・・・気をとりなおして。
 
昨日は、三重県伊賀市の上野森林公園にハルリンドウを見に行った。
上野森林公園はもともとの里山や湿地を生かしたまま公園整備されたところで、園内の植栽は限られていてほとんどの植物が自生の状態を保ちつつ適切に保護されている。
 
何しろハルリンドウというものを見たことがないので、どんな規模で生えるものか全く見当もつかず、公園内ということもあるしちょこちょこと見られればいい方で、もしかすると見つけられないかも?なんて思いながら出かけたのである。
 
駐車場横にあるコテージで地図をもらってぐるぐる園内を歩いた。
四の五の書かずに、写真を見ていただこう。
 

まず最初に見つけた個体。
もうひとつ別の個体もあって、他につぼみのものがもうイッコ。それでも、あんなトラブルがあってせっかくここまできて会えなかったらサイテーだと思っていたので、会えてよかった~、と思った。


次に見つけた場所はいくつかお花が点在していて、うわ~、群落だ~と喜ぶ。
このフォトジェニックな子を撮ろうとして這いつくばり肘をついたら肘がぬかるみで濡れる。日当たりがよく、湿っているところが好きなお花なのだ。
 

「この先通行禁止」と書かれた向こう側にあったお花。かなりの群落になっていて行って見たかったけれどグっと我慢。
 

うわ~~、うわ~~~!いっぱいだ~~!!

期せずして、地図に示してくれてあるハルリンドウの自生ポイントの中から一番花の少ない場所から私たちはたどっていたらしい。道を進むごとに花数が増える。
 

一番花数の多かった株。これも「涙色の花束」だ。
 

地上の星々だ。

気持ちの良い陽春の日、若葉萌えて目においしい浅い緑たち。美しい青の星々。来年の春までの分の喜びを胸にストックできたみたいな気持ち。
 
他のお花もちょっと。
 

コバノミツバツツジ。名阪国道をこの季節通ると、奈良から三重への県境はまるでコバノミツバツツジの通り抜けみたいに道の両側この花で彩られている。この公園の中もたくさん。残り咲いたヤマザクラとのコラボも美しかった。
 

ウワミズザクラも満開。他に、初めて見たのだけれど、ザイフリボク(ジューンベリーのお仲間)が満開だった。
 

どこかのブログでここにはあると聞いて会えるかな?と思っていたヒメハギにも会えた。

嫌なこともあるけれど、どうしたって楽しいことうれしいこともやってくる。
嫌なことを避けていたら、喜びからも自分を遠ざけてしまう。
私はガツガツと生きたい。

あーあ。

大臣の失言、というか妄言、というか、あれ人として言ってはイカンことやろ、もう人間ヤメェや(怒)・・・というようなことを言いたいのじゃなくて。


ウチの車の、左のヘッドライト。

昨日、名阪国道走って三重県伊賀上野方面へ行ったのだけれど、上野IC直前でタンク車が追い越し車線から追い抜いてきた直後に右方向からコーヒーの缶が飛んできて、ウチの車に当たったのだった。私は動体視力には自信あるんだけれど、どこかがつぶれたような缶ではなかったので、落ちていた缶を跳ね上げたようには思えず、窓からポイ捨てされたものかもしれない。証拠もないから何も言えないけど。
そのタンク車は上野ICで下りて行ってしまった。私たちは上野東ICで下りてすぐのコンビニの駐車場に入って車を確かめたら写真のような有様になっていたのだった。
うかつなことに、タンク車のナンバーも控えていないし写真も撮ってない。車のナビにはドライブレコーダー機能もあるのに使ってない。まぁ、もし投げられたものであったとしても、投げる現場はドライブレコーダーにも撮りようもないから泣き寝入りしかないのだが。
 
それでも、せっかくのお出かけなのでハルリンドウの花を満喫してきた。
トラブルがあっても、その事象と楽しみを切り離し、楽しむときはちゃんと楽しむ。それがよい生き方。お花も、萌えたつ若葉もみんなみんなきれいで、一年分の黄緑のストックが脳みそにできた気がした。
 
そして、やはり連休で修理の方が気になるのでちょっと早めに戻りディーラーに行ったら、修理見積サンマンエーーン!!!
エライ高いハルリンドウについてしまった。
でも、もしフロントグラスに当たって割れて、命にかかわる事故につながっていたら、などと考えたら、まだましだと思うべきだろう。
理不尽だけど、あーあ、だけど、そう思うことにする。

ヒノキ科花粉症で毎晩のど痛で眠れないところに、荒れたのどに夫の風邪菌がついたらしく、おととい夜から風邪。
2日でティッシュ2箱使った。夜通し鼻をかんでいるので鼻真っ赤。
ゆっくり眠りたいなぁ。昨夜は2時半にpcの部屋に起きてきてラジコで星野源のANNを30分だけ聞いていた。また最初からタイムフリーで聞こう。
庭仕事も小休止。ヒノキの花粉ももうじき終わるからその頃には風邪も治ってるかしらん。早く元気にならないとお山のお花にも会いに行けない。
 

夕方の色っぽいスラワ(チューリップ)。

facebookという場所は、自己承認欲求の培養瓶のようなものである。
 
見てほしい。ほめてほしい。すごいと言ってほしい。認めてほしい。私がここにいることをわかってほしい。
世間的にもう十分すぎる大人で、社会でも家庭の中でもそれなりに自己を確立している人ですら、時にはまるで駄々っ子のように自己承認を求めて叫んでいる。
ときどき、その毒気に当てられてfacebookをあけるのが嫌になる。
 
花のグループに写真を投稿しているのだが、最初に自分に課したことがある。
「いいね!」をもらえなくてもへこまないこと。
壁の中にいるばかりの自分に風穴をあけたくて入ったfacebookなのだから、もとより承認欲求を満たすのは無理であり、それより自分の好きな写真を、自分の好きな植物の話を自分が好きなように投稿しよう、と。
そうして、「友達」もでき、フォローもしてもらえ、投稿すれば「いいね!」も一定数もらえるようになった。

・・・つまらないのだ。「いいね!」を多くもらえる技術のようなものが見えてきてしまったから。
小さな画面で見る花の写真は、アーティスティックなものではなくわかりやすいものが好まれる、とか、コメントに返信するタイミングを分散させるとタイムラインの上位に上がりやすくなってよりたくさん「いいね!」がつくとか。
そういうことがわかると、あえて逆のことをするのが私だけれど、でもそれだって結局「いいね!」にとらわれているのに違いはない。結局巡り巡って私も自己承認欲求の餓鬼になっているのだ。
あさましい。なさけない。

このごろは花のグループに、素直に投稿できなくなってしまった。閉じ始めるとどんどん閉じてしまうようで、最近はいろんなところにいろんな花を見に行っているのになんでも自慢のようにとられると億劫でそういうものもほとんど投稿しない。
ああ、めんどくさい。
私はほんとうに、承認欲求から自由になりたいのに。