バイクを買い替えた。ハンドルの取り付けのブレがあったりして納車後すぐに調整してもらうようなハプニングもあったがその日のうちに直った。
懸案がいろいろあるとコメントのやりとりにノウミソのキャパを当てられず、おりしも東京都議選の様子も目が離せず、twitterは見るもののfbはお留守であった。それとプライムビデオで韓流ドラマの「馬医」を見たり。
今は、新しいバイクの慣らし運転(500㎞までは30㎞/h遵守、急加速急ブレーキ禁止)をしたり、本を読んだり。
今、tbsオンデマンドで7/9まで限定で「タイガー&ドラゴン」をやっていて、昔最初の方だけ見て途中でやめてしまったのだけれど、星野源が端役で出演しているのを知り見たいなと思っていたので渡りに舟で、昨日と今日で全話見た。
「ちりとてちん」と、マンガの「どうらく息子」で落語の知識がちょっと増えたので、星野源そっちのけでグイグイ引き込まれて見てしまった。
俳優としての長瀬智也は好きだなぁ。ドラマも結構見ている。「マイ☆ボスマイ☆ヒーロー」なんか面白かったなぁ。ヒロイン役の女の子がかわいくて、この子きっともっと出てくるはず、と思ってたけど、去年はみくりさんでしっかりつかまれちゃったもんなぁ。
それはそれとして、星野源って端役のころと今と比べると、顔がサイズダウンしているように見えるのはなぜなのか。整形じゃないだろうしな。一番不思議なことだ。
・・・などなど、とりとめなく。


去年はつぼみが付いたけれど咲けなかった「ニッポン」。今年は咲いた。7月2日に。
とんでもない日本にならないで済む、吉兆?
それとも、最後の姿?
鬼が出るか、蛇が出るか。

去年の夏に登って、実だけを見たベニバナヤマシャクヤクに会いに、6月20日に大峰山系の観音峰に登ってきた。
この日のメインのお目当てはベニバナヤマシャクヤクだけど、他に、コアジサイやササユリ、イチヤクソウ、ウメガサソウ、ショウキランに会えるのを期待。
 

登山口からすぐのところに咲いていたサワギク。
 

しばらく登ったところにあった、コアジサイ。ちょうど見ごろで、あたりはいい香りでいっぱい。
 

途中の展望台の後ろに咲いていたウツギ。平地より1か月は遅い。
 

ササユリはまだつぼみ。


トチバニンジンもつぼみ。

観音平を過ぎたところからイチヤクソウを探すものの・・・

これもつぼみ。
ウメガサソウは見つからなかった。

観音平から急になる登りもようやく終わり、観音峰展望台へ。

あった!咲いてた!

色濃いつぼみ。

保護のためのロープが張ってあるのであまり近くでは見られない。
自宅の鉢植えのヤマシャクヤクにくらべると、株全体が大きく、花は小さめに見える。
古い図鑑だと、ベニバナヤマシャクヤクのめしべは5本とあるのだけれど、実際には2本のもあり、5本のもあり、数は決まっていないみたいだ。


展望台から見る山々、中央より少し右寄りのピークは多分八経ヶ岳(近畿最高峰)。
 
前回来たときはこの展望台で折り返し山頂には行っていないのだが、今回は体力にまだゆとりがあったので山頂まで行ってみることにした。急登で、地面がサラサラの砂質なので登りにくいし、虫がわんわん寄ってくる。
ショウキランを探していたのだが会えず。山頂より先の三ッ塚まで行かないとだめなのかもしれない。山頂で昼のコンビニおにぎりを食べてから少しだけ三ッ塚方向に歩くが見つからないので引き返す。

展望台までの下りで・・・

ギンリョウソウ。

またイチヤクソウのつぼみ。7月の頭くらいなら咲いているのかな。
 
ピストンで登りと同じ道を下る。
ここには書かないが会いたかったラン科植物の一つには会えた。もう一つは会えなかった。
 

往きに気が付かなかったが登山口近くになってミゾホオズキを見つけた。

今年になってからなるべく楽なコースを選んでいるとはいえ、いろいろ山に登っているので、少し登山に慣れてきたのか、去年より楽に登ることができた。いろんなお花に会えて、いい一日だった。

前回ピロピロワカメとの2回に及ぶ死闘の模様についてお送りしたのである。

さすがに少なくなったが少しは出てくる。でもこれ以上はもう無理そう。仕方なく洗濯した。ワイシャツはネットに入れて洗った。洗濯ものにはつかなくなった。ごみとリネットに入る分も少ない。

と書いたのではあるが、やっぱりごみとリネットに看過できないくらいに毎回ごみが入るので、もう1回液体酸素系漂白剤を2つ買ってきて同様の攻撃を行ったのである。だがしかし(あ、これ、ソーリダイジンの言い回しに似てるぞ、そもそも)、前回同様、少なからぬピロピロワカメが、水流を発生する度に同じように現れて減る気配がないのであります(!!!!)
 
で、これはやっぱり、液体が悪いんだろうという結論に達し、尼で粉末の酸素系漂白剤、そのものずばり過炭酸ナトリウムというものを1㎏ほどご購入されちゃったわけだ。
で、さっそく試してみた。50℃の温湯と過炭酸ナトリウム500gを撹拌撹拌。
 
するとどうであろう。
(気持ち悪い画像でごめんなさい)

過去3回の戦いは何だったの?というあまりな有様。

15分「洗い」で撹拌したのちのピロピロワカメたち・・・

いちおう、6時間くらいの間に4回ほど撹拌し、その都度ピロピロワカメを金魚網ですくい、一晩おいてまた撹拌してかなり少なくなったワカメをすくった後、2回「ガンコ汚れコース」で空洗いした。
だが何となくまだ気持ち悪いので翌日残りの過炭酸ナトリウムで同様の処置を行った。

勝った・・・!
どうにかようやく、ふつうに洗ったのちのごみとリネットにピロピロワカメが入らなくなった。人類の英知が勝利した瞬間であった・・・!

洗濯後には必ず「槽乾燥コース」で中の水分を飛ばし、ごみとリネットも毎回掃除するようにした(普通するのか?私はずぼらなのでたまったら捨てていた。これがカビの温床になってたみたい。反省)。
これからはこまめに、槽洗浄もしようと思う。あの戦いが最終決戦であるように・・・

汚い画像の下で申し訳ないのだけれど、カワラサイコさんが咲いた。

この方も肥料が少なかったんだ、きっと。去年はいっぱい置き肥をしたのだけれどそのせいか咲いてくれた。
どうもありがとう。

日曜日、稲村ヶ岳にオオミネコザクラを見に行って、いつもならすぐ洗濯をするのだけれどあんまり疲れていたのでやめて、翌朝洗濯機を回し、終了ブザーが鳴ったので取り出しに行ったところ・・・
まるで腐葉土を大さじ2杯洗濯槽に入れて洗ったかのような黒い腐食した葉っぱのようなものが見事に登山ウェアにまぶされていた。
なんじゃこれはーーーー

最初は、何かポケットに入ったまま洗濯してしまったのだと思ったのだ。でもこんな黒い物質覚えがない。足元に土とかついていたのだろうか。でも量が多すぎるしそんな湿ったところも歩いていない。
いろいろ考えてやっと思い至った。洗濯槽のカビだ。
何のきっかけかわからないが膜状に張り付いていた洗濯槽のカビが剥離して浮いてきたんだろう。
で、ググる。
 
世間ではこれを「ピロピロワカメ」呼ぶらしい。普通の洗濯槽クリーナーを使うより50℃のお湯と酸素系漂白剤を使うべしと書かれているので10時になるのを待ってまず100均で水槽用の魚掬い網の大サイズと、ドラッグストアで液体の酸素系漂白剤800ml入りを買ってきた。お昼前からミッション開始。
おふろの残り湯を追い炊きする。あんまり高い温度は怖いので46℃に設定して追い炊きして、初めて使う洗濯機付属の残り湯用ポンプをセッティング。洗濯槽にお湯をいれて酸素系漂白剤をぶち込み15分撹拌。
・・・ネットの洗濯槽掃除の紹介のページにある写真ほどには出ないのだがそれでもたくさん「ピロピロワカメ」が出てくるので魚掬い網で掬っては捨てる。
しばらく置いては撹拌する、を繰り返すのだが、やはり一時に出てくる量は多くない。その都度掬って捨て、またしばらく放置。そんなこんなで夕方になったので漂白剤溶液を捨てて普通のコースで一度空洗いする。しかしネットにはやはりピロピロがたまる。
きれいにならない場合はどうしたらいいのか。結局は分解掃除を頼んだ方がいいのはわかるのだが1万円以上するそうでそれはやはりしんどい。
 
昨日の朝、もう一度、今度はきっちり50℃を守って、つけおき時間も12時間以上にすることにし、また酸素系漂白剤を買ってきた。今度は2パック1600ml。
で、夕方3時から始める。前日たくさん取ったはずなのに、50℃で漂白剤倍増したらやはり同じくらいピロピロが出てくる。ときどき撹拌し、網ですくいとるのを繰り返す。で、今朝、がんこコースで2回空洗い。
さすがに少なくなったが少しは出てくる。でもこれ以上はもう無理そう。仕方なく洗濯した。ワイシャツはネットに入れて洗った。洗濯ものにはつかなくなった。ごみとリネットに入る分も少ない。
洗濯後は乾燥コースで槽内を乾かしておいた。ごみとリネットもカビだらけだったので新しいのを買って付け替えた。
 
去年の今頃確かカビ取りをしたはず。もっと頻繁にカビ取りしないといけなかったのね。一度カビを生やしたらもう絶つことはできないらしいから、なるべくカビを増やさないように対処しないと。
 
黴雨の季節だからといってカビの話ばかりで恐縮なので・・・
 

ハンギングに植えたコンテナスイートピー。種まきして芽が出て間もなくヒヨドリについばまれ、その後も伸びると食べられを繰り返しひん死だったのになんとか今頃!お花が咲いている。

やっと夫の休みが取れたけれども、寝ていて腰を痛めたらしく、坐骨神経痛でお尻を痛がるので、日曜日は庭仕事して過ごした。火曜日になってもまだ歩く自信がないというのではじめはどこにも行かない予定だったが、やっぱりそれもつまらないということで、十津川と下北山の境にある釈迦ヶ岳の登山口に通じる林道に行ってみることにした。

・・・今まで出かけた酷い道の中で最高かもしれない。ほとんどの部分は道幅も広く、舗装面もしっかりしていて走りやすいのだけれど、ひどいところは激しく陥没していたり、ガードレールがグチャグチャに破損していたり、路肩が崩れていたり、巨石が落ちていたり。でもとりあえず、太尾登山口に着いた。登山口の標高は1300m。車で金剛山より高い場所に行けるってすごい。

で、木の花の紹介。
 
登山口の駐車場近くでの、ナナカマド。これまで大台ケ原でしか見たことがなかった。つぼみがある。


あ、これ図鑑で見たことある~と。たしか「なんとかグルマ」だよな。家に帰って図鑑を出してきて、そうだヤマグルマだ、と思い出し、索引で引いたら当たってた。この木から鳥もちが採れるらしい。


車のような葉っぱ。

ちょっとだけ登山口から登ってみた。


シロヤシオ(ゴヨウツツジ)が咲いていた。去年はこれ目当てで2か所登ったけれどこの日は全然そのつもりがなかったので会えてうれしかった。もう咲き進んでいる様子で散っている花もいっぱい。


シャクナゲ。これも見るつもりで行っていないのでビックリ。花はくたびれていたけれど、ものすごく大きな木に咲いている様子は植栽では見られないものですごかった。


花じゃないけどナナカマドの葉。きれいだ。

ちょろっと登ってすぐ下りてきて(この少し登っただけのところが登りのしんどいところで、もう少し上まで行ったらあとはずっとなだらかな尾根道なのらしい)、車に戻り、林道を下りながら植物探索。 


ガクウツギ。これがもう、あちこちいっぱい咲いていて見事。
 

花じゃないけど、ユズリハ。こういう木が自生しているところが奈良の北部とは違う。あたたかいのだ。


ヤブイバラ。葉っぱの形が普通のノイバラと違うなぁと。
中央構造線よりも南に分布するバラらしい。家の近所にはミヤコイバラがあるけれど、南北ですみ分けているのだそうだ。 


サルナシ。サルナシらしきつるを見たことはあるけれど、お花が咲いているのは初めて見た。なるのかなぁ、実。食べてみたいなあ(クマも好きだろうなぁ)。 


いい香りがするなぁと見まわしたらコアジサイがいた。本当にいい香りだ。

もう少し車で下って・・・


ズイナの花。初めて出会った。猫のしっぽみたいだ。


ウツギの花。林道の標高の高いところではつぼみ、かなり下りてきて咲き始めていて、国道に下りたら道沿いの斜面は花盛り。


おまけ。国道の、西吉野の方まで来たらあちこちテイカカズラの花がいっぱい。甘い香りだった。
 
家から登山口まで2時間以上かかりそうだが、かなり楽そうなルートなので次の機会はちゃんと装備して歩きたい。